Yuzu And Cocoa Fragrance (ユズ&ココ フレグランス)・ Yuzu And Cocoa Perfume (シトラスショコラ フレグランス)

Yuzu And Cocoa Forum Fragrance (ユズ&ココ フレグランス)・ Yuzu And Cocoa Fragrance  (シトラスショコラ フレグランス)

先に発売された"マカロンバブルバー ユズ&ココ"がFORUM限定フレグランスに。

サイトの説明によると、ベルガモットとグレープフルーツの
果樹園に実る柑橘の果実の、風通しのいいアウトドアな香りと、
トンカとカカオアブソルートのまったり落ち着けるアットホームな香り。

南国のココナッツの木陰に駆け出したくなる感覚と、
おうちでブランケットに包まってぬくぬくしたくなる感覚。

その相対する香りとイメージを同時に感じられるクレイジーな香調だそう。

この香りの多面性をより感じるには、ムエットで試すのではなく、
おハダに直接試して欲しいとのこと。
(って言ってもMO限定なのに何言ってるんだか。と個人的には思う。
有料でもいいからサンプルサイズを用意するか、店頭にテスターを置くべき。)


手首に1プッシュ→両手首に馴染ませる+ひざの後ろに各1プッシュづつで試してみました。

ちなみに平熱が35.2度の低体温な管理人が試しています。


着けた瞬間、グレープフルーツと夏みかんっぽい果皮と果実の甘苦い香りと
ビニールっぽい揮発性のある人工的なパイナップルの香りが際立つ。

その香りも、5分間のうちにシトラスの果皮の苦味の部分だけどんどん弱まって消え、
残ったシトラスの甘酸っぱい香り要素と
同じく残ったビニールっぽさのある人工的なパイナップルの香り要素がまとまったせいか、
オレンジガムみたいな香りに変わっていく。
と同時に、ココナッツの甘ったるいクリーミーな香りとなぜかアーモンドエッセンスっぽい香りが
オレンジガムの香りをやや凌ぐ、オリジナルVer.とほぼ同じ香りに落ち着きました。
オリジナルVer.と異なるぶぶんは人工的なパイナップルの香りと
アーモンドエッセンスの香り要素が感じられるくらい。
アーモンドエッセンスの香り要素は気に入ったももの、
人工的パイナップル香料のビニールっぽさは個人的に苦手で残念。

とはいえ、アーモンドエッセンスの香りは着けてから30分、
人工的なパイナップルのビニール要素は着けてから1時間で消えてしまいます。
(この1時間がツラかった…。)

着けてから1時間で、オリジナルVer.のオレンジとココナッツミルクのヨーグルスムージーみたいな
香りに落ち着き、その香りが広範囲に強く強く香ります。

その香りの強さは着けてから5時間くらいでガクッと弱まって、
着けた箇所に鼻を近づけないと感じられない程度にはなるものの、
体温が上がったりすると、フッと強く香り立ったりする。

だんだんオレンジの香り要素が弱まっていくものの、
着けてから約14時間香りの強さは変わりませんでした。

それ以降は、着けた箇所に鼻を近づけなければ感じられない程度の香りだけれども、
オレンジの香り要素が消えて、ココナッツミルクの香りだけが感じられる。

着けてから約16時間でココナッツの香りにバターみたいな濃厚さが加わり、
着けてから約20時間で香りが完全に消えました。
(ちなみに布地には香りが残り易いのか、2~3日香ります。)


上記の香りかたは、一般的な気候の時期に纏った場合。
イギリスで珍しい真夏日に試したら、アーモンドエッセンスの香りがより強く香り、
ビニールっぽい揮発性のある人工的なパイナップルの香りもより短時間で消えて、
オレンジココナッツミルクにマンゴーヨーグルトみたいな甘酸っぱさも感じられ、
香りの強さも、着けてから5時間で着けた箇所に鼻を近づけないと感じられない程度に弱まるのは
同じだけれど、体温が上がっても香り立つこともなく
(でも着けた箇所には、同じく着けてから20時間香りが残る。)、
香りかたも香りの強さもかなり違いました。
気温や体温によって、かなり変化のあるタイプのフレグランスかもしれません。

もうひとつ、管理人はグレープフルーツにアレルギーがあるせいか、
初回使用時にフレグランスを着けた箇所に焼け付くような刺激を感じました。
初回使用時だけだったし、特にトラブルにはならなかったけれど、
グレープフルーツ・夏みかん系にアレルギーをお持ちのかたは
ちょっぴり注意したほうがいいかもしれません。


香りの強さ、香りの持続力は文句ナシ。(が、違う部屋にいた家族から香りが強過ぎと苦情はアリ。)
オリジナルVer.よりも、より多種の香り要素があってトロピカルな香りなのも面白い。
ただ、コレは本当に個人的な好みなのだけれど、オリジナルVer.の香りが好きなだけあって、
短時間で消えてしまうとはいえ、ビニールっぽい揮発性のある人工的なパイナップルの香り要素は
やっぱりジャマ。
その他の香り要素は気に入ったのに、どうしてもそれだけで評価が低くなってしまったのでした。


製品データ

2011年11月 FORUM PARTYアイテムとして発売

価格 £23

重量 27g

成分 DRFアルコール、香料、ベルガモット油、カカオアブソルート、トンカアブソルート、
       グレープフルーツ油、ベンジルアルコール、シトラール、クマリン、リモネン、リナロール

同じ香りのLUSH製品 チューリップ娘 (2012)、
                          マカロンバブルバー ユズ&ココ (2011)、
                          マカロンバブルバー ユズ&ココ (2015)、
                          シトラスショコラ シャワークリーム、 シトラスショコラ ボディローション、
                          シトラスショコラ ソリッドフレグランス

似た香りのLUSH製品 ココにいるよ、 チグリス川の恵み、 パイナップルグラントソープ、
                          イエローサブマリン、 ロケットアドベンチャー、 ココ夏雪だるま、
                          ココ夏ホリデー、 メープルツリーに積もる雪



スポンサーサイト

テーマ : 香水
ジャンル : ファッション・ブランド

Snowcake Perfume・Snowcake Forum Fragrance (スノーケーキ フレグランス)

Snowcake Perfume・Snowcake Forum Fragrance (スノーケーキ フレグランス)

アーモンド菓子"マジパン"の香り(日本では"杏仁豆腐"の香り)のせっけんとして親しまれている
LUSHのクリスマスの定番中の定番、"スノーケーキ"の香りのFORUM限定フレグランス。


手首に1プッシュ→両手首に馴染ませる+ひざの後ろに各1プッシュづつで試してみました。

ちなみに平熱が35.2度の低体温な管理人が試しています。


着けた瞬間、基材のアルコールの香りが際立ち、すぐにその香りは治まって、

アーモンドのナッツの香ばしさと渋みと、青臭さのある薔薇の香りがせめぎあうように香ります。
その香りも5分以内に治まって、

その後、アマレット(アーモンドのリキュール)みたいなコクのある甘さも一瞬際だち、
着けてから、この間約20分くらい?
短時間のうちに香ばしさ、渋み、コクのある甘みとアーモンドのさまざまな香り要素が楽しめる。

着けてから約30分後、"スノーケーキ"の基本のほの甘い"杏仁豆腐"の香りに
アーモンドの生臭さ(ホメている)と香ばしさ、青みのある薔薇とカシーの軽やかなフローラルな香りが
纏まったなごめる香りに。 
とはいえ、そこはフレグランス、基本の"スノーケーキ"のほの甘い香りを崩さない程度に
青みのある薔薇とカシーの軽やかな香りがより主張して、フローラルグリーンな香り要素が強く感じられる。
香りの変化はここで終了。 

その香りが、おだやかながらも、体温があがったりするとときおりフッと強くよみがえるような香りかたで
約10時間持ちました。 
"スノーケーキ"も同じ香りの別アイテムも香りがあまり残らない印象が強いので意外。
フレグランスを着けた箇所に至ってはかすかにだけれども24時間以上香りが残って、これにもびっくり。


トップノートでアーモンドのさまざまな香り要素が楽しめたのも面白かったし、
落ち着いたあとの香りも、ほの甘いおだやかでなごめる香りにグリーン要素が強い薔薇の香りが加わって
フレグランスらしさも成立していて、なおかつ香りも長持ち。 
香りが残らないという印象が強い"スノーケーキ"の香りアイテムの印象を覆す好アイテムでした。


製品データ

2010年11月・2012年12月 FORUM PARTYアイテムとして発売
2013年11月~12月 Lush Scentシリーズとして発売

価格/容量・重量 £23/30ml・£22/27g

成分 DRFアルコール、香料、安息香エキス、ローズアブソルート、カシーアブソルート、安息香酸ベンジル、
       ゲラニオール、桂皮酸ベンジル、シトロネロール

同じ香りのLUSH製品 スノーケーキ、 Big Ed Yuletide Soap、 Donner and Blitzen Soap、
                          スーパーラッシュプリン、 ラッシュプリン、 リトルラッシュプリン、 スノーフェスティバル、
                          マジパン、 Batty Cake、 スノーエンジェル、 メルティング雪だるま (2011)、
                          スノーケーキ シャワージェル、 ハンドシェイク、
                          スノー オン スノー ダスティングパウダー

似た香りのLUSH製品 ミルコ、 洗隊レンジャー きいろ、 ダークシルク、 Cyanide




テーマ : 香水
ジャンル : ファッション・ブランド

HQ・29 High Street Fragrance

HQ

"HQ"="LUSH本部"の名前を冠するVIPフレグランス。

もともとは調香師Piaさんが今年度のクリスマス限定のバスボム"29 High Street"の香りとして
開発した香りミックス。
そのバスボムはLUSHの第1号店であるPoole店のカタチのバスボムだったそうで、
香りのほうもずばり、"LUSHのお店の香り"を再現した香り。
残念ながら、そのバスボムは発売には至らなかったのだけれども、
"シークレットサンタ"として2013年クリスマス限定アイテムとして発売。)
その香料ミックスをMarkさんがいたく気に入り、
"LUSHFEST2012"にてスペシャルフレグランスとして発売されることになったそう。
その後もGORILLA PERFUMEの"Volume 2"シリーズのお披露目イヴェントでの限定発売を経て、
現在はPoole店限定アイテムとして、"29 High Street Fragrance"(Poole店の住所)と名前を変えて
発売されています。

調香したPiaさんによると、LUSHのEO・香料の年間仕入れデータを調査し、
多く使用されている香料と、使用量は少なくても印象の強い香料をピックアップし、
そこにLUSHのベストセラー製品の香りを組み込んで作り上げた香りだそうで、
"みつばちマーチ"、"えん"、"キャンディバス"、"アメリカン・クリーム"、"蝶々夫人""バターボール"
"ブルースカイ"、そして"アボバス"(トップノートだそう。)の全ての香りが感じられる香料ミックスなのだそう。
Piaさんによるとトップに"レモングラス"の香りが効きすぎた感はあるものの、
"LUSHのお店の香り"をほぼ再現できた満足な仕上がりとのこと。



ということで、手首に1プッシュ→両手首に馴染ませる+ひざの後ろに各1プッシュづつで試してみました。

ちなみに平熱が35.2度の低体温な管理人が試しています。


着けると、メインは苺?カシス?ピーチ?のフルーティーな香りに、
ジャスミンとイランイランのへヴィーなフローラル、砂糖シロップを煮詰めたような甘み(たぶんトンカ?)、
お香のような香りが加わったグルマン要素のあるパウダリーフルーティ。
それと、これがPiaさんの仰るレモングラスの香り要素なのかな?
ちょっぴり苦味のあるレモンライムな香りが際立ちます。
このトップノートのレモンライムな香りが着けてから約30分ほど主張します。

着けてから30分後、レモンライム風味な香りが治まって、
メインの苺・カシス・ピーチ・ジャスミン・イランイラン・トンカ・お香の香りがだんだん纏まってくるのだけれども、
ジャスミンとイランイランの香りは揮発するようにカラダの周りを漂うように香ります。
おハダに留まるのは苺・カシス・ピーチ・トンカ・お香な香り。
そしてその中のトンカの砂糖シロップを煮詰めたような香りがだんだん甘みと深みを増していきます。
着けてから約2時間はこの香りの変化具合が楽しめます。

着けてから2時間後、ジャスミン・イランイランの香りが弱まり、
メインの苺・ピーチ・コクのある甘みのトンカ・お香な香りのうちの
お香な香り要素がだんだん木の清清しさとまったり感をあわせもったサンダルウッドの香りに変化して
主張してきます。

着けてから5時間後、苺・カシス・ピーチ・コクのある甘みのトンカ・強めサンダルウッドの
4つの香り要素がきれいに纏まった香りに。
正直トップとミドルは、奥底にちゃんとパウダリーフローラルウッディなフレグランスらしい要素があるものの、
甘フルーティ要素が強すぎていまひとつだったので、このラストノートの香りが一番気に入りました。

その後、最後のほうはサンダルウッドが強めになってしまうものの、着けてから24時間以上香りが残ります。
この香り持ちにはびっくり。 クオリティの高いフレグランスだというのを実感しました。


ただ、個人的には"LUSHのお店の香り"というには、違うような気がする。
ちょっぴり甘ベリー要素が主張し過ぎなような?シトラスでもレモンライムでなくてオレンジ・蜜柑系のほうが
いいような?もうちょっとだけスパイシー要素があったほうがソレっぽいような?
まあ、コレはたぶん個人個人で感じる"LUSHのお店の香り"の違いなのかなー?と思います。

余談になってしまうのだけれども、個人的にLUSHのお店の香りになった組み合わせは、
"えんバブルバー"、"キャンディバス"、"トリプルポップ"、"虹の向こうに"
"Santa Moritz""大地のリズム"の香りのバブルバー)、"楊貴妃"。
上記を一緒くたにストックしていたときに私的"LUSHのお店の香り"になった記憶があります。
そんなこんなで、Lushieさんひとりひとりがイメージする"LUSHのお店の香り"な組み合わせが
とてーも気になる管理人なのでした。


製品データ

2012年12月・2013年3月~ 店舗限定アイテムとして発売
2014年7月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £29-50

重量 27g

成分 DRFアルコール、香料、イランイラン油、サンダルウッド油、ジャスミンアブソルート、ライム油、レモン油、
       トンカアブソルート、ベンジルアルコール、サリチル酸ベンジル、シトラール、クマリン、ゲラニオール、
       安息香酸ベンジル、シトロネロール、ファルネソール、リモネン、リナロール、 ヒドロキシシトロネラール、
       メチルイオノン

同じ香りのLUSH製品 シークレットサンタ

似た香りのLUSH製品 ラブロケット、 Sweet Sixteen Ballistic、 カレには内緒で

リンク
HQ perfume relaunched at Lush 29 High Street|Volatile Fiction

テーマ : 香水
ジャンル : ファッション・ブランド

Snowshowers Forum Fragrance・Champagne Snow Shower Forum Fragrance・Celebrate Fragrance (セレブレイト フレグランス)

Snowshowers Forum Fragrance・Champagne Snow Shower Forum Fragrance・Celebrate Fragrance (セレブレイト フレグランス)

毎年UK FORUM内で開催されているフレグランスの人気投票で今年選ばれたのは、
シャンパンカクテル、"バックス・フィズ"をイメージした
"セレブレイト"シリーズの香りのフレグランス。

人気の香りだけあって以前もフレグランス化されていて、
そのときの名称は"Champagne Snow Shower Forum Fragrance"でした。


手首に1プッシュ→両手首に馴染ませる+ひざの後ろに各1プッシュづつで試してみました。

着けた瞬間は"皮ごと絞ったグレープフルーツ果汁"の香りにツンとしたアルコールの香り。

でもすぐそのアルコールの香りはとんで、"皮ごと絞ったグレープフルーツ果汁"イメージな香りに。
個人的に、この香りシリーズの重要ポイントは"シトラスの高揚感のなかにある苦味"なのだけれど、
その苦味がコニャックというよりはグレープフルーツの皮の苦味なのが個人的にはいまひとつ。

着けた瞬間~その後10分ほどで香りがまとまって、シトラスの酸味が控えめになり、
そのぶんコニャック由来の苦味とお酒っぽいまったり感がでてきます。
コレでこそ"セレブレイト"の香り。で、だいすき。
が、問題なのが香りの強さ。 この10分のあいだに香りがガクッと弱まってしまいます。
フレグランスを着けた箇所に鼻を近づけないと感じられないほどで、
部屋に飾っておいた"黄金のセレブレイト"のほうが香りが強かったりして拍子抜け。

その後、どんどん香りが弱まっていき、着けてから1時間後にはほんとうにかすかな香りに。

着けてから3時間後、苦味やお酒っぽいまったり感が消えて、
"グレープフルーツ果汁"っぽいすっぱい香りがかすかに。 
がんばって香りを探してやっと見つかるくらいの香りの強さ。

その後着けてから約6時間でその淡い香りが完全に消えました。


だいすきな香りだし、フレグランスということもあって広範囲に強めに香るのを期待していたので
この香りの弱さにはがっかり。
正直以前クリスマス限定だったソリッドパフュームのほうが
香りの強さも持続力も上だったような記憶。

管理人は体温が極端に低いこともあって、
家族(平均的体温よりやや高め)にも着けてもらって同じ結果だったので
体温はあまり関係ナイようだし。
シトラス系のEO(+アルコール)は香りがとび易いのが原因なのかな?

ソリッドフレグランスの基材でもある"歌舞伎"を塗った上からフレグランスを着けるという裏ワザ
(香りが留まり易いそう。)も試したものの、特に改善されず。

香り自体は元気になれるいい香りなのに、1時間限定の元気チャージにしては£22は正直高すぎ。
ソリッドパフュームのほうが効果があったのを知っているだけに
余計そう思ってしまったのかもしれません。

もうひとつ、管理人はグレープフルーツにアレルギーがあるせいか、
初回使用時にフレグランスを着けた箇所に焼け付くような刺激を感じました。
初回使用時だけだったし、特にトラブルにはならなかったけれど、
グレープフルーツ・夏みかん系にアレルギーをお持ちのかたは
ちょっぴり注意したほうがいいかもしれません。というのを追記しておきます。


製品データ

2011年11月 FORUM PARTYアイテムとして発売
2014年12月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格/重量 £22/27g・£28/30ml

成分 DRFアルコール、香料、スウィートオレンジ油、コニャック油、ライム油、シトラール、
       リモネン、リナロール、ゲラニオール

同じ香りのLUSH製品 Celebrate FUN、 黄金のセレブレイト、 踊りあかそう、
                          歓喜のファンファーレ、 ブライダルブーケ、 リトル歓喜のファンファーレ、
                          セレブレイト シャワージェル、
                          スノー シャワージェリー・シャンパンスノー シャワージェリー、
                          LUSHセレブレイト ボディローション・セレブレイト ボディローション・
                           CELEBRATE、
ファースト スノー、 セレブレイト リップカラー、
                          スノー ソリッドパフューム・シャンパンスノー ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 オーロラツアー、 ロケットアドベンチャー2号、 華、 スパークルスマイル

テーマ : 香水
ジャンル : ファッション・ブランド

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR