Sakura Solid Perfume (さくら ソリッドパフューム)

Sakura Solid Perfume (さくらソリッドパフューム)

定番バスボム、"桜日記"の香りのソリッドパフューム。

そのまま試すと、"桜日記"の香りに加えて、基材臭なのかな?
こうばしいというのか、"焦げっぽい"香り(カカオ脂由来と予想。)と
なにかゴムのような香り、しょっぱい香りも感じられる。

白いバーム状で、かなり硬いテクスチュア。 そのまま指にとろうとしても、ほとんどとることが出来ません。
しかたがないので、爪の上辺に5~6回削りとって手首に2cm丸大に延ばし、
さらにもう片方の手首に同じように馴染ませて香りを試してみました。
(ちなみに平熱が35.2度の低体温の管理人が試しています。)


つけてから10分くらいで体温で温まってくるのか、"桜日記"そのものの香りよりも、
香り成分のジャスミン・ミモザ・レモン・オレンジ花の香りがそれぞれバラバラに次々主張してくる。
花の香りのえぐみが強く出た香りで、正直苦手な香りだったのだけれど。

その後30分~1時間ほどすると、香りが馴染んで、"桜日記"とはまた違うイメージの香りに。

淡い沈丁花の香りというか、せっけんっぽい清楚な、イヤミのない香り。
つけたての香りのエグさ・キツさはまったくありません。
つけたての香りがキツ過ぎてダメだったかたもメゲずに1時間だけ待って欲しいくらい。
個人的には"桜日記"よりも好きな香りでした。

ただ、香り立ちは淡く、半径30cmに香る程度。 広範囲に主張する香りではありません。

香りがとぶのも早めで、3時間ほどで
つけた部分に鼻を近づけない限り感じられない程度に香りが弱まってしまいます。

その後3時間ほどで(つけてから6時間)で完全に香りが消えてしまいました。


トップノートが落ち着いてからの清楚なフローラルな香り。 おとなしめの香り立ち。
自分の為だけにひっそりと纏う香り。というような奥ゆかしい香りでした。


製品データ

2008年10月発売~2010年廃盤

価格 £4-95

重量 10g

成分 モクロウ、香料、フェアトレードの有機カカオ脂、カルナウバロウ、レモン油、ミモザアブソルート、
       有機ホホバ油、オレンジ花アブソルート、ジャスミンアブソルート、シトラール、ゲラニオール、リモネン、
       リナロール

同じ香りのLUSH製品 桜小道のポピンズ、 10周年アニバーサリーソープ、 桜日記、 咲くらフラワー、
                          リトル桜日記、 ソルティロック、 のりのりシーサイド、 Sakura Forum Fragrance

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ
スポンサーサイト

テーマ : 香水
ジャンル : ファッション・ブランド

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR