Sugar Plum Fairy Lip Scrub (シュガープラムフェアリー リップスクラブ)

Sugar Plum Fairy Lip Scrub (シュガープラムフェアリー リップスクラブ)

バレエ公演においてクリスマスシーズン定番の演目である"くるみ割り人形"。
クリスマスイブの夜に妖精の世界に旅立った主人公クララが出会う
お菓子の国の女王"Sugar Plum Fairy(プラム菓子の妖精)"(日本では"金平糖の妖精")を
イメージしたリップスクラブ。

細かな粒子の甜菜由来のグラニュー糖が基材のリップスクラブは
バレエのチュチュみたいに繊細なモーヴいろ。 
(このカラリングはUK Ver.と日本Ver.のみ?なのか、
ドイツ工場生産のEU Ver.はあざやかなブルーパープル
カナダ工場生産のUS・CA Ver.はプラムいろと生産国で違いがあるみたい。)
名前に"Fairy"とつくアイテムは"妖精の粉"=ラメ入りというLUSHでのお約束どおり、
微細なシルバーラメがキラキラ光ります。

香りのほうは、プラムではなくって、カシスの人工香料に
スウィートワイルドオレンジのEOでアクセントをつけた香りだそう。
実際の香りも説明どおり、カシスだけれども甘ったるすぎず、オレンジのさわやかな酸味が効いた
イギリスのビタミンドリンクの"ライビーナ"そのものの香り。
(っていうか、"ライビーナ"が日本でも販売していたのにびっくり。)


リップカラーをオフ後、使用してみました。
乾いた指先に(ココ大事。指が濡れていてスクラブに水気が混入すると、
溶けて塊になって固まって使用不能になってしまいます。
専用のスパチュラを用意するのもおススメ。)
約ひとつまみほど取って、かるく濡らしたくちびるに伸ばし、
(ホホバオイル入りのしっとりしたテクスチュアなので、かんたんに伸ばせる。)
やはり濡らした指先で、(濡らすと、砂糖の粒子のカドがなくなる)
やさしーく、ぜったい力を入れないようにしてスクラブしてみました。

スクラブすると酸味のあるスウィートオレンジの香りが際立つ。

UK LUSHのサイトでは味わいながら舐め取るのを推奨しているけれど、
(ちょっぴり舐めてみると、やっぱり香り同様、
オレンジガムみたいな味で美味しいと思ってしまった。)
そのまま水ですすいで落としてみました。

LUSHの他のリップスクラブ同様、荒れてボロボロに皮が剥けてしまったくちびるには
たいして効果ナシだけれど、クレンジングで落としきれなかった
リップカラーやグロスと結合して乾燥して浮いてきた角質はちゃんとオフできました。

ホホバオイル入りとはいえ、スクラブオフしたくちびるはやっぱり心許ないので、
すぐに保湿のリップケアをしたほうがいいかも。
リップメイク前に使用するよりも、リップメイクオフ後に使用するのを個人的にはおススメします。

もうひとつ気になるのがラメ。 水ですすいでも、口のまわりに細かいラメがチラチラとかがやく。
泡洗顔したら落ちたものの、そういう意味でもやっぱりリップメイクオフ後の使用がおススメ。


個人的には毎日の使用は刺激になってしまったので、
くちびるの角質が気になるときだけ、気分転換に使用するには楽しいアイテムだと思いました。


製品データ

2016年9月~2017年1月 '16年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £5-75

重量 25g

成分 細粒グラニュー糖、有機ホホバ油、スウィートワイルドオレンジ油、シトラール、リモネン、
       フレーバー、紫色光沢剤

同じ香りのLUSH製品 シュガープラムフェアリー リップカラー

似た香りのLUSH製品 ぐるぐるブランケット、 ゴスフェアリー

リンク
@cosmeでのクチコミページ





スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR