Let The Good Times Roll (真冬の晩餐・毎日が晩餐)

Let The Good Times Roll (真冬の晩餐・毎日が晩餐)

ネーミングの"Let The Good Times Roll(楽しい時をすごそうぜ)"は
レイ・チャールズが歌う同名のソウルフルなパーティーチューンから。

UK LUSHのスタッフさんがシカゴで出会ったポップコーンからインスピレーションを受けて、
Norikoさんが開発したクレイ洗顔料。

"溶かしバターを加えすぎちゃった、焼く前のクッキーだね"みたいなちょっぴり水っぽいテクスチュア。
じんわり油分が滲んでいます。
トウモロコシ粉(粉状)とポレンタ粉(グラニュー糖くらいの粒子のトウモロコシ粉)、コーン油と、
主成分はポップコーンの原材料であるコーン由来の成分づくし。
もちろんホンモノのポップコーンもトッピングに使われています。
(UKではMOでも店舗販売でも、トッピングのポップコーンはごく少量混ぜ込まれた状態で
ブラックポットに入って販売されていました。)


香りのほうも、"バターたっぷりの塩キャラメルフレーバーのポップコーン"をイメージした香り
だけあって、"ミルクキャラメル"を思わせる香りに"スイートコーンの甘み(日本のインスタントの
コーンスープみたいな)"が加わった、食べてしまいたくなるような美味しそうな甘ーい香り。
その香りががっつり香ります。


メイクオフ後顔をよく濡らして、水を加えてやわらかく練った洗顔料を目の周りを避けて塗布し、
手のひら全体でやさしくマッサージしてから洗い流すというのが公式の使用方法。

なのだけれど、管理人は皮膚が薄く(言うまでもなく面の皮は厚い)、
スクラブが少々苦手な肌質ということもあり、
自己流のやり方で使用したので、あくまで参考までにお願いします。


メイクオフ後顔をよく濡らして、洗顔料をさくらんぼ粒大手のひらに取り、水を数滴たらして、
"サワークリーム"くらいの柔らかさになるまで練るのだけれど、
その時点で刺激になりそうなポップコーンの芯の部分や硬いぶぶんは取り除いて、
洗顔料の油分を吸って柔らかくなっているぶぶんだけスクラブに使用してみることに。

"サワークリーム"くらいのトロミのある洗顔料を人差し指・中指・薬指3本の指先に取り、
スクラブでおハダに引き摺らないように、細かいストロークで、軽いタッチで叩き伸ばすように
目の周りを避けて、薄く塗布してみました。

塗布すると、"スイートコーン"みたいな甘い香りが際立つ。


成分のタルクが汚れをじゅうぶん吸着するし、
頬などの皮膚の薄いぶぶんは塗布したときに叩き伸ばした時点でスクラブされている状態なので、
スクラブマッサージするのは、Tゾーン、あごの毛穴が気になるぶぶんと、
あとおデコの小ジワの線(軽くやさしくスクラブすることでおデコの小ジワを浅くする効用がある。)
のみ。
力を入れないように、スクラブと指先の間にかすかに隙間があるような感覚で、
やさしく細かくクルクル円を描くようにマッサージしてみました。


マッサージ後洗い流すのだけれども、スクラブ材が目に入らないようにぎゅっと目を閉じて、
下(あご)から上(おデコ)まで縦にブロック分け(?)して、
下から順番に水をばしゃばしゃぬるま湯をかけながら、
スクラブを落としきれないぶぶんは、よく濡らした手でやさしく撫で取る動作を加えて
洗い流してみました。(髪の生え際・あご下はスクラブが特に残り易いの箇所なので要チェック。)


洗顔後のおハダは、しっとりした油分でカヴァーされてしっとりもちもち。
もともと毛穴汚れが少なかったこともあって、毛穴汚れに効いた実感はあまりなかったのだけれど、
おデコの小ジワは浅くなりました。

もうひとつ、スクラブマッサージで血行がよくなったせいなのか、
おハダに程よく油分が与えられたせいなのか、血色がよく、イキイキしたおハダになった実感が。
血行不良で顔色のワルい人(=管理人(哀))におススメかも。

あと、洗顔後10分ほど(それ以降はさすがにダメでした。おばちゃんの肌だからかも。)
おハダが潤いを保っているので、化粧水を付けるまで時間的猶予が欲しい人にもおススメ。

最後に、コレは長所でも短所でもあるのだけれども、香りの残り具合。
甘ーい"ミルクキャラメル"な香りが夜洗顔するまでがっつり残ります。
そう、毎回使用すると絶えることなくこの香りが顔のまわりを包み込むような状態だったりします。
この香りがお好きなかた&他のアイテムを無香料にしているかたには問題ないけれど、
フレグランス等使用しているかたは香りの相性を考慮しなければならないかもしれません。
(香りといえば、最後まで成分のシナモンの香り要素を感じとることができなかったかな??)


効用的には、オイリー寄り敏感肌・スクラブ洗顔が苦手な管理人が違和感なく使いきれただけでも
かなりの好評価。定番化を望む声が多いのも納得でした。

(ちなみに1ポット・100gで約2週間分・28回使用することができました。)


製品データ

2012年9月~2013年2月 '12年クリスマス限定アイテムとして発売
2013年10月~ 定番として再発売

価格/重量 £5-95/100g・£15-87/250g 

成分 トウモロコシ粉、グリセリン、タルク、水、コーン油、ポレンタ粉、
       フェアトレードの有機シナモン粉末、香料、クチナシエキス、ポップコーン

同じ香りのLUSH製品 リップスクラブ ポップコーンフレーバー

似た香りのLUSH製品 ボンバディーノ、 ご褒美の週末、 メープルツリーに積もる雪

リンク
@cosmeでのクチコミページ (旧)
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ (真冬の晩餐)
i-VoCEのコスメデータベースのページ

真冬の晩餐 毎日が晩餐 泥洗顔 洗顔料 スクラブ クチコミ レビュー 使い方
LUSH ラッシュ
スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Buche De Noel (クリスマスの食卓)

Buche De Noel (クリスマスの食卓)

去年、クリスマス限定アイテムとして発売されたフェイスマスク"クリスマスのご褒美"を洗顔料にモデルチェンジ。

ネーミングはフランスのクリスマスケーキ、"ビュッシュ・ド・ノエル"から。

切り株型の"ビュッシュ・ド・ノエル"を模して、
UK店舗では海苔で巻かれてケーキデコレーション用の砂糖菓子のベルがデコられてたのだけれど、
日本人から見たらケーキというよりまんま"恵方巻"。
MOではそれを輪切りに切り分けたものがブラックポットに入った状態で届きました。


えんどう豆大の量に水を加えて練って、カオに伸ばしマッサージ後洗い流す。
というUKサイトの使用法どおり試してみました。

イギリスでは海苔も保湿成分として重要視されているので、1回につき1つまみほど千切って加えてみました。
水を加えると、主成分が溶けて牛乳のようなサラリとした液体状になって、
配合されている成分がわかるのだけれども、どの具も思ったより大きめ。
アーモンドの粉は粉というよりも粒だし、海苔は根気よく練っているうちに溶けるけれど、クランベリーの種、
あと(ゴムの破片ぽくてびっくりしたのだけれど)ミカンの薄皮がかなり大きいまま残ってしまっています。

香りは"茹でアズキ"を思わせる香りに洋酒といがらっぽい木の香りを+したような、落ち着ける香り。

カオに均一に伸ばして、力を入れないようにやさしーくマッサージしてみました。
主成分がほぼ液体状なので、スクラブをおハダの上で転がすようなかんじ。 洗い流すのも簡単でした。


洗い流したあとのおハダは油ぐすみが抜けたのかワントーン明るくなり、毛穴の汚れも軽減。
そしてなによりも肌ざわりがしっとりしつつも軽くなったという感動の感触。

その後も使用し続けるうちに、頑固に居座っていた毛穴の黒ずみが解消したり、
(使用後、毛穴の黒ずみ部分の角栓が粒状に浮いてポロリと取れた)
使用し始めてから1週間は、おハダの改善具合は最高でした。


ところが。

1週間めを過ぎたあたりから、ヒリヒリとした痛みを伴う赤み→その後湿疹とトラブルに。


初回使用時から洗顔料の水っぽさ・スクラブの刺激が気になっていたので、使用法を変えてみました。
使用量をえんどう豆大(UKサイト推奨量)から、さくらんぼ大(日本サイト推奨量)に変え、
パックと同じくらいの濃度になるように練り、
スクラブマッサージするのは毛穴の黒ずみが気になるTゾーンと顎下だけ。
その他の箇所は、手のひらに薄く伸ばした洗顔料をやさしく押し付けるように塗布して、
手のひらを密着させてぱっと離す動作を繰り返すという、
"クラランス"のクレンジングでお馴染みの方法で使用してみました。

スクラブマッサージしない箇所もその方法でちゃんと汚れを落とすことが出来、
洗顔料の使用量を増やして刺激を軽減したせいか
肌トラブルは解消されたのだけれど、皮膚がだんだん薄くなっていく心許ない実感があり、
洗顔料としてはリピートはないかな。という感想でした。


去年発売された、成分がほぼ同じフェイスマスク"クリスマスのご褒美"はおハダに合っていたので、
量を多めに使用し、フェイスパックとして週1ケアとして使用だったら、使いこなせていたかもしれません。

ちなみに上記の使用法で1ポット40回使用できました。


製品データ

'10・'11年・'12年・'13年・'14年10月~'15年1月
 '10・'11年・'12年・'13年・'14年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £5-50

重量 100g

成分 アーモンド粉、カオリン、グリセリン、温州ミカン果肉、乾燥クランベリー果実、カカオ脂、ブランデー、
    アーモンド油、ベチバー油、シダーウッド油、リナロール、シンナマル、香料、海苔、松の木型砂糖菓子

同じ香りのLUSH製品 クリスマスケーキソープ、 クリスマスのご褒美

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

湿疹 ニキビ 肌トラブル

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR