Sugar Plum Fairy Lip Tint (シュガープラムフェアリー リップカラー)

Sugar Plum Fairy Lip Tint (シュガープラムフェアリー リップカラー)

同時発売されたリップスクラブと同じく、バレエ"くるみ割り人形"に登場する
お菓子の国の女王"Sugar Plum Fairy(プラム菓子の妖精)"(日本では"金平糖の妖精")を
イメージしたリップカラー。

香りもリップスクラブと同じ、オレンジの爽やかな酸味が効いたカシスの香り。
味は基材のせいかな?リップスクラブとほぼ同じ、オレンジガムみたいな味だけれども、
コチラのほうはガムのビニールっぽい風味がかすかに感じられる。
とはいえ、かすかだし、リップカラーをわざわざ舐めることもないので許容範囲。

リップカラーそのものの色は赤みのつよいダークプラム
名前に"Fairy"とつくアイテムは"妖精の粉"=ラメ入りというLUSHでのお約束どおり、
微細なシルバーのラメ入りです。

砂漠の厳しい環境でもその保水能力から自生することができるカラハリメロンの種子オイルと、
オーガニックのホホバオイルが基材の主な成分に使われていて、潤い効果もあるのだそう。


そのままステックをくちびるにすべらせてみると、カタめでしっかりとしたテクスチュアなせいか、
くちびるに引っかかるような感触。
繰り出したぶぶんが5mm以下だと、くちびるに強く押し当てないと色が上手くのらない。
1回のストロークでは色がのりづらくムラになってしまうので、
ひと塗りで薄付きに仕上げるのは難しいかも。

コツは、5mm以上くり出して(なにしろカタいので、折れる心配は少ない)
小刻みに重ね塗りしながら色をのせると、ムラなく付けることができます。
ただ彩度の高いはっきりした色味のせいか、はみ出したり、にじんだりすると悪目立ちし易いし、
直接塗りだとくちびるの縦ジワ(哀)に色素がたまり易いので、
個人的にはリップブラシで装着するのを推奨です。

色的には、どちらの塗りかたでもパールの輝きのある透明感のある紫ピンクに発色します。
(透け感のある色のせいか、人によって発色が違うかも。)
管理人は黄みのつよい肌いろの持ち主で、くちびる自体の色は血色の良くないくすんだ色
紫みのつよい色は苦手なはずなのに、意外に似合うというか、
顔色をパッとあかるく見せてくれるし、よそ行き顔のメイクにもぴったりな、
おばちゃんの管理人(哀)にもありがたい色み。 

欠点は落ち易さ。
やっぱり色付きリップクリームぐらいの落ち易さで、短時間で色落ちするうえに、
落ちかたが、くちびるの中心から色あせて、くちびるの輪郭や縦ジワやくちびるの角質に
色素が残って、あざやかな色みだけあって悪目立ちしてしまうので、
装着前にリップスクラブでのケアやこまめなリタッチは必須です。

とはいえ、日常でそんなに頻繁にお化粧直しできないしー。というかたは(管理人)、
"歌舞伎"やヴァセリン系のグロッシーなリップクリームをしっかり塗ってから直塗りすること。
そうすると、発色自体はリップクリームなしで塗ったときよりも
淡い、透明感とパールの輝きがある紫ピンクになってしまうけれど、落ちかたの汚さが回避できます。


チークカラーとして使用
スティックから直接おハダに伸ばすと、くちびるに直に塗ったときと同じ
パールの輝きのある透明感のある紫ピンクでびっくりしてしまうけれど、
ぼかすと、透明感があるせいか黄みのつよい肌いろを反映した赤ピンクになりました。
色的には馴染んだのだけれど、ラメの成分も色みにかなり反映される。
ラメの粒子自体は目立たないけれど、蛍光っぽく発色するので、
パーティー時やエッジィなメイクに似合いそうな、日常使いには難しい色み。
おばちゃんの管理人撃沈。(哀)
色的にも難しいけれど、1番のモンダイは伸ばしにくさと落ち易さ。
おハダに均一にぼかすのが難しく、まだらに伸びる。
色の落ちかたもまだらに落ちるので、発色が良いぶん、かなりの悪目立ち。
上からフェイスパウダーで押さえても落ち易さは変わらなかったので、
チークとしての使用はあまりおススメできないというのが感想でした。


使いこなすにはちょっぴり工夫が必要なのと、謳われているほどの保湿力が感じられなかったこと、
コレはLUSHのリップカラーぜんぶに当て嵌まるけれど、
パケがハゲ易くて、1か月もしないでボロボロに見えてしまうのが気になる。
(カラーコスメには、もうちょっと夢が欲しい。)
色自体はとても素敵なので、改善して再登場を希望してしまうのでした。


製品データ

2016年9月~2017年1月 '16年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £5-95

重量 4g

成分 カラハリスイカ油、有機ホホバ油、キャンデリラロウ、有機ヒマシ油、オレンジ果皮ロウ、
       ヒマワリ種子ロウ、エクストラヴァージンココナツ油、グリセリン、合成フルオロフロゴパイト、
       ホウケイ酸(Ca/Na) 、ダマスクバラ花ロウ、スウィートワイルドオレンジ油、酸化チタン、
       セテアリルアルコール、PVP、酸化スズ、シトラール、リモネン、フレーバー、色素77742、
       色素45410:2

同じ香りのLUSH製品 シュガープラムフェアリー リップスクラブ

似た香りのLUSH製品 ぐるぐるブランケット、 ゴスフェアリー

リンク
@cosmeでのクチコミページ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】少年コミック まだらの恐怖 / 楳図かずお
価格:400円(税込、送料別) (2017/4/26時点)




スポンサーサイト

テーマ : コスメ
ジャンル : ファッション・ブランド

Snow Fairy Lip Tint (フェアリーキャンディリップカラー)

Snow Fairy Lip Tint (フェアリーキャンディリップカラー)

クリスマスにかならずLUSHに現れるシャワージェルの妖精"フェアリーキャンディ"
リップカラーになって登場。

"フェアリーキャンディ"とおそろいのあざやかなキャンディピンク
香りも、もちろん"フェアリーキャンディ"とまったく同じ香りです。

くちびるにうるおいとやわらかさを与え、保護する植物油脂の基材に加えられたのは、
妖精"フェアリーキャンディ"が好きな食べ物をイメージした素材。
妖精"フェアリーキャンディ"のイメージといえば、砂糖菓子。
ということで、あまーい粉砂糖と、お口にしゅわっと溶ける粉ラムネ、
フルーティーなドライラズベリーが加えられていて、"フェアリーキャンディ"のシャワージェルが
食べ物や飲み物だったら?という、もしもの味が再現されているんだそう。


黄みのつよい色みの肌で、血色の良くないくすんだ色のくちびるの持ち主の管理人が試してみました。

使い始めは堅めのテクスチュアだけれども、使用するにつれてやわらかくなめらかになります。

指で取ってみると、上手く加減しないと、ベットリとムラになって指に付くので、
薄く均一に指に取るようにするのが、指で装着するときのコツ。
指に付いたリップカラーがムラになっていると、
くちびるに均一に伸ばすのに負担になってしまいます。

管理人はガサツなので指で装着だと、はみ出たり、ムラになったり、
馴染ませるときに擦り過ぎたりで、くちびるに負担になってしまったので
リップブラシで装着してみました。

意外と薄づきで、リップブラシでがっつり装着しても、
肌なじみのいいマットで清楚な青みピンクに発色します。
そういえば"Fairy=妖精"の名が付いているのに、
(LUSHのでのお約束の)ラメが珍しく含まれていません。
ナチュラルな色みで、青みピンクの割にはイエベの典型の管理人にもちゃんと馴染んだので、
ブルベ・イエベを問わずハマるはず。
とはいえ、可愛らしい色なので、おばちゃん(哀)の管理人には
年齢的なイミ(哀)では浮いてはしまうのだけれど。
若いお嬢さん(羨)なら誰でも似合う色なんじゃないかな。と思います。

そんなおばちゃんの管理人(哀)の場合、リップクリームを塗ったうえから、
薬指に取ったカラーを軽くたたくように中心から伸ばすと、
"生まれつきの血色のいいくちびる"といった自然な仕上がりになってイイ。
下地のリップクリームをマットなものにすれば超自然(イミ違う。)、
ツヤがあるものにすれば、ツヤがあって透明感のある仕上がりになるし、変化もつけられる。

保湿効果もあって、リップブラシでがっつり装着した場合、
下地のリップクリームナシでもくちびるが乾燥することもないし、
色落ちの仕方もキレイ(ガサガサしたりせず、色だけが褪せていくかんじ。)
で、意外と機能的でもありました。


チークカラーとして使用
中指と薬指に取って、(やはり指の腹に均一に取るとムラにならない。)
かるく叩くように頬に伸ばしてから薄く馴染ませてみました。
透明感があるので、管理人のイエベ肌にも馴染んで
ツヤ感のあるハダ浮きしないピンクいろに発色する。
もちろん濃いめに付ければリップとして使用したときと同じく青みピンクに。
ただ、がっつり装着すると、ツヤというかテカりが出てしまうので、
お好みでパウダーをはたいたほうがいいかもしれません。


モンダイは香りと味。
香りはとにかく強くて、管理人自身、実は"フェアリーキャンディ"の香り自体苦手なうえ、
管理人的"フェアリーキャンディ"の香りの苦手要素のビニールっぽさが強めなのがツライ。
味のほうもビニールっぽい。というか、"噛んだあとのイチゴガム"?
ほの甘いけれど、舌が縮こまるようなゴム?ビニール?っぽい苦味があって美味しいとは言い難い。
(っていうか、ビニールっぽさまで味覚のぶぶんで再現しなくてもいいのにー。)
なるべく舐めないほうが無難です。

香りと味さえ大丈夫ならば、意外に肌なじみのいい自然な色み、うるおい効果もアリで、
おススメできる使い易いアイテムでした。


製品データ

2010年・2011年9月~2012年1月 '10年・'11年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-95

重量 10g

成分 エクストラヴァージンココナツ油、水、モクロウ、シア脂、粉砂糖、カルナウバロウ、
       テオブロマグランジフロルム種子脂、アストロカリウムムルムル脂、フレーバー、グリセリン、
       乾燥キイチゴ果実、粉ラムネ、酸化チタン、色素45380、色素45410、色素73360、
       色素77007、メチルパラベン

同じ香りのLUSH製品 OH!マイフェアリー、 フェアリーキャンディ ファン、 キャンディエッグ、
                          キャンディバスボム、 キャンディフラワー、 ミスターノエル (2014)、
                          Fluff Bun、 魔法の杖、 フェアリースター、 めろめろマシュー、
                          メルティング マシュマロ モーメント、 フェアリーキャンディ、
                          ウォッシュズ カード、 フェアリーキャンディ ボディコンディショナー、
                          フェアリーキャンディ マッサージバー、 浮気なキャンディ、
                          フェアリー ダスト、 リップスクラブ バブルガムフレーバー、
                          フェアリーキャンディ フレグランス、
                          フェアリーキャンディ ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 キャンディバス、 チューリップグロス

リンク
@cosmeでのクチコミページ








テーマ : コスメ
ジャンル : ファッション・ブランド

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR