Avoshower Shower Jelly・Avojelly (アボシャワージェリー)

Avoshower Shower Jelly・Avojelly (アボシャワージェリー)

2006年のFORUM PARTYで限定発売されたレアアイテム、
大人気・"アボバス?"の香りのシャワージェリーがLUSH KITCHENから10年ぶりに登場。
2006年に発売時は"Avojelly"のネーミングだったけれど、
成分的にもまったく同じKITCHEN Ver.は"Avoshower Shower Jelly"に改名されています。

レモングラスの抽出液が基材に使用されているせいか、
"アボバス?"よりも、レモングラスの生姜っぽいピリッとした香り要素が強めかも。

深みのあるグリーン淡いグリーンの微細なラメがきらめく、エメラルドのような美しい色あい。
この色は"アボバス?"同様、ラメで色付けされているそう。
他のシャワージェリーに比べて、ジェリー以外の水気がまったく含まれておらず、
ゴムみたいにカタいテクスチュアで、ちぎり取るに苦労するほど。
(去年からLUSHはシャワージェリーを冷やしたり凍らせて、
まるごと握ってカラダにすべらせて泡立てるのを推しているので、それでこのカタさなのかも。)
ナイロンタオル等で洗うかたは始めから1回分(約2cm角)に包丁で切っておくのをおススメします。


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ、バブルバス、シャンプーにも
使用可能だそうで、それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
ジェリーをナイロンタオルに擦り込んでから泡立てようとしたのだけれど、カタくて上手くいかず、
ぎゅうぎゅう押し込めるようにしてやっとこさ馴染ませることが出来ました。
そこに少量の水を加えて泡立てるとキメ細かいクリーミィなヌメりのある泡が。
やや薄めの泡立ちではあるものの、濃厚でハダ滑りがいいので不快感なく洗うことができます。
(ちなみに1回の使用量は小さじ1杯弱でした。)
洗っている最中、レモングラス由来のピリピリ感がシャワージェルVer.よりも鮮烈に感じられ、
刺激に感じられるかたもいらっしゃるかもしれません。
香りのほうも、ピリっと生姜っぽい香り、レモンの果皮のようなシャープな酸味が際立つの
だけれども、その香りは生姜の泥っぽさ・レモンのエグみのぶぶんも感じ取れるくらい生っぽい香り。
洗いあがりはシャワージェリーの凝固剤でもあるカラギーナンの効用か、しっとりつるーり。
タオルドライ後落ち着いたおハダはしっとりさらさら。 ワントーンおハダが明るくなりました。
入浴後もしばらくレモングラス由来のピリピリ感が温浴効果に転じて、湯冷めしにくく感じられる。
入浴後の残り香は、レモングラスに甘みが加わった香りがしっかりめに、
でも短時間しか残りませんでした。


シャンプーとして使用
小さじ1杯ぶんのジェリーを手のひらで泡立てて、
その泡を濡らした髪につけてシャンプーしてみました。
キメの細かい泡で、泡立ち自体も薄く、ぺったりした粘度のある泡。
泡はすぐ消えてしまうけれども、ヌメりがあるし、髪に馴染ませるとしっとり滑りが良くなるので、
それで毛量の多いロングヘアを洗いきることができました。
シャンプー中も頭皮に心地よいピリピリ感が感じられる。
すすいだ直後はかすかにキシんだのに、丁寧にクシどおしすれば、髪が絡むこともなくしっとり。
でコンディショナー要らず。
乾かしたあとは髪にコシと束感が出て、髪にクセがあるかたやパーマヘアのかたは
ウェーヴが強調される仕上がり。
髪のまとまりが良くなるのでアホ毛や切れ毛のハネが抑えられたのが個人的には高評価。
香りのほうは、泡立てる~洗髪中~洗いあがりと
ボディウォッシュとして使用したときと同じ香りかた。
洗いあがりの香りもレモングラスに甘みが加わった香りがはっきりと翌日のお昼頃まで残りました。
ただひとつの欠点がジェリーが固くて溶けづらく泡立てるのが難しいこと。
コツは手で泡立てる場合はカップにジェリーを入れて、熱めのお湯を少量入れて溶かし、
そのお湯と一緒に泡立てること。 
または泡立てネットを使用すれば、キメ細かいコクとコシのある泡(ネットで泡立てると緑いろ)を
かんたんに作ることができるのでおススメします。


バブルバスとして使用
包丁で細かくきざんだ大さじ1杯ぶんのジェリーを、お湯(温度熱めだと溶け易い)を溜める
蛇口の下に投入して溶かし、両手で大きくかき混ぜて泡立てると、
モチっとした弾力のあるキメ細かい泡が湯船を厚く覆いました。
泡の下のお湯はシャワージェルなのに、ラメの色を反映したのか淡いグリーンに色付いている。
さっぱりしたお湯あたり。
弾力のある泡で、わりと長い時間持続するけれども、しばらくすると入浴中萎んでしまって
入浴終了までには湯船をうっすら覆うくらいの量に。
香りのほうは、泡のぶぶんはレモンサイダーみたいな香りで、
お湯のほうは甘みが強まったレモングラスの香りがしっかり香りました。
ただ、お風呂あがりの残り香はおハダにも髪にもほとんど残りません。
湯船に浸かるとレモングラス由来のピリピリ感がするわりには
入浴後の温浴効果はあまり感じられず。 保湿効果も特に感じられませんでした。


香りの鮮烈さと生っぽさ、ピリピリ感と同じ香りの他アイテムよりも強めの使用感も良し。
シャンプーとして使用した時の、しっとり纏まりが良くなって、アホ毛・切れ毛が抑えられる
仕上がりも高評価。 保湿効果もアリ。
唯一の欠点はテクスチュアのカタさと溶けにくさ。
まるごと掴んでカラダに滑らせながら泡立てて洗うかたにはそれでいいのだろうけれど、
管理人のようにマルチ使いしたいかたにおススメなのがマークスアンドウェブさん
"バブルソープポーチ"。 泡立てにも使用できるし、
ジェリーを細かくしたいときに"バブルソープポーチ"のなかにジェリーを入れてしごき出せば
かんたんに裏ごしピューレ状になるのでバブルバスとして使用するときに便利だったりする。
余談だけれどもマークスアンドウェブさんのレモングラスの香りシリーズも
"アボバス?"の香りと相性がイイのでなかなかおススメなのでした。


製品データ

2016年5月・7月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £8-25

重量 240g

成分 グリセリン、レモングラス抽出液、ラウレス硫酸Na、PG、ベルガモット油、レモングラス油、
       ローズウッド油、カラギーナンエキス、シトラール、ゲラニオール、リモネン、リナロール、
       香料、霜つくヒイラギ色光沢材、メチルパラベン、プロピルパラベン

同じ香りのLUSH製品 アボバス?、 アボバス? フラワーボム、 グリーンPEACE、
                          グリーンモンスター、 秘密のクラッカー、 びっくり!アボバス?、
                          星空のティンカーベル、 ミスターアボバス、 リトルアボバス?、 Enviro Egg、
                          アボバス? シャワージェル

似た香りのLUSH製品 スノードーム、 ボヘミアン、 Oxford Street、
                          グラニー テイクス ア ディップ、 森林浴、 ドラゴンの卵、 May Day、
                          君はマンゴー、 華、 魔女の手ほどき、 タンゴのあとで、
                          ウーッシュ! テンプルバーム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

有馬てっぽう水洗顔石鹸
価格:1080円(税込、送料別) (2017/1/30時点)



スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Gold, Frankincense And Beer (ビバ!ゴールデン シャワージェリー)

Gold, Frankincense And Beer (ビバ!ゴールデン シャワージェリー)

"Gold, Frankincense And Beer(黄金、フランキンセンスとビール)"のネーミングのとおり、
"黒ビール"入りのジェリーはストレートのアイスティーみたいな透きとおった茶色
細かい金いろのラメがきらめいている。

香りのほうは、前年度Ver.はオレンジ、クローブ、シナモン、黒胡椒の、
LUSHのクリスマスで"クリスマス・ショータイム"、"サンタからの手紙"、"X’mas マッサージ"と同じ
コクのある甘スパイシーな香りなのだけれども、
本年度Ver.はネーミングの"フランキンセンス"のEOも加わっています。

実際の香りなのだけれど、ミカンの抽出液に果汁、ビールが基材に加わっているせいか、
基本の甘酸っぱいミカン+なにかスパイスの香りに、ソーダっぽい高揚感のある香りも感じられて、
コーラっぽいともいえるし、オレンジ風味のホワイトチョコといった濃厚な甘さも感じられる、
さわやかさと濃厚な甘さを併せ持った香り。 シトラスとスパイスが個人的に好みの配分でした。

ちなみに開発は日本人スタッフのNorikoさんだそう。


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ、バブルバス、シャンプーにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
小さくちぎったジェリーをナイロンタオルにすり込んで泡立てると、キメの細かいなめらかな軽い泡が。
泡立てるとビール酵母を思わせる甘い香りがきわだって、"オレンジ味のビタミンB剤"を思わせる。
泡立ちは薄めだけれど、ぬめりがあるので、小さじ1杯で全身洗うことができました。
洗いあがりは、つるつる。 若干ぬめりも感じるかも。
お風呂あがりの残り香はオレンジ風味のホワイトチョコといった濃厚な甘い香りがしばらく残りました。 
このシャワージェリーの特徴は温浴効果。 
スパイス配合のせいなのか、お風呂あがりはカラダがぽかぽか温まる感触で、
さすが冬限定のシャワージェリー。と納得の使用感でした。


シャンプーとして使用
小さくちぎったジェリーを指で潰しながら泡立て、髪につけてシャンプーしてみました。
泡立ち自体はそんなに良くもないのだけれど、しっかりしたぬめりがあるので、
小さじ1杯弱で毛量の多いセミロングの髪を洗いきることができました。
洗いあがりにまず感じたのが、髪がなめらかになって軽くなったということ。 
反してさっぱりキュッキュッとした洗いあがりなのでコンディショナーは必須です。
配合されているスパイスのせいなのか、お風呂あがりは頭皮や首筋や肩がジンジン温まる感覚が心地良し。 
洗いあがりの香りは、甘ったるい熟ミカン+原料の黒ビールの香りなのか
"ビール酵母"っぽい、こうばしい甘さを持つ香りがしばらく残りました。


バブルバスとして使用
手桶に大さじ1杯ぶんの細かく潰したシャワージェリーと少量のお湯を入れて手で泡立てたものを
お湯をためる蛇口の下に流しいれて、大きくかき混ぜると、ふわふわの泡。
コクのない泡だけれど、泡の量は湯船をちゃんと覆う量で、シャワージェリーをバブルバスに流用するのに
正直ギモンだった私にも納得の泡の量でした。 
泡立てるときに一瞬、シナモンの香り、ミカンのシャープな酸味が香り立ち、そのあとは泡立てる前の香り
(でもほんとうにかすかな香り)になりました。 好きな香りなだけにもうちょっと強く香ってくれたほうがいいかも。
お風呂あがりにはほんとうにかすかに"ビール酵母"っぽい甘い香りが残りました。
香りは薄くなってしまうし、泡の持ちがよくなく、入浴途中で全部消えてしまったし、
バブルバスとして使用する必要は特にないかも。という感想でした。


寒い時期にぴったりの、温浴効果に特徴のあるシャワージェリーでした。


製品データ

2008年10月~2009年1月 '08年クリスマス限定アイテムとして発売
2010年10月~2011年1月 '10年CHRISTMAS RETROとして発売

価格 £2-75

重量 100g

成分 ラウレス硫酸Na、グリセリン、上面発酵ビール、マンダリンオレンジエキス、八角種子エキス、PG、
       マンダリンオレンジ果汁、カラギーナン、香料、フランキンセンス油、オレンジ油、クローブ油、
       ブラックペッパー油、シナモンリーフ油、細粒海塩、シトラール、オイゲノール、リモネン、リナロール、
       色素77019、色素77891、色素77499、メチルパラべン

同じ香りのLUSH製品 クリスマス・ショータイム、 サンタからの手紙、 X’mas マッサージ

似た香りのLUSH製品 カラフルパンチ

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Party On Shower Jelly (パーティーオン シャワージェリー)

Party On Shower Jelly (パーティーオン シャワージェリー)


"Party On"=日本語でいうと"まだまだパーティーするぜ or 盛り上がるぜ"みたいなカンジかな?

クラブのブラックライトで発光しそうな、目も覚めるような強烈なネオンイエローのシャワージェリー。

香りのほうも、パーティー疲れでボーッとした頭に気合いを入れるような、
すっきりミントとローズマリーの香りが、鼻腔から目までをスーッと駆け抜けるように香ります。
その奥にはライムの甘酸っぱさも。

また、配合されているメントールはおハダにダイレクトなひんやりシャッキリ感を、
ジュニパーベリーのEOはダルさ・むくみにも効果アリ。で、
まさに五感全てに覚醒を働きかけるような効用で、管理人的、夏バテ時のお助けアイテムだったりします。


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ・シャンプー・バブルバスにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
小さじ1杯弱の、柔らかいテクスチュアのジェリーをナイロンタオルに摺り込んで、少量の水を加えて泡立てると、
ぬめりのある柔らかな軽い泡が立ちました。
洗っている最中から、シャワージェリーそのもののミント・ローズマリー・ライムの香りが
鼻から目に抜けるようにがっつり香り、
もちろん香りの清涼感そのままに、洗っている箇所もひんやりしゃっきりスースー。
入浴終了まで、その感覚ががっつり続きました。
ただ、お風呂あがり、その強烈な清涼感は短時間で消えてしまいます。
お風呂あがりの香りも、甘い要素のない、ローズマリー?メンソール?の淡い淡い香りが短時間残るだけ。
お風呂あがりのおハダはさっぱり。でもカラギーナンエキスの効用か、つるつるの肌触りになりました。


シャンプーとして使用
小さくちぎったジェリーに水を加えて、合わせた両手のひらで擂り潰すように泡立て、
その泡を濡らした髪につけてシャンプーしてみました。
キメの細かい泡で、泡立ち自体も薄く、ぺったりした粘度のある泡。
小さじ1/2杯強で毛量の多いロングを洗いきることができたものの、髪が絡まり易く、洗うのに少々苦労しました。
洗っている最中~洗いあがり~洗髪後短時間まで、ひんやり、しゃっきり強烈な感覚。
香りのほうも、洗い終わるまでシャワージェリーそのものの香りがしっかり香りました。
洗いあがりの残り香は、その他の使用法時と同様、甘い要素のない、ローズマリー?メンソール?の香りが
短時間淡く残り、その後なぜかシャワージェリーそのものの淡い香りに変化して、
それが翌日のお昼頃まで残りました。
完全に乾くまで、髪の櫛どおりが悪く、コンディショナーは必須。
乾かしたあとの髪は、カラギーナンエキスの効用か、コシとハリがでました。


バブルバスとして使用
手桶に大さじ1杯ぶんの細かく潰したシャワージェリーと少量のお湯を入れて手で泡立てたものを
お湯をためる蛇口の下に流しいれて大きくかき混ぜると、
モチっとしたメレンゲみたいに弾力のあるキメ細かい泡が、バスタブからあふれるほど湯船を厚めに覆いました。
弾力のある泡のわりには、泡の持ちはあまり良くなく、入浴終了までにほとんど残りません。
でも泡立て直すと復活させることはできるよう。
香りのほうは、ほかの使用方法と同じくミント・ローズマリー・ライムの香りが入浴終了までがっつり香りました。
お風呂あがりの残り香も、ボディウォッシュとして使用した時と変わらず、
淡い淡いローズマリー・メントールの香りが短時間残っただけ。
メントールの清涼感なのだけれど、入浴中、湯船から出したぶぶんが、スースーするものの、
入浴中・お風呂あがりの清涼感は、ほかの使用方法時と較べて弱めでした。


LUSHのボディウォッシュのなかで、管理人的1、2を争う冷感アイテムなのだけれども、
さらに冷感を極めたいかたにおススメなのは凍らせて使用すること。(完全には凍らず硬くなるだけ。)
凍らせると、お風呂あがりの清涼感が長時間堪能できるし、
他のシャワージェリーと較べると柔らかく落とし易く崩れ易いテクスチュアを軽減できる利点もアリ。で、
管理人の冷凍庫には、(イギリスでは珍しい)真夏日用にこのジェリーが控えているのでした。


製品データ

2012年2月~5月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売
2014年5月・2015年3月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格・重量 £7-50/240g・£6-85/250g

成分 グリセリン、ラウレス硫酸Na、生ローズマリー抽出液、生ミント抽出液、PG、カラギーナンエキス、香料、
       ライム油、メントールクリスタル、ローズマリー油、ジュニパーベリー油、リモネン、色素59040、
       メチルパラベン、プロピルパラベン

同じ香りのLUSH製品 Goldenshowers、 パーティーオン テンプルバーム

似た香りのLUSH製品 ウーッシュ!シャワージェリー 

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Jungle Shower Jelly

Jungle Shower Jelly

その個性的な香りと確かな効用でロングセラーを続ける、ソリッドコンディショナー"トロピカル・ジャングル"が
シャワージェリーになって店舗限定で登場。

"トロピカル・ジャングル"と同じく、ちぎった広葉樹の葉っぱを鼻先に近づけたような、脳まで届くような、
清清しすぎる濃いグリーンの香り(森で感じられる葉っぱや木の生臭さみたいなものまで再現されている)に、
熟していないトロピカルフルーツの香りというか、甘さ・酸味少なめのもったりした香りを+したような香りが
がっつり強烈に香ります。

ジェリーのいろも、あざやかな若葉いろの不透明なジェリーを
目も覚めるようなネオングリーンの透明なジェリーと液体で包み込んだような強烈なカラーリングです。


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ・バブルバス・シャンプーにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
他のジェリーに比べて液だくなジェリーをナイロンタオルに摺りこんで、少量の水を加えて泡立てると、
キメの細かいぬめりのある泡が薄めにたちます。なのでケチらず、初めから多めに使用するのをお勧め。 
泡持ち自体はいいので(途中少量の水を加えて泡立て直すといい)小さじ1杯弱で全身を洗うことができました。
洗っている最中、なんの効用なのかナゾなのだけれど、ジンジンジワジワする感覚があり、面白い。
洗いあがりのおハダはさっぱり、でもシャワージェリーのぬめりみたいなものも残るのだけれど、
おハダが完璧に乾くとシルクのようなすべすべの肌ざわりに。
ナゾのジワジワジンジンする感覚も入浴後しばらく続きました。 
香りのほうは、泡立てるとジェリーそのものの"濃いグリーン"の香りに、
ときおりキュウリみたいな青臭さがかすかに感じられるかな?
入浴後はジェリーそのもの濃いグリーンの香りがしっかり香り、
そのあと甘みが加わったグリーンな香り("竹"で感じられたような香り)
に変化して、入浴直後はがっつり、その後だんだん弱まるものの、翌日の夕方まで残りました。


シャンプーとして使用
小さくちぎったジェリーに水を加えて、合わせた両手のひらで擂り潰すように泡立て、
その泡を濡らした髪につけてシャンプーしてみました。
キメの細かい黄緑いろの泡で、泡立ち自体は薄いものの、ぺったりした粘度のある泡だし、
塗布すると、髪が軽く、なめらかになるので、小さじ1/2杯強で毛量の多いロングを洗いきることができました。
すすぐとややキシみは感じるものの、髪の毛自体は軽くなめらかな質感になるので、
丁寧にクシを通しただけでまとまりのあるつるつるの髪に。 コンディショナーを使用しなくても大丈夫なほど。
洗っている最中の香りは一貫してシャワージェリーそのものの濃いグリーンな香りで、
洗い終わった直後の残り香も若干薄まったけれども香り自体は同じ。
しばらくすると、さらに香りが弱まって(コンディショナーと併用すると香りが負けてしまうほど)しまうものの、
ぱりっとしたグリーン系の香り・少し甘みが加わったようなグリーンな香り("竹"の香りに近い)が
かすかにではあるものの翌日の晩入浴するまで残りました。


バブルバスとして使用
手桶に大さじ1杯ぶんの細かく潰したシャワージェリーと少量のお湯を入れて手で泡立てたものを、
お湯をためる蛇口の下に流しいれて大きくかき混ぜると、ふわサラなキメ細かい泡が湯船を覆います。
サラッとしたコクのない泡なので、入浴中にどんどん弾け消えてしまうのだけれども、
かなりの速度で弾ける泡の音がソーダ水みたいで面白いし、
入浴終了まで湯船を1/3ほど覆う量は残るので問題ありません。
香りのほうは、他の使用方法と同じく、お湯のぶぶんはお湯のぶぶんは"濃いグリーン"の香り。
ちょっぴりキュウリっぽい青臭さも感じられるかな?
泡のぶぶんは"酸味の強い蜜柑(たぶん基材のキンカンの抽出液由来?)が感じられ、
その香りが入浴中がっつり香ります。
お風呂あがりの残り香は、その"濃いグリーン"に甘さとシナモンっぽいスパイシーさを加えたような香りが
しっかりめに残り、
だんだん弱まってしまうものの、おハダには翌日の夕方まで、髪には翌日の晩入浴するまで残りました。


製品データ

2009年10月・2010年5月 店舗限定アイテムとして発売

価格 £2-95

重量 100g

成分 生キンカン抽出液、ラウレス硫酸Na、グリセリン、PG、香料、カラギーナンエキス、イランイラン油、
       ベチバー油、サイプレス油、サンダルウッド油、リモネン、リナロール、色素45350、色素77891、
       クチナシエキス、メチルパラベン

同じ香りのLUSH製品 ジャングルソープ、 トロピカル ジャングル ボディローション、 トロピカル・ジャングル、
                          Jungle Forum Fragrance

似た香りのLUSH製品 

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Snowshowers Shower Jelly (スノー シャワージェリー)・Champagne Snow Shower Jelly (シャンパンスノー シャワージェリー)

Snowshowers Shower Jelly (スノー シャワージェリー)・etc

2005年から連続でクリスマスに登場している雪のように純白のシャワージェリー。
去年までは"Champangne Snow Shower Jelly"、
今年は"Snowshowers Shower Jelly"として登場です。

香りのほうは、イギリスのパーティシーンに欠かせないシャンパンとオレンジジュースのカクテル、
"バックス・フィズ"をイメージした香りです。
LUSHのクリスマスの定番バスボム"踊りあかそう"と同じ香り。

なのだけれど、同じ香りシリーズとはいっても香りに若干違いがあって、
実は管理人、このシャワージェリーVer.の香りかたが一番スキ。
"皮ごとギュッと絞ったオレンジ?グレープフルーツ?果汁"の高揚感のある香りが
シャンパンのように鼻に抜けて、そのあと、リキュールの"グランマルニエ"みたいな苦渋い香りが鼻に残るかんじ。
同じ香りの他アイテム(残念ながら"セレブレイト ボディローション"は使用経験ナシ・・・)にはあまり感じられない、
このなんとも言えない"大人っぽい苦味"がだいすきなんです。
(思えば初登場年度の"踊りあかそう"もこの苦味をしっかり感じられたのだけれど、(それでこの香りにハマった)
年々苦味が薄くなってオレンジソーダっぽい香りになっているような気がしないでもない。)


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ・シャンプー・バブルバスにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
ゼラチン多めで固めたババロアみたいなジェリーをナイロンタオルにむぎゅむぎゅ摺りこんで、
少量の水を加えて泡立てると、キメの細かいぬめりのある泡。
泡立ち自体は薄め。でも泡持ちはいいので、(泡がヘタったら、少量の水を加えて泡立て直すといい。)
ケチらず最初から多めに(ちなみに小さじ1杯弱で全身洗えます。)使用するのがお勧め。
洗いあがりのおハダはさっぱり。でもシャワージェリーのぬめりみたいなものが残り、
おハダを乾かしたあとはシルクのようなするするすべすべの肌ざわりに。
香りのほうは、洗っている最中~お風呂あがりすぐはジェリーそのものの香りが強めに出て、
その香りが短時間で消え、グレープフルーツ果汁みたいな香りが淡く長時間残りました。


シャンプーとして使用
小さくちぎったジェリーに水を加えて、合わせた両手のひらで擂り潰すように泡立て、
その泡を濡らした髪につけてシャンプーしてみました。
キメの細かい泡で、泡立ち自体は薄いものの、ぺったりした粘度のある泡だし、
塗布すると、髪が軽くなめらかになるので、小さじ1/2杯強で毛量の多いロングヘアを洗いきることができました。
すすぐとややキシみは感じるものの、髪の毛自体は軽くなめらかな質感になるので、
丁寧にクシを通しただけで、まっすぐ、まとまりのあるつるつるの髪に。
コンディショナーを使用しなくても大丈夫なほど。
香りのほうは、洗っている最中はシャワージェリーそのものの香り。
シャンプー後はその香りが淡く残って一瞬で消えてしまいました。


バブルバスとして使用
手桶に大さじ1杯ぶんの細かく潰したシャワージェリーと少量のお湯を入れて手で泡立てたものを
お湯をためる蛇口の下に流しいれて大きくかき混ぜると、
サクッとしたキメの荒い泡ではあるものの、バブルバーに負けないほどの泡立ち。
意外と持続力のある泡で、入浴終了までちゃんと泡が残りました。
香りのほうは、泡立てる最中・入浴中・お風呂あがり直後とシャワージェリーそのものの香りが
短時間だけれどしっかりめに残り、その後かすかだけれど"皮ごと絞ったグレープフルーツ果汁"みたいな
苦酸っぱい香りが次の日の晩入浴するまで残りました。


製品データ

2008年・2009年10月~2010年1月 '08年・'09年クリスマス限定アイテムとして発売
2011年・2012年・2013年10月~12月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売
2014年11月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格/重量 £4-50/100g・£7-95/240g

成分 エルダーフラワー抽出液、ラウレス硫酸Na、グリセリン、PG、香料、カラギーナンエキス、
       スウィートオレンジ油、コニャック油、ライム油、細粒海塩、酸化チタン、シトラール、リモネン、リナロール、
       メチルパラベン

同じ香りのLUSH製品 Celebrate FUN、 黄金のセレブレイト、 踊りあかそう、 歓喜のファンファーレ、
                          ブライダルブーケ、 リトル歓喜のファンファーレ、 セレブレイト シャワージェル、
                          LUSHセレブレイト ボディローション・セレブレイト ボディローション・CELEBRATE、
                          ファースト スノー、 セレブレイト リップカラー、 セレブレイト フレグランス、
                          スノー ソリッドパフューム・シャンパンスノー ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 オーロラツアー、 おとぎの国のサンタ

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Strawberry Santa (真っ赤なサンタさん)

Strawberry Santa (真っ赤なサンタさん)

UKでは既に廃盤になってしまった"いちご同盟"が、
サンタさんのカタチになってクリスマス限定アイテムとして復活。

もちろん香りのほうも"いちご同盟"とまったく同じ。
苺メインの香りではあるのだけれど、奥底に甘いバニラとお香っぽいジャスミンが香る、
フルーティでいてオトナっぽい香り。

ただ、個体によっては、ガム?ビニール?プラスティックス?蝋?(全て個人的苦手な香り要素)みたいな
香りが際立っているものもありました。
"ココ夏ホリデー"でも感じたことのあるイヤな香りで、原料に"ココナツエキス"がカブっているので、
もしかしたら、ココナツが劣化したときの香りなのかも?


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ・シャンプー・バブルバスにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
ややコシのある固めのジェリーをナイロンタオルにむぎゅむぎゅ摺りこんで、
少量の水を加えて泡立てると、キメの細かいぬめりのある泡。
泡立ち自体は薄め。でも泡持ちはいいので、(泡がヘタったら、少量の水を加えて泡立て直すといい。)
ケチらず最初から多めに(ちなみに小さじ1杯弱で全身洗えます。)使用するのがお勧め。
洗いあがりのおハダはさっぱり。でもシャワージェリーのぬめりみたいなものが残り、
おハダを乾かしたあとはシルクのようなするするすべすべの肌ざわりに。
香りのほうは、洗っている最中はジェリーそのものの"甘苺+お香"な香り。
お風呂あがりもその香りがしっかりめに、翌日のお昼ごろまで残りました。


シャンプーとして使用
小さくちぎったジェリーに水を加えて、合わせた両手のひらで擂り潰すように泡立て、
その泡を濡らした髪につけてシャンプーしてみました。
キメの細かい泡で、泡立ち自体は薄いものの、ぺったりした粘度のある泡だし、
塗布すると、髪が軽く、なめらかになるので、小さじ1/2強で毛量の多いロングを洗いきることができました。
すすぐとややキシみは感じるものの、髪の毛自体は軽くなめらかな質感になるので、
丁寧にクシを通しただけで、まとまりのあるつるつるの髪に。
コンディショナーを使用しなくても大丈夫なほど。
香りのほうは、ジェリーそのものの香りが、洗いあがりはしっかりめに、
その後淡い香りになって翌日のお昼頃まで残りました。


バブルバスとして使用
手桶に大さじ1杯ぶんの細かく潰したシャワージェリーと少量のお湯を入れて手で泡立てたものを
お湯をためる蛇口の下に流しいれて大きくかき混ぜると、
サラっとしたふわふわの柔らかい泡が湯船を厚く覆いました。
コクのないサラっとした泡のせいか、消え易くはあったものの、入浴終了後まで1/3ほど残りました。
泡立てたあとの香りは、"苺メロン"?っぽい香り?
基本の香りは同じものの、その他の使用方法よりフルーティで爽やかな香りになるような?
お風呂あがりのおハダは、しっとりつるつる。
お風呂あがりの残り香は甘系の苺の香りが朝までしっかり残りました。


製品データ

2008年・2009年10月~2010年1月 '08年・'09年クリスマス限定アイテムとして発売
2014年12月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格 £2-95

重量 100g

成分 グリセリン、ココナツフレーク抽出液、ヴァニラ莢抽出液、天然水、ラウレス硫酸Na、PG、生イチゴ果実、
       香料、カラギーナンエキス、ベンゾインエキス、ジャスミンアブソルート、ゼラニウム油、シンナマル、
       リナロール、色素14700、メチルパラベン、プロピルパラベン

同じ香りのLUSH製品 カレには内緒で、 The Big Strawberry、 いちご同盟

似た香りのLUSH製品 木の子ちゃん、 スーパースター、 秘密のポシェット、 ディフラッフ

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Ghost Shower Jelly

Ghost Shower Jelly

にっこり顔がユーモラスなおばけのカタチ。 オレンジピンクがかった白いシャワージェリー。

容器から出すまでは崩れていないか心配していたのだけれど、
それが杞憂に終わるくらいしっかりしたテクスチュア。 

香りは"幸せの黄色いリリー"と同じ濃厚なフローラル。 
百合の香り、切りたての白い花のブーケ、バニラムスクを思わせる重甘い香りも感じられる、
濃厚かつエレガントな香りです。


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ・シャンプー・バブルバスにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
小さくちぎったジェリーをナイロンタオルにすり込んで泡立てみたのだけれど、
このシャワージェリーは堅めのテクスチュアせいか、なかなか崩れなくて泡立てるのに苦労しました。
コツは多めに水を加えて泡立てること。 そうすると、簡単に泡立てることができます。 
泡はキメの細かいなめらかな軽い泡。 すぐ消えてしまうけれど、水を加えて泡立てなおすと泡が復活します。
泡立ちは薄めだけれど、ぬめりがあるので小さじ1杯強で全身洗うことができました。
洗いあがりは少々ぬめりを感じるけれど、なめらかかつしなやかな感触。
ただ、使用中は強く香ったのに残り香はあまり残りませんでした。
かなりしっかりしたテクスチュアのシャワージェリーだけあって、
お勧めは手でじかに泡立てて、カラダに滑らすように洗うこと。
なめらかな感触が濃厚な花の香りと相まって癒しになります。 
洗いあがりのおハダの感触もなめらかさにプルプルした感触が加わり、心なしか残り香もしっかり残って、
ナイロンタオルで洗うよりも効用が実感できた気がしました。


シャンプーとして使用
手に取った、小さくにちぎったジェリーをもう片方の手の指で潰して泡立て、髪につけてシャンプーしてみました。
泡立ち自体はそんなに良くもないのだけれど、泡立ちが悪くなったら水を加えれば復活するし、
しっかりしたぬめりがあるので、小さじ1杯強で毛量の多いセミロングの髪を洗いきることができました。
洗いあがりに、まず感じたのが髪がやわらかく、なめらかになってふわふわ軽くなったということ。 
地肌はしっとり、反してさっぱりキシキシした洗いあがりなので、コンディショナーは必須です。
乾かすと、いつもよりも髪にヴォリュームがでたので、髪にヴォリュームが欲しいかたに向いているかも。
洗いあがりは濃厚なフローラルの香りが次の日までしっかり残りました。
シャンプーとして使用するのがいちばん残り香が楽しめたので、
この香りがお好きなかたはシャンプーとしての使用、イチオシでした。


バブルバスとして使用
手桶に大さじ1杯ぶんの細かく潰したシャワージェリーと少量のお湯を入れて手で泡立てたものを
お湯をためる蛇口の下に流しいれて大きくかき混ぜると、サクッとしたキメの荒い泡。
コクのない泡だけれど、泡の量は湯船をちゃんと覆う量。
泡立てるときに一瞬、ジャスミン単体の香りが香り立ち、そのあとは泡立てる前の香りになりました。
泡持ちはあまり良くなく入浴中に消えてしまうのでバブルバスとしてはイマイチとはいえるけれど、
この香りで入浴できるだけでも価値はあるような気がします。
他のシャワージェリーはお風呂に投入後、香りが弱まってしまうものばかりだったけれど、
このアイテムにかぎってはしっかりした香り立ちだったし。 


濃厚なフローラルな香りが基調なのだけれど、ときおりジャスミン・ネロリと、
配合されているエッセンシャルオイル単体の香りの主張があって、香りを探す楽しみがあったアイテムでした。


製品データ

2008年10月~2009年1月 '08年ハロウィン限定アイテムとして発売
2012年9月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売

価格 £3-50

重量 100g

成分 グリセリン、鳩蘭生花エキス、ラウレス硫酸Na、PG、香料、カラギーナン、ジャスミンアブソルート、
       イランイラン油、ネロリ油、リナロール、ヒドロキシシトロネラール、酸化チタン、メチルパラベン

同じ香りのLUSH製品 幸せの黄色いリリー、 The Moon On A Stick、 ゴースト シャワージェル、
                          Lily Savon Fragrance

似た香りのLUSH製品 ラブロケット、 肌ごころ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

The Big Calm (ココ夏ホリデー)

The Big Calm (ココ夏ホリデー)

透明なスカイブルーと白いジェリーがマーブル模様になっていて、海の中みたいできれい。

そのままの香りはクリームソーダ味のガム? 
試してすぐは、その爽やかな香りを感じるのだけれど、
そのうちガムみたいな、ビニールみたいな人工的な香りが鼻について、
しまいにはそのイヤな香り要素しか感じなくなってしまうという、残念な香り。
100円ショップのプラスティックス製品売場に漂う匂いを彷彿とさせて
気持ち悪くなってしまうほど。


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ、バブルバス、シャンプーにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
小さくちぎったジェリーをナイロンタオルにすり込んで泡立てると、
キメの細かいサラサラとした軽い泡が。
コクのない薄い泡なので、あまり心地よく洗えなくて残念。
泡立てる最中もあのビニール臭がきわだって、鼻について、香りも残念。  
コクのない泡なうえに泡持ちもあまり良くなく、全身洗うのに大さじ1/2杯必要でした。
洗いあがりは、つるつる。 若干ぬめりも感じるかも。 
つっぱるほどではないけれど、少々心もとない感触。 入浴後の保湿は必須です。
お風呂あがりの残り香はビニール臭がとんで、かすかなクリームソーダキャンディーの香りに。 
使用前・使用中の人工的な香り要素が苦手な管理人にとって、
お風呂あがりの残り香の香りがいちばん好き。
次の日の朝までほんとうにかすかだけれど、その香りは残りました。


シャンプーとして使用
手に取った、小さくにちぎったジェリーをもう片方の手の指で潰して泡立てながら
髪につけてシャンプーしてみたのだけれど、ジェリーがツルツル滑るので落としてしまって
扱うのに苦労しました。
そういえば、透明なブルーの部分よりも、白い部分のほうがクリームっぽく
とろんとしたテクスチャーで溶けやすかったような気がします。
泡立ちはするのだけれど、薄い泡で、泡持ちが悪いので、ジェリーのぬめりで洗いきったかんじ。
ちなみに、毛量の多いセミロングの髪で、大さじ1/2杯の量で洗いきることができました。
洗いあがりはの髪はキュッキュッと洗った感があるのに、
髪表面の手触りはつるつるのなめらかな不思議な感触。 とはいえ、コンディショナーは必須です。
使用後はボディウォッシュ使用時と同様、クリームソーダのキャンディーの香りに落ち着いて、
その香りが朝までしっかり残りました。
洗い上がりの感触が好きではないので、個人的にはシャンプーとしての使用はどうかな?という
かんじなのだけれど、シャンプーとして使用したときがいちばん残り香が強かったので、
この香りが好きなかたにはシャンプーとしての使用、お勧めできるかも。といったかんじでした。


バブルバスとして使用
手桶に大さじ1杯ぶんの細かく潰したシャワージェリーと少量のお湯を入れて手で泡立てたものを、
お湯をためる蛇口の下に流しいれて大きくかき混ぜると、ふわふわサクサクの泡。
コクのない泡だけれど、泡の量は湯船をちゃんと覆う量で、
シャワージェリーをバブルバスに流用するのに正直ギモンだった私にも納得の泡の量でした。 
香りたちは薄まるものの、あの不快なビニール臭はやはり感じられ、どうにもこの香り要素がダメ。
でも、お風呂あがりはボディウォッシュとして使用時と同様、ビニール臭がとんで、
クリームソーダキャンディっぽい香りがかすかに残りました。
バブルバスとして遜色ない泡立ちだったけれど、かといって泡立てるのに手間がかかるし、
よほど香りが好みでない限り、バブルバスとして使用する必要はないのかも。といったかんじでした。


と、いろいろ使用してみたのだけれど、個人的にシャワージェリーは、
凍らせて保存して(凍らないけれど、堅くなる)、
大きなかたまりのまま(落としたりするリスクが減る)
カラダに滑らせながら使用するのがいちばんのような気がします。

シチュエーション的に、"夏の暑い日の帰宅時にとりあえずシャワーで汗をひかせたい。"
そんなとき限定で使用したいと思わせるアイテムでした。


製品データ

2009年廃盤
2014年5月・7月・2015年3月・7月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格/重量 £2-10/100g・£7-95/240g

成分 ココナツエキス、パイナップルエキス、ラウレス硫酸Na、グリセリン、PG、香料、
       カラギーナン、スイートオレンジ油、ベチバー油、ベンジルアルコール、シトラール、クマリン、
       リモネン、リナロール、色素61585、色素77891、メチルパラべン

同じ香りのLUSH製品 ココ夏ホリデー ボディローション、 ココ夏ホリデー ソリッドフレグランス

似た香りのLUSH製品 カクテル イン ザ ソープ・ミスターパンチ、 パイナップルグラントソープ、
                          ロケットアドベンチャー、 May Day、 Yellow Submarine、
                          スパークリー パンプキン、 モータルボディスクラブ・お気楽極楽、
                          ユズ&ココ フレグランス・シトラスショコラ フレグランス

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

The Joy Of Jelly (気ままなセクシー)

The Joy Of Jelly (気ままなセクシー)

2005年に初登場したシャワージェリーの最初のシリーズのうちの1つ"バダビンバダブン"を、
よりセクシーに進化させたシャワージェリー。

使用されている香料ミックスは、"バダビンバダブン"と同様、
"セクシー・ダイナマイト"と同じなのだけれど、
"バダビンバダブン"が基材にタイム・ラヴェンダー・薔薇の抽出液や赤ワインを使用していて、
"オー・ラ・ラ!"に通じる爽快感のあるハーバルフローラル要素のある香りなのに対して、
こちらのほうは基材にオニユリと薔薇の抽出液が使用されていて
スモーキーフローラルな香りのセクシーさを強調しています。

ジェリーのいろも、澄んだ紫ピンク白濁したモーヴいろのジェリーがマーブル状に混ざり合った、
ネーミングの"The Joy Of Jelly(ジェリーの歓び)"にぴったりのムードのあるカラーリングです。


シャワージェリーはシャワージェルと同じく、ボディウォッシュ・バブルバス・シャンプーにも
使用可能だそうで、それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
紫ピンクぶぶんはプルプルで堅め、モーヴいろぶぶんはちょっぴりとろんとやわらかめ。な
ジェリーをナイロンタオルに摺り込んで、少量の水を加えて泡立てると、
キメ細かくぬめりのあるクリーミィな泡が立ちました。 
泡立ちは薄め、でもジェリー特有のヌメリのある肌滑りのいい泡だし、
泡持ちもよく(泡がヘタったら、少量の水を加えて泡立て直すといい。)、
小さじ1杯弱で全身洗うことができました。
洗いあがりのおハダはしっとり、ジェリーの成分のせいかな?つるーり。
タオルドライ後のおハダはしっとりなめらかな肌触りに落ち着きました。
香りのほうは、ジェリーそのものの"セクシー・ダイナマイト"の香りのスモーキーさと
花の香りの濃厚さを強調した香りが使用中がっつり香り、
入浴後は短時間だけれど残り香もがっつり残り、
その後淡い香りになってしまうものの、翌日のお昼ごろまで残りました。


シャンプーとして使用
小さくちぎったジェリーを両手を摺りあわすようにして擂り潰しながら泡立てて
(この時点で水を加えないのが扱い易くするコツ。)、
ジェリーが擂り潰されて完全にクリーム状になってから水を加えて(ココたいせつ。)泡立てて作った
キメ細かくヌメリのあるユルめの泡を、濡らした髪につけてシャンプーしてみました。
塗布すると、髪が軽くなめらかになるので、小さじ1/2杯強で毛量の多いロングヘアを洗いきることができました。
すすぐとややキシみは感じるものの、髪の毛自体はなめらかな質感になるので、
丁寧にクシを通して乾かせば、コシのある、まっすぐ、まとまりのある髪に落ち着くので、
コンディショナーを使用しなくても大丈夫なほど。
香りのほうは、洗髪中~お風呂あがりまでボディウォッシュとして使用したときと同様の香りかた。
ただその残り香が弱まらず、翌日の晩入浴するまでしっかり髪に残りました。


バブルバスとして使用
手桶に大さじ1杯ぶんの細かく潰したシャワージェリーと少量のお湯を入れて手で泡立てたものを、
お湯をためる蛇口の下に流しいれて大きくかき混ぜると、
気泡の細かいサラッとしつつも弾力のある泡がバブルバーほどではないものの湯船を厚く覆いました。
弾力のある泡のせいか、入浴終了まで泡が半分以上残って泡持ちも合格。
お風呂あがりのおハダはややしっとり。のハダ触りでした。
香りのほうは、泡立てている最中、消毒薬をちょっぴり思わせる花の香りが際立つものの、
泡立て終わったあとは他の使用方法と同じ香りかたで
スモーキーフローラル要素が強調された"セクシー・ダイナマイト"の香りがしっかり香り、
お風呂あがりの残り香もしっかりおハダに残り、
その後短時間でかすかな香りになってしまうものの翌日の朝まで残り、
髪にはコンディショナーの香りに負けるくらい淡く、翌日のお昼ごろまで残りました。


製品データ

2011年廃盤
2014年9月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格/重量 £2-60/100g・£6-40/240g

成分 ラウレス硫酸Na、水、グリセリン、アロエベラジェル、PG、オニユリエキス、
       赤バラ花弁エキス、香料、イオタカラギーナン、乾燥イランイラン花弁、ジャスミン花、
       合成ムスク、ジャスミンアブソルート、クラリセージ油、イランイラン油、ゲラニオール、
       リモネン、リナロール、安息香酸ベンジル、酸化チタン、色素18050、色素61585、
       メチルパラベン

同じ香りのLUSH製品 Love Soap (2010)、 セクシーセクシーダイナマイト、
                          セクシー・ダイナマイト、 ミスターセクシーナイト、
                          リトルセクシー・ダイナマイト、 サンタベイビー、
                          チューリップ娘 (2014)、 バダビンバダブン、 ハートのエース、
                          Sex Bomb Forum Fragrance

似た香りのLUSH製品 チェルシーガーデン、 ラブロケット

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

LUSH ラッシュ RETRO レトロ 石鹸 ソープ ボディウォッシュ シャワージェリー ゼリー 
セクシー・ダイナマイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR