Mandarin's Tea Party (マンダリンティーパーティー)

Mandarin's Tea Party (マンダリンティーパーティー)

ネーミングの"Mandarin's Tea Party("中国清朝官吏のお茶会"の意)"は、
1969年発行の"The Rupert Annual"のなかのエピソードから。

2010年に生誕90年を迎える、チェックのマフラーがトレードマーク。の熊の"ルパート"は
1920年から新聞漫画が連載されているイギリスの国民的長寿キャラ。
クリスマス時期には"Annual"と呼ばれる、その年の総集編ともいえる
ハードカバーの年鑑が発行されるのだけれども、
イギリスではクリスマスの靴下に入れる、お子さん向けの定番プレゼント。
もうひとつ、"Mandarin"のもうひとつの意味、中国原産、蜜柑の一種マンダリンオレンジも
"Annual"同様、クリスマスの靴下に入れるプレゼントの定番だったりします。

オレンジジュース入りのホールソープはイギリスのお茶菓子、プディングと同じドーム型で、
濃いオレンジいろのベースにマットなオレンジいろのソープ片が埋め込まれ、
表面には輪切りオレンジのドライフルーツと
中華スイーツを意識して生姜の砂糖漬けがデコられている。

香りのほうは、ネロリ(ビターオレンジの花)とマンダリン。
香料ミックス自体は違うけれど、
先に発売されたGORILLA PERFUMEの"ORANGE BLOSSOM"のメインノートとほぼ同じ、
花の蜜みたいなコクが感じられる、温かみのある濃いオレンジの香りです。


押すとヘコむゴムのような弾力のあるテクスチュア。
水に濡らすとぬるぬると溶け、ナイロンタオルに摺りつけると多めの量が移ります。
少量の水を加えて泡立てると、水分と空気をたっぷり含んだキメの細かいクリーミィーな
淡いオレンジいろの泡がたっぷり立って、心地よく洗うことができます。

溶け易くもあるし、埋め込まれているソープ片や生姜の砂糖漬けが外れたり、
オレンジスライスぶんもある個体のわりには、泡立ち・泡持ちともにイイので
100gで約13回使用可と、LUSHのせっけんの平均的な持ちでした。

洗いあがりはのおハダはしっとりなめらか。
半信半疑だったけれど、謳われていた、オレンジ果汁に含まれるビタミン・果糖の保湿効果なのかな?

香りのほうは、泡立てたあとも、基本は"ORANGE BLOSSOM"のメインノートとほぼ同じ、
花の蜜みたいなコクが感じられる、温かみのある濃いオレンジの香りなのだけれど、
酸味のある未熟な青蜜柑の香り要素が際立つ。

お風呂あがりも、同じく青蜜柑の酸味が強調された温かみのある濃いオレンジの香りが
しっかりめに短時間。 その後、淡く弱まった香りが翌日の朝まで残りました。


使い心地がイイし、洗ったあとのしっとり感も冬にはぴったりだし、
発売されたばかりの"ORANGE BLOSSOM"の香りを気軽に楽しむことが出来て大満足のソープでした。


製品データ

2010年10月~2011年1月 '10年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-50

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ココナツ油、有機生オレンジ果汁、ステアリン酸Na、ラウリル硫酸Na、
       香料、ショウガ砂糖漬け、乾燥オレンジスライス、ネロリ油、マンダリン油、クチナシエキス、
       酸化チタン、塩化ナトリウム、グリセリン、EDTA、エチドロン酸4Na、水酸化ナトリウム、
       ゲラニオール、リモネン、リナロール、色素15510

似た香りのLUSH製品 ブライトジェリー、 ダッシング サンタ、 フローズン ボム、
                          スノー シャワージェリー・シャンパンスノー シャワージェリー、
                          シェイズ オブ アールグレイ、 ハッピーハッピージョイジョイ、
                          ORANGE BLOSSOM パフューム
 
リンク
@cosmeでのクチコミページ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RUPERT BEAR ルパートベア RUPERT
価格:3800円(税込、送料別) (2017/10/7時点)


スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Easter Egg Hunt・Egg Hunt (スプリングハンター)

Easter Egg Hunt・Egg Hunt (スプリングハンター)

"Easter Egg Hunt"はコドモがわくわくのイースターの日ならではのスペシャルレクリエーション。
家じゅうのいたるところに隠されたタマゴ(本来はペイントされた本物の卵だったそうだけれど、
近年では、卵型のチョコレートや、お菓子を仕込んだ卵型のプラスティックのカプセルだったりする。)
を見つけ出すゲーム。

あざやかなグリーンの巨大な円型のホールソープには、
せっけんで作られたギザギザの草とカラフルな卵型のせっけんが見え隠れ。

香りのほうは、先にMother's Dayアイテムとして発売された"マムキン"と同じ
"甘いラズベリーの香り"。
"マムキン"はラズベリーというよりは、"メロン・レモン・スミレ・草のミックス"といった
なんとも形容しがたい複雑な香りだったのだけれども、
コチラのせっけんの実際の香りは、アイテム説明どおり"甘いラズベリーキャンディ"みたいな香りを
メインに、奥底に青臭い草とスミレの香りが感じられる香りでした。


押せば崩れてしまいそうな柔らかさのせっけんを、濡らしてナイロンタオルに擦り付けると、
ツルツルと溶けて多めの量がナイロンタオルに移ります。
というか、削げるように崩れてちょっぴりびっくり。
水を加えて泡立てると、色付きの(管理人のはグリーンだったせいか紫いろの泡だった。)
細かい気泡の密度の濃いなめらかな泡がたっぷり立ちます。
ハダ滑りのイイ、たっぷりの泡で心地よく洗うことができました。
ナイロンタオルに擦り付ける1回の量が多めで、たっぷり泡立つせいか、
せっけんを追加する回数も少なく済みました。
とはいえ、100 g で13回使用可と、LUSHのせっけんの平均的な持ち。


洗いあがりは、さっぱりキュッキュッ。 
タオルドライ後落ち着いたおハダはつるつる。 その後しばらくしてしっとりとした感触に。

香りのほうは、泡立てたあとも、せっけんそのものの"青臭い草とスミレがかすかに香る
ラズベリーキャンディの甘酸っぱい香り"ががっつり香り、
お風呂あがりも、その香りがしっかりめに、翌日入浴するまで残りました。


キュートなラズベリーキャンディの香り、たっぷりの泡立ち、なめらかなハダ滑りのいい泡。
しっかり洗った感があるのに乾燥しないし、香りも長持ち。
強いて言えば短所は、コレは好き好きだけれども、色のどぎつさ。 (でも皮膚には着色ナシ。)
水分が多いのかせっけんが汗をかきやすいので、保存には要注意が必要なコト。

同じ香りの別アイテム"マムキン"とかなり相違のある香り、
このせっけんのほうが青臭い草の香りが強くてラズベリーの香りは感じられないという
レビューもあるし、個体によって香りにバラつきのあるアイテムかもしれません。
というのを追記しておきます。


製品データ

2013年2月~4月 '13年イースター限定アイテムとして発売
2015年3月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £3-40

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ココナツ油、ステアリン酸Na、ラウリル硫酸Na、香料、ベルガモット油、
       シシリアンレモン油、ヴァイオレットリーフアブソルート、グリセリン、塩化ナトリウム、
       EDTA、エチドロン酸4Na、水酸化ナトリウム、クチナシエキス、酸化チタン、ゲラニオール、
       リモネン、リナロール、色素42090、色素45410、色素14700、色素17200、
       色素15510、色素45350

同じ香りのLUSH製品 恋するマムキン、 マムキン

似た香りのLUSH製品 スターの秘密、 ラズル ダズル バスオイル、 地球の輝き

リンク
@cosmeでのクチコミページ




テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

The Godmother (OH!マイフェアリー)

The Godmother (OH!マイフェアリー)

イギリス人の68%が食器洗い洗剤をハンドソープ替わりに使用してしまっているという統計に
愕然としたLUSHの開発チーム。
トータルビューティーケア製品を提供しているにもかかわらず、
せっけん屋として一般認識を得ているLUSHが、
その自負とともに悪習慣を絶つべく開発したのがコチラのせっけん。

イギリスで一番人気。(英国王室御用達でもある。)の食器洗い洗剤といえば"FAIRY(妖精)"。
"LUSHはFAIRYを超越するッ! "な意気込みで、ネーミングは普通の妖精よりも位の高い、
"シンデレラ"でもお馴染みの"The Godmother(守護を司る妖精)"。
"手を保護する"という意味も持たせていたりする。

香りのほうも、妖精に関係して、クリスマスにかならずLUSHに現れる
ピンク
のシャワージェルの妖精"フェアリーキャンディ"と同じ香り。 
とはいえ、こちらのせっけんは同じ香りではあるものの、シャワージェルVer.とは違って、
輸入駄菓子にありがちな揮発性を伴う酸味やビニールっぽい香りがなく、
シロップみたいな深みのある甘さが効いていて、
この香りシリーズでは個人的に一番スキな香りかたかも。

ホールソープも巨大なタルト型のパープルピンクのせっけんに
妖精たちのシルエットが青紫いろに光るオーロララメ=妖精の粉でスタンプされた
キュートなルックスです。
せっけんのパープルピンクは作りたてのときだけで、
すぐに色のあんまり良くないマグロのお刺身みたいな色になってしまうのが残念ではあるのだけれど。


濡らしてナイロンタオルに擦り付けると、ツルツルと溶け、
ナイロンタオルに多めにせっけんが移ります。
水を加えて泡立てると、気泡が大きめの水っぽいユルい泡が立ちました。
水っぽい泡だけれども、ハダ滑りは良く、不快感なく洗うことができます。
泡自体はヘタり易く、何回かせっけんを追加しなければならなかったので、
100gで14回使用可と、LUSHのせっけんの平均的な持ち。

洗いあがりは、さっぱりキュッキュッ。 
タオルドライ後落ち着いたおハダは、個人的には乾燥するほどではなかったものの、やはりさっぱり。

香りのほうは、泡立てたあとも、シロップのような深みのある甘みが際立った香りがしっかり香り、
お風呂あがりは、その甘い人工的なあまーい香りがかすかに、でも翌日入浴するまで残りました。


同じ香りの他アイテムでは感じられない、独特な深みのある人工的なあまーい香り、
"手に付いた料理の油汚れもすっきり落とせるキッチンハンドソープ"として開発されただけある
スッキリさっぱり具合が印象的なせっけんでした。


製品データ

2008年5月発売~2015年廃盤

価格 £2-50

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ヒマワリ油、ココナツ油、ラウリル硫酸Na、香料、水酸化ナトリウム、
       ステアリン酸Na、合成ムスク、塩化ナトリウム、安息香酸ベンジル、色素45410、
       色素17200

同じ香りのLUSH製品 フェアリーキャンディ ファン、 キャンディエッグ、 キャンディバスボム、
                          キャンディフラワー、 ミスターノエル (2014)、 Fluff Bun、 魔法の杖、
                          フェアリースター、 めろめろマシュー、 メルティング マシュマロ モーメント、
                          フェアリーキャンディ、 ウォッシュズ カード、
                          フェアリーキャンディ ボディコンディショナー、
                          フェアリーキャンディ マッサージバー、 浮気なキャンディ、
                          フェアリー ダスト、 リップスクラブ バブルガムフレーバー、
                          フェアリーキャンディ リップカラー、 フェアリーキャンディ フレグランス、
                          フェアリーキャンディ ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 キャンディバス、 チューリップグロス

リンク
Amazon.co.jpのカスタマーレビューページ
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ


テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Carrot Soap (バニーソープ)

Carrot Soap (バニーソープ)

イースター限定アイテム。
ホールソープは、同じくLUSHのイースターでお馴染みのバブルバー”にんじん娘”を巨大化したような
にんじんのカタチで、”にんじん娘”同様、紙?藁?製のの葉っぱも生えています。
シンプルなにんじん型ソープと思いきや、
なかにイースターの象徴、”白い跳ねうさぎ”のカタチのせっけんが金太郎飴式に組み込まれていて、
切り分けるたびにうさぎ模様が現れる仕様になっています。

また、カタチだけではなくて、オレンジいろぶぶんにはキャロットシードオイルも含まれ、
うさぎぶぶんはオーガニックのカカオバター(LUSHらしくフェアトレードのものだそう。)入りで
おハダにも栄養と潤い効果たっぷり。

香りだけは、にんじんの香りではなくって、”にんじん娘”と同じ(ややこしい。)、
ブチュ、レモン、ベルガモットの、”マンゴーみたいなトロピカルフルーティーな香り"です。
とはいえ、原材料の影響なのかな?それプラス”にんじん娘”では感じられなかった酸味も感じられる
のだけれども、フルーツヴィネガーみたいな香りで、食べモノっぽい香りだし、個人的にはまぁOK。


濡らしてナイロンタオルに擦り付けると、ヌルヌルと溶け、
見た目にわかるくらいにナイロンタオルにせっけんが多めに移ります。
水を加えて泡立てると、キメ細かいしっとり感のある泡。
泡立ちは薄めだけれども、弾力があってヌルッとしたハダ滑りのいい泡で、
心地よく洗うことができました。
少々ヘタり易い泡で、何回かせっけんを追加しないといけません。

香りのほうは、泡立てると、泡立てる前に感じたフルーツヴィネガーっぽい酸味が消えて、
レモンやベルガモットの高揚感のあるシトラスの香りが際立ち、
その後、基本の”マンゴーっぽいトロピカルフルーティーな香り"に戻ります。
その香りが洗っている最中しっかり香りました。


洗いあがりは、さっぱりつるつる。おハダがワントーン明るくなり、
含まれているオイル成分がおハダをコーティングするのか、水を弾く。
タオルドライ後、オイル成分がおハダに馴染んだのか、しっとりしたハダ触りに。
入浴後の保湿は特にいらないほど。 その感触が翌日入浴するまで続きました。

お風呂あがりの残り香も、”マンゴーみたいなトロピカルフルーティーな香り"がしっかりめに、
翌日入浴するまで残りました。


欠点は溶け易いこと。 1回の使用で見た目にわかるほどやせ細るだけあって、
100gで11回使用可と、最近のLUSHのせっけんの平均以下の持ち。
崩れ易く、7回目使用時にうさぎ模様の外側のオレンジいろ部分が外れてきて、
それ以降は溶け崩れるように減ってしまいます。
とはいっても、それもオイル成分が多く含まれているせいだと思われるので、
大目に見てしまいます。

もうひとつ、”酸化チタン"が含まれているせいか、製造してから時間が経ったものは、
ビニールっぽい香り要素が出てきてしまいます。
バブルガムっぽいとも言える香りなので、不快といえるほどではないのだけれども、
基本の”マンゴーみたいなトロピカルフルーティーな香り"がお好きなかたは、
買い溜めせず、早めに使いきることをおススメします。


製品データ

2014年・2015年2月~4月 2014年・2015年イースター限定アイテムとして発売

価格 £3-95

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ココナツ油、香料、キャロット油、ステアリン酸Na、ブチュ油、
       シシリアンレモン油、ベルガモット油、フェアトレードの有機カカオ脂、酸化チタン、
       グリセリン、塩化ナトリウム、EDTA、エチドロン酸4Na、水酸化ナトリウム、リリアール、
       リモネン、リナロール、色素15510

同じ香りのLUSH製品 洗隊レンジャー スノーマン、 にんじん娘、 バンチ オブ キャロット、
                          スノーマン ジェリー

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ




テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Oxford Street

Oxford Street

2015年4月24日、満を持してオープンした
LUSH史上最大のショップ、オックスフォード・ストリート店。
地上2階・地下1階の3フロアからなる広々とした店内には、LUSH SPAも併設、
アイテム展開もSPAアイテムからGORILLA PERFUME、これから発売されるアイテムの先行発売、
このショップだけの限定アイテムが網羅され、まさに旗艦店にふさわしい圧倒的な品揃え。

こちらのせっけんはそのオックスフォード・ストリート店限定アイテム。
ホールソープはまるで"モノポリー"のマス目を巨大化したみたいなデザインで、
上部にグリーンのラインが入り、"OXFORD STREET"のボールドなレタリングが。

管理人は炭で黒く着色してあるレタリングぶぶんの再着色がコワかったので、
(繰り返すな、"洗隊レンジャー スノーマン"の悲劇(標語))
オープン初日限定で発売されていた、エンボスぶぶんが着色されていない、
ホールソープのデザインを100gのミニチュア化した
"ホールソープのギフトVer."をげとしてみました。

香りのほうは、LUSHの人気アイテム20種の香りをまとめた、
"初めて"LUSHの香り"を感じて、ときめいた瞬間の香り"だそう。
とはいうものの、実際の香りは、個人的に"LUSHの香り"とはあまり思えない、
クラッシックなせっけんによくある"シトラスフローラルブーケ"。
ジャスミン主体の清楚な白い花のブーケに
花の蜜のようなコクと高揚感のあるシトラスが感じられる。


濡らしてナイロンタオルに擦り付けると、ツルツルと溶け、
ナイロンタオルに薄くせっけんが移ります。
水を加えて泡立てると、気泡の細かいクリーミーな泡が立ちます。
しっとり感のあるハダ滑りのいい泡で心地よく洗うことができます。
少々ヘタり易い泡で、何回かせっけんを追加しないといけません。
とはいえ、溶けにくいせいか100gで20回使用可と、かなり長持ち。

香りのほうは、泡立てると、ネロリやシシリアンレモンの香り要素なのかな?
シトラス要素の強い香りが際立つ。
シトラス要素の香りといっても、"レモンの花みたいなシトラスフローラル"に感じられることも
あったし、"アボバス?"みたいな"レモングラス/ショウガ風味のシトラス"にも感じられたこともあり、
多面性のあるシトラスの香りで面白い。


洗いあがりは、さっぱりつるつる。
タオルドライ後、しばらくすると潤いが戻ってきて、しっとり軽いハダ触りに。

お風呂あがりの香りは、せっけんそのものの"ジャスミン主体の白い花のブーケ"な香りのときもあれば、
"泡立てたあとのシトラス要素の強い香り"が残ることもありました。
どの香りかたでも、お風呂あがりの香りの強さはがっつり。
その後、短時間で香りが弱まり、"ジャスミン主体の白い花のブーケ"な香りになり、
その香りが夕方まで残りました。


多面性のある香り・泡の質・洗いあがりと、製品の効用自体は素晴らしいものの、
"LUSHのお店の香り"と言われてしまうと、やっぱり違和感を禁じ得なかったりする。

"LUSHのお店の香り"としては"HQ"という傑作が既にあり、
実のことをいうと"HQ"自体も個人的には私の思っている"LUSHのお店の香り"とは相違があるものの、
"HQ"を調香したPiaさんの思い入れの入った制作ノートを読んでしまうと、
"HQ"="LUSHのお店の香り"として納得せざるを得ない説得力があったりするわけで。

それにひきかえ、こちらのアイテム情報は、せっけんとディスプレイされているボードと
せっけんに貼られているシールにサラっと説明されているだけで、あまりにもインフォ不足。
それはオックスフォード・ストリート店、すべてのアイテムに当て嵌まる。
200種以上の新アイテムがあるわりにはカタログもないし、
(開店3ケ月後の7月にやっとオックスフォード・ストリート店のカタログが発行されました。)
店員さんが熱意を込めて説明はしてくださるものの、
口頭ではLUSHの製品の背景にある細かいストーリーまでは伝わらないし。
オックスフォード・ストリート店、たしかに圧倒的な商品量とディスプレイにはワクワクしたし、
開店後しばらくはこの人気も続くだろうけれど、コレが落ち着いたあとはどうなのかな?
アイテムリピできるだけの説得力のある情報アピールが出来るか?出来ないか?が
今後とても重要だと思いました。
ま、それか、新製品を乱発しまくって、物珍しさで集客するか。なのかな?


製品データ

2015年4月~ 店舗限定アイテムとして発売

価格 £4-00

重量 100g

成分 水、グリセリン、菜種油、ココナツ油、ソルビトール、香料、ラウリル硫酸Na、
       ステアリン酸Na、ネロリ油、シシリアンレモン油、ベルガモット油、
       ジャスミンアブソルート、炭粉末、クチナシエキス、酸化チタン、イソメチル‐α‐イオノン、
       ベンジルアルコール、シトロネロール、ゲラニオール、リモネン、リナロール、
       安息香酸ベンジル、シトラール、色素45350、色素61570

似た香りのLUSH製品 お風呂でジュ・テーム、 アボバス?

タカラトミー モノポリー NEW

タカラトミー モノポリー NEW
価格:2,138円(税込、送料別)


ラッシュ原宿表参道店 オックスフォード・ストリート店 限定アイテム

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Northern Lights Soap (オーロラツアー)

Northern Lights Soap (オーロラツアー)

ネーミングの"Northern Lights(北の光)"は英語におけるオーロラの別の呼び名。
夜空に瞬く光のカーテンが織りなす壮大な光景は、自然現象なだけあって願っても確実に見られるものではなく、
旅行好きのLUSH HQの面々をもってしてもオーロラに遭遇することが出来た人は稀なのだそう。

そのオーロラへの憧れから作られたせっけんは、まるでオーロラそのもの。
細かなモザイク状せっけんが固められたせっけんは、発光するようなネオンイエロー
表面がところどころのネオンカラーが滲むように染まっていてオーロラの輝きを思わせる。

使用する前からベッタリした柔らかめのテクスチュアです。

調香したのは、オーロラが見られる数少ない国のひとつ、フィンランド出身のPiaさん。
サイプレス(糸杉)とパインニードル(西洋赤松の葉)を主体にライムとアルデヒドを加えて、
"寒"を感じさせる香りを作りあげたそう。
また、オーロラの色彩のように多面性のある香りを意図して、かすかにフローラルな香り要素も。

実際の香りは、ほろ苦く酸味のあるライムと、
サイプレスとパインニードルの清々しいなかに、かすかないがらっぽさが感じられるウッディな香り、
この2つの香り要素が対等にがっつり香ります。
Piaさんが目指した、"フィンランドの凍てついた森のなかでオーロラを見上げているときの香り"の
イメージにぴったりなすっきりした香りです。

また、使用されているEOは全て抗菌作用のあるものなので、
トラブル肌のかたの使用、抗菌ソープとして使用するのもおススメだそう。


濡らしてナイロンタオルに擦り付けると、ヌルヌルと溶け、キメ細かくふんわり軽い水っぽい泡が立ちます。
泡立ちはやや控えめなので、何回かせっけんを追加しないといけません。

洗っている最中から、おハダがキュッと引き締まるような感覚がはっきり感じられます。

洗いあがりもさっぱりキュッキュッ。 かといって乾燥するというほどでもなく。

どの成分の作用なのか不明なのだけれども、入浴後しばらくジワジワする感覚も面白い。

香りのほうは、泡立てたあとも、せっけんそのものの"ウッディライム"な香りががっつり香ります。
お風呂あがりも、その同じ香りの残り香が短時間(4時間くらい?)ではあるものの
香水並みにがっつり香りました。

細かなモザイク状せっけんがバラバラに崩れやすくはあるものの、溶けにくいので
100gで19回使用可とコストパフォーマンス的にも良し。


すっきりしたウッディシトラスの香りががっつり香水並みに香るのも(もうちょっと長持ちしてくれたら言うことナシ。)
良かったし、なによりも洗っている最中~お風呂あがりの、おハダが引き締まる感覚やジワジワする感覚が、
冬の冷気を追体験させてくれるみたいで面白く、感覚重視のせっけん。という感想でした。


製品データ

2011年・2012年9月~2013年1月 '11年・'12年クリスマス限定アイテムとして発売
2014年11月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £2-95

重量 100g

成分 水、菜種油、ココナツ油、グリセリン、香料、ステアリン酸Na、PG、パインニードル油、サイプレス油、
       ライム油、ラウリル硫酸Na、塩化ナトリウム、EDTA、エチドロン酸4Na、水酸化ナトリウム、シトラール、
       リナロール、シトロネロール、リモネン、色素59040、色素45410、色素17200、色素42090

似た香りのLUSH製品 テクノガール、 黄金のセレブレイト

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ


テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Beautiful Pea Green Soap (ビューティフル ピー グリーン)

Beautiful Pea Green Soap (ビューティフル ピー グリーン)

エドワード・リアはヴィクトリア時代の画家にして詩人。 
ナンセンスというジャンルを確立したともいえる彼の作風はルイス・キャロルにも影響を与え、
その作品は今現在も親しまれている。
その彼の代表作のひとつ、"ふくろうとねこ"。
フクロウと子猫が"Beautifu Pea Green Boat (美しいえんどう豆色の船)"で旅に出て
最後結婚式を挙げるという、ロマンティックなのだけれど、かなりシュールな詩だったりします。
 YouTubeの動画 (50'sのアニメ工房"Halas & Batchelor"作のレトロアニメ)
その"Beautifu Pea Green Boat (美しいえんどう豆色の船)"からネーミングされたせっけん。

主にほうれん草のピューレで色付けされたソープはナチュラルなダークグリーン
表面にはコブミカンの葉とマリーゴールドのドライフラワーがデコられていて、
これは葉っぱや花が浮かんだ池をイメージしているそう。
作為的なのか偶然なのかナゾなのだけれど、ソープの表面がさざ波みたいな模様になっていて、
ちょっぴり感心。
とはいえ、個人的には葉っぱが浮かんだ緑いろの水の池をキレイとは思ったことはないので、
やっぱりびみょう。

そのままの香りは自然な酸味の強いミカンの香り。 ちょっぴりお香のような落ち着きもある。


ナイロンタオルに摺りつけて使用したのだけれど、トッピングの葉っぱがジャマになって、
つるつる溶けるせっけんが控えめにしかナイロンタオルに移らない。
せっけんの量が少なめになってしまうのか泡立ちは薄めで、
キメは細かいけれどシャンプーみたいなサラサラしたコクのない泡。
葉っぱや花はせっけんに埋め込まれているようにトッピングされているので、
使用中少しづつはがさなければいけないのも面倒でした。

トッピングが全部はがれて、使い続けるうちに多少は泡立ちよくクリーミーな泡になったりも
したのだけれど、埋め込まれているドライフラワーが出てくるとまた泡立ちが悪くなる。のくりかえし。
ちなみにせっけん深部にもドライフラワーが5輪は埋め込まれていて、
正直具が多すぎるせいで、本来の泡立ちが発揮できなかった疑いアリ。

また、香りのほうも、最初の自然な酸味の強いミカンの香りばかりで、
他の香り要素があまり感じられず残念だったのだけれど、最後2回ぶんくらいで、
ミカンの香りに加え、すきっとしながら落ち着けるサンダルウッドの香りがやっとでてきたという
均一性のなさ。


洗いあがりはさっぱりつるつるで、乾燥するかと思いきや、そうでもなく。
でも特筆することもないかも。

お風呂あがりの香りは、ミカンの香りが短時間だけだけれど、しっかり残りました。


とにかく具が多すぎて、泡立ち・使用回数(100gで8回しか使用できませんでした。)等
弊害があるし、具ナシで効用を試したいせっけんでした。


製品データ

2008年4月~2009年6月 RETRO LUSHシリーズとして発売
2015年9月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格 £4-75

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ヒマワリ油、ココナツ油、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Na、
       水酸化ナトリウム、香料、生ホウレンソウ、サンダルウッド油、タンジェリン油、
       塩化ナトリウム、クロロフィリン、安息香酸ベンジル、リモネン、リナロール、クチナシエキス、
       コブミカン葉、マリーゴールド花弁

似た香りのLUSH製品 ボンペリ・ボム ペリィ・ボムペリィガール、
                          ORANGE BLOSSOM パフューム、 サン オーデコロン

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Love Birds (ラブバード)

Love Birds (ラブバード)

巨大な円形のホールソープには、パステルカラーの花々が咲くグリーンの木が枝を伸ばし、
ハートのリースを形どっている。 そこに止まっている、つがいの赤い鳥の名前がネーミングのラブバード。
日本でコザクラインコと呼ばれるその鳥は、つがいが仲睦まじく、紅潮したように顔が赤いこともあって
ラブバードと呼ばれているのだそう。

香りのほうは、Lushでもバスボム"ケ・セラ・セラ"でお馴染みの、
今は亡き姉妹ブランド"B"の"Keep It Fluffy"の香りです。
"B"で一番人気だったのに、GORILLAでパフュームとして復活しなかった理由は
調香したMarkさんが香りのレシピを紛失してしまったからだそうで、
香料ミックスの在庫が限られているため、このソープが"Keep It Fluffy"の香りのラストアイテムだそう。
("ケ・セラ・セラ"の製造も香料ミックスの在庫が切れ次第終了とのこと。)

香りの構成要素はヴァニラ、イランイラン、ジャスミン、レモングラスなのだけれど、
実際の香りは、ほの甘いヴァニラとイランイランの香りを、白檀のお扇子やおしろいを思わせる
ふわっとしたパウダリーな香りで包み込んだような香り。 酸味のない洋梨っぽいフルーティーさも感じられます。
甘くはあるけれど、しつこくない、ネーミングのように"Fluffy(ふわっとした)"な香りです。


水に濡らすとヌルヌルと溶け、ナイロンタオルに摺りつけると画材のクレパスみたいにタオルに移ります。
泡立てると、キメ細かい泡がギュッと詰まった密度の濃いコクのある、固く泡立てたホイップクリームみたいな泡。
固めのテクスチュアの泡がおハダの間にクッションになり、泡の肌滑りもよく、心地よく洗うことができました。
泡立ちがいいので、100gで16回使用可とLUSHのせっけんの平均以上の持ち。

香りのほうは、泡立てると、それまであまり感じられなかったジャスミンの香り要素が際立ち、
"お風呂でジュ・テーム"にも通じる"白い花のブーケ"を思わせる香りに。

商品説明でしっとり系の洗いあがりと謳われていたわりには、洗いあがりのおハダはかなりさっぱり。
タオルドライ後、しばらくすると潤いが戻ってはくるけれど、それでもどちらかというとさっぱり系の洗いあがり。

お風呂あがりの残り香は、せっけんそのものの香りメインにジャスミンの香り要素がかすかに加わった香りが
ほのかに、翌日の朝まで残りました。


製品データ

2011年1月~5月 '11年バレンタイン限定アイテムとして発売
2015年2月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格 £3-00

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ココナツ油、ステアリン酸Na、ラウリル硫酸Na、香料、酸化チタン、ヴァニラアブソルート、
       イランイラン油、ジャスミンアブソルート、レモングラス油、グリセリン、塩化ナトリウム、EDTA、
       エチドロン酸4Na、水酸化ナトリウム、クチナシエキス、シトラール、クマリン、ヒドロキシシトロネラール、
       リナロール、メチルイオノン、色素42090、色素17200、色素1470

同じ香りのLUSH製品 気まぐれキューティー、 ケ・セラ・セラ 青空、 ケ・セラ・セラ 陽だまり

似た香りのLUSH製品 アルカマー、 お風呂でジュ・テーム、 愛ラブユー、 秘密のローズ、
                          IMOGEN ROSE パフューム

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Shark Fin Soap (シャークフィンソープ)

Shark Fin Soap

薄め小型サイズの"シーベジタブル"には厚紙で作ったヒレが付いている。
ネーミングは"Sark Fin Soup (フカひれスープ)"のもじり。

というのも、このソープはフカひれ収穫の為、サメが生きたままヒレだけを切り取られ、
そのまま海に生きたまま打ち捨てられてしまうという、"Finning"と呼ばれる残酷な漁猟法に反対する
キャンペーンのためのチャリティアイテムなんです。

とココで問題なのが、どの団体に寄付されるかということで、
その団体とは日本でもたびたび報道される海洋環境保護団体、"シーシェパード。"
彼らの活動内容は日本でも報道されるとおり、全面的に支持されるべきではないもので、
このアイテムとチャリティ内容の発表後、UK FORUMでは大激論が交わされました。
UK FORUMを見る限り、一般のLUSHユーザーは6割がたは反"シーシェパード" 。
捕鯨には反対するけれど、活動内容が暴力的、かつ環境汚染にもつながるというのがその理由。
とはいえ、UK LUSHのエシカル代表のかたがポール・ワトソン氏と懇意にされてるし、
UK LUSHに"シーシェパード"のメンバーが勤務している(FORUM上で自己紹介されていたので確実。)
状態なので(2008年時点、現在は不明。)、
LUSHと"シーシェパード"のつながりを解くことはできないんだろうなー。というかんじ。

背中に釣り針を刺して吊り下げられるという流血パフォーマンス(閲覧注意)をLUSH店頭で開催するという
センセーショナルさを全面に押し出したキャンペーン方法も個人的にはびみょうだし、
"Guantanamo Garden"でも感じたそっちの方向に行っちゃうの感がひしひし。正直LUSHの今後が心配です。


気を取り直して、使用した感想を。

濡らしてナイロンタオルにとって泡立てると、すぐに密度の濃いなめらかな泡が立ちます。
泡立ちはいいのに、潤いのない泡で、おハダがこわばるような感触。
この感触、"シーベジタブル"では感じたことがないので、薄めのシェイプに対して海塩が多すぎるせいなのかも?
洗いあがりも、さっぱりし過ぎで、皮膚の薄い箇所が湿疹になってしまいました。

香りのほうも、"シーベジタブル"よりも、海塩が効いているせいか、良く言って潮、ワルく言って磯臭さがより強い。
お風呂あがりも、潮の香りが短時間残りました。

薄いシェイプなのに海塩、海草(アラメ)ぶぶんが多いせいか、せっけんぶぶんが少なく、なくなるのが早く、
80gで約6回使用可でした。

厚紙のヒレぶぶんから色が出て泡が黒ずむのにも萎えるし
(使用前にちぎりとって、"Finning"(イヤミ)するのを推奨。)、
コレだったら、このチャリティに全面的に心酔できるかた以外には、普通に"シーベジタブル"をおススメします。
という感想でした。


製品データ

2008年8月~2009年4月 期間限定のチャリティアイテムとして発売 

価格 £2-50 (VAT以外はシーシェパードに寄付)

重量 80g

成分 水、PG、菜種油、ヒマワリ油、ココナツ油、粗粒海塩、ステアリン酸Na、ラウリル硫酸Na、
       水酸化ナトリウム、アラメ海草、ライム油、ラヴェンダー油、海草アブソルート、シトラール、ゲラニオール、
       リモネン、リナロール、香料、色素42045 

同じ香りのLUSH製品 シーベジタブル、 グランブルー、 First Swim

似た香りのLUSH製品 RUSHラッシュ・海のRUSHラッシュ・RUSH

日本では"シーシェパード"ではなく、別の団体に寄付されるようではあるけれど、
サメの肉を魚肉練り製品に加工することが多い日本では"Finning"が起こりにくいという事実もあり、
このキャンペーンの矛先がどこに向かうのか、
詳細なキャンペーン内容を把握できるまでは支援できるものではない。というのが個人的見解。
よくよく調べてみると今回の寄付先"パンジアシード"はイギリスの新聞"ガーディアン紙"が
気仙沼のフカひれ漁を批判した記事に絡んでいる団体らしい。

リンク
ガーディアンの気仙沼サメ漁批判記事の背後にグリーンピース

去年フカひれスープの販売停止を求められた"無印良品"が表明したデータが
気仙沼のサメ漁が批判を受ける類のものではないことを示しているので
参考までにそちらのリンクも貼っておきます。

リンク
『ふかひれスープ』販売中止運動に対する無印良品の毅然とした反論が素晴らしい

リンク
5月30日(金)~6月8日(日)「残酷なフカヒレ漁反対キャンペーン」を実施 (PR TIMES)


テーマ : 捕鯨・反捕鯨問題
ジャンル : 政治・経済

Porridge Soap (ポリッジで朝食を)

Porridge Soap (ポリッジで朝食を)

"Porridge(ポリッジ)"とは英語でいうところのお粥。
イギリスだとオートミール(オーツ麦)を牛乳かお水で炊いて、
シロップをたらりとたらして甘い味付けで食べるのがポピュラー。

そんなイギリスの(発祥はスコットランドだったかな?)お粥がそのままソープになったような、
オーツ麦がぎっしり詰まったせっけんです。

ホールソープには、有名な童話"3びきのくま"(くまの家族の家に迷い込んだ女の子が、くまのお粥を食べてしまう
シーンがある)にちなんで、3匹の熊と"PORRIDGE"の文字のレリーフがついていて可愛い。

思い浮かぶのが"ヘーゼルナッツのシロップを追加したミルクたっぷりのラテ"とか
"ワッフルコーンにのっかったコーヒーフレーバーのソフトクリーム"とか、
とにかく美味しそうなものしか浮かんでこない香りです。


押したら崩れてしまいそうな柔らかなテクスチャーのせっけんをナイロンタオルに擦り付けると、
まるで粘土か、ハードタイプのクリームチーズかというように溶けていきます。 
もちろんオーツ麦もぽろぽろ取れて、見た目にわかるほど減りが早い。

柔らかいテクスチャーのわりに、意外と泡立ちは悪く、ミルクティーいろの薄めの泡がたっただけでした。

泡立てるとさっきの美味しそうな香りに、ときおりオレンジのさわやかな甘い香りがふわりとして
その意外性がいいかんじ。

スクラブがたくさん入っているので、手や肩、首筋、足の甲やふくらはぎなど、
コリが気になるところにマッサージバーの要領で直接すりつけるのが気持ちいい。
皮膚があまり丈夫ではない私でも、このせっけんのスクラブはまったく刺激になりませんでした。


洗い上がりは、さらさらつるつるな感触。 
お風呂あがりには、するかしないかくらいに、かすかに甘くてこうばしい香りが残りました。

香り、洗い上がりとも申し分ないのだけれど、
気になるのが減りの速さ(100gで約8回分くらい)と、ぽろぽろ落ちるスクラブ。
1回の入浴で小さじ1/2杯は軽く落ちるので(計ってしまった)、入浴後の掃除がたいへん。

正直スクラブの量が多すぎな気がします。

自作のガーゼの袋や、あと最近見つけてコレいい!と思った
マークスアンドウェブさん"バブルソープポーチ"(シャワージェリーとかにも使えそう!)に入れて使用すれば
(入浴後は袋から出して乾燥させるのを忘れずに。)ゴミが落ちないし、
減りも少なくなるのでオススメだったりします。


製品データ

2008年5月発売

価格 £2-35 

重量 100g

成分 水、菜種油、ココナツ油、PG、ピンヘッドオートミール、有機オレンジ果汁、酸化チタン、水酸化ナトリウム、
       ラウリル硫酸Na、香料、ラブダナム油、スウィートワイルドオレンジ油、グリセリン、塩化ナトリウム、EDTA、
       テトラエチドロン酸Na、リモネン

同じ香りのLUSH製品 Porridge Body Lotion

似た香りのLUSH製品 いつも二人で、 モービス、 マイカフェ

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : ボディケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR