Sakura Bath Bomb (桜日記)

Sakura Bath Bomb (桜日記)

白いバスボムの中央にチェリーピンク水色の塩粒があしらわれているバスボム
チェリーピンクの塩は桜、水色の塩は桜の花の隙間に見える春の空をあらわしているそう。
白いバスボムにチェリーピンクの塩の色がにじんでピンク系のグラデーションになっているのが可愛い。

そのままの香りは、ジャスミンの香りメインに
おしろいっぽいフローラルの香りときゅんとするような酸味を足したかんじ。
日本の桜とは違うけれど、イギリスでポピュラーなボール状に咲く濃いピンクの八重桜の香りに近いかも。


お湯を溜めたバスタブに投入すると、すぐに沈んでぱらぱらと塩を出しながら溶けていきます。
発泡はやや控えめ。
ときおり染められた塩がお湯表面に浮かんではじける様子がキレイ。
(これはイギリスの硬水だから起きる現象かも。)

溶けきると、表面にオイルが浮かぶとろみのある湯船になりました。 
お湯色は無色だけれど、オイル成分のせいでくすんでいるかんじ。
(ちなみにUK Ver.には桜の塩漬けは入っていません。)

何回もリピートしているのだけれど、
製造日に近いバスボムはお湯に投入するまえと同じ"酸味のあるフローラルな香り"。
製造日からしばらく経ったバスボムは上記の香りにくわえて、海塩の潮っぽい香りが感じ取れました。
レビューで"塩漬けの桜の花の香り"がするというのがあったけれど、これがそうなのかも。
意外と控えめな香り立ちで、お風呂あがりもほんとうにかすかにしか香りが残りませんでした。


オイルが浮かぶお湯のわりには、湯上りのおハダはさっぱり。
塩入りのせいか、カラダの内側からしっかり温まった感覚がありました。


個人的には、香り・お湯色ともにいまひとつ印象に欠けるような気がしたのだけれど、
お湯表面にカラフルな塩がはじけるギミックと温浴効果は評価したいバスボムでした。


製品データ

2011年廃盤

価格 £2-85 

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、細粒海塩、レモン油、ミモザアブソルート、オレンジ花アブソルート、
       ジャスミンアブソルート、クチナシエキス、シトラール、リモネン、色素18050、色素42045

同じ香りのLUSH製品 桜小道のポピンズ、 10周年アニバーサリーソープ、 咲くらフラワー、 リトル桜日記、
                          ソルティロック、 のりのりシーサイド、 Sakura Forum Fragrance、
                          さくら ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 ボナール美人

リンク
@cosmeでのクチコミページ
@cosmeでのクチコミページ (旧タイプ)
i-VoCEのコスメデータベースのページ
スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Sex Bomb Bath Bomb (セクシー・ダイナマイト)

Sex Bomb Bath Bomb (セクシー・ダイナマイト)

2003年に行われた、一般のLushieさん参加のバスボムデザインコンテスト。
数あるアイディアの中から生まれた3つのバスボムの中で一番人気だったのがこちら。
(ちなみにあとの2つは"王様スイーツ""小さな冒険"だったりする。)

ネーミングは、トム・ジョーンズの同名の曲から。
(ぱっと見暑苦しいおぢさんにしか見えない彼は、イギリスきってのセックスシンボル。
コンサートではオーディエンスが下着をステージに投げるのがお約束で、
当時LUSHサイトでも"トム・ジョーンズに下着を投げようFLASHゲーム"が出現して
お茶を吹いた記憶があります。)


ショッキングピンク薄紫のツートーンのバスボムの中央には
本物の薔薇そっくりのライスペーパーの花があしらわれていてロマンティック。

香りのほうは、ジャスミンとイランイランの重めのフローラルノートがメインに、
スモーキーなクラリセージの香りとムスクの香りが奥底に煙るように香るセクスィーな香り。


バスタブのお湯に投入すると、ショッキングピンク紫いろがマーブルもようになった泡を
出しながら、あっという間に溶けていきます。

溶けきるとショッキングピンクの濁り湯にライスペーパーの薔薇が一輪浮かぶ、キュートな湯船に
なるのだけれど、お湯のなかのカラダの影になったぶぶんがに翳って、
よく見るとちゃんとセクスィームードのある湯船だったりします。
(ちなみにライスペーパーの花は、ふやけるとクラゲ状態になるので、早めの回収をお勧めします。)

豆乳パウダーの効用でしっとりすべすべのお湯あたり。
お風呂あがりのおハダもしっとりすべすべ。
バスタブのお湯を抜いたあと、ピンクの豆乳パウダーが残るものの、ごくごく少量だし、
お肌の効用も豆乳パウダーの賜物なので許してしまいます。


お風呂あがりの残り香は、かすかに香る程度と思いきや、時々髪を中心に強く香りが蘇る香りかた。
翌日の夕方までその香りは続きました。


雰囲気のある湯船、香りの強さ・持ち、おハダの保湿具合と、高得点のバスボムでした。


製品データ

価格 £2-80

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、セスキ炭酸Na、香料、豆乳、合成ムスク、ジャスミンアブソルート、
       クラリセージ油、イランイラン油、酸化チタン、安息香酸ベンジル、リモネン、リナロール、
       色素18050、色素61585、花型ライスペーパー

同じ香りのLUSH製品 Love Soap (2010)、 セクシーセクシーダイナマイト、
                          ミスターセクシーナイト、 リトルセクシー・ダイナマイト、 サンタベイビー、
                          チューリップ娘 (2014)、 気ままなセクシー、 バダビンバダブン、
                          ハートのエース、 Sex Bomb Forum Fragrance

似た香りのLUSH製品 チェルシーガーデン、 ラブロケット

リンク
Amazon.co.jpのカスタマーレビューページ
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tisty Tosty (愛ラブユー)

Tisty Tosty (愛ラブユー)

イギリスの新聞"ガーディアン誌"からバレンタインラブメッセージ個人広告用販促ギフトを。との
依頼を受けて開発された、薔薇のつぼみ入りのハート型のバスボム。

ネーミングの"Tisty Tosty"は、イギリスの詩人ジェフリー・グリグソンの詩集
"The Englishman's Flora" からの一篇から。
(花びらを)T(w)ist(y)(ひねり取っては)Tos(s)(ty)(投げ)というかんじで、
イギリスに古くから伝わる、花を使った恋占いをするときに唱える呪文の冒頭の言葉だったりします。

そう、バスボムに薔薇のつぼみが埋め込まれているのはお風呂で恋占いをするため。
"好き。嫌い。好き。嫌い。"と続けて、
必ずポジティブな答えが出るように7輪の、奇数の薔薇のつぼみが埋め込まれていて、
愛の告白を後押しする願いが込められているのだそう。

香りは薔薇とイリス根だけのシンプルな構成。
薔薇の香りに"白檀のお扇子"を思わせるようなふわっとした甘いパウダリーなイリスの香りが
鼻をくすぐる。
デリケートで奥ゆかしい恋ゴコロのような、押し出しの強くない香り。


1995年から継続しているロングセラーだけあって、過去何回かモデルチェンジが。

2008年に、一回り大きな薄いハート型になって恋の呪文がエンボスされ、120gに増量。
(クリックで写真が別窓で開きます。)


2010年に(上写真と同じ)元のシンプルなハートのカタチ・重量に戻り、
香料ミックスが大幅にチェンジ。
基本の薔薇・イリスに加えて、ゼラニウム・レモン・ジャスミン等が加えられました。
(下成分は2010年以降のもの。)


バスタブのお湯に投入すると、浮かんでシューッとキメ細かい泡を出しながら
あっという間に溶けていきます。
途中、薔薇のつぼみが1輪、また1輪と、次々浮かび上がってきます。
(片思い中のLushieさんはココで占ってみましょう。)
溶けきった直後のお湯はかすかにくすんでいるのだけれども、
しばらくすると無色透明なお湯に7輪の薔薇のつぼみが浮かぶ湯船に落ち着きました。

溶けきったあとはお湯がやわらかになった実感はあるものの、さっぱりめなお湯あたり。

香りのほうは、溶けているあいだだけなのだけれども、薔薇・レモン・ゼラニウムの香りが
際立ちます。 (ジャスミンの香り要素はあまり感じられません。)
ただこの香り、LUSHのほかの薔薇系のアイテムの基本の香りだし、
個体差かもしれないけれど、ゼラニウムの薬草くさいギンギンした香りが際立って
個人的にいまひとつ。
とはいえ、バスボムが溶けきったあとしばらくすると
基本の薔薇・イリス根の香りとまとまった香りになって、気にならなくはなるのだけれども。


入浴中の香りが弱いわけではないのに、お風呂あがりの残り香は、おハダにはほとんど残らず。
髪にだけ、ほんとうにかすかな残り香が翌日のお昼ごろまで残りました。

サイズのせいかな?温浴効果もほとんど感じず。


クラッシックな香り、着色ナシ、仕掛けも薔薇のつぼみだけ(でも回収しやすい)で、
LUSH独特の強烈さはナシ。
でも、強烈さをもってしても元気になれないような、
とにかく癒しが欲しいとき用の入浴にはいいんじゃないかな?という感想でした。


製品データ

価格/重量 £2-75/95g・£2-85/120g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、7輪のバラ蕾、ローズアブソルート、ゼラニウム油、レモン油、
       ジャスミンアブソルート、イリス根粉末、サリチル酸ベンジル、ゲラニオール、シトロネロール、
       オイゲノール、リナロール、リモネン、香料

同じ香りのLUSH製品 愛ラブラブユー、 ティスティー トスティー

似た香りのLUSH製品 初恋ラバーズ、 ラブバード、 春の散歩道、 秘密のローズ、
                          ごめんねダーリン、 マカロンバブルバー ローズジャム、
                          IMOGEN ROSE パフューム

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ
MAQUIA ONLINEでのクチコミページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Waving Not Drowning (アクアフライング)

Waving Not Drowning (アクアフライング)

カラーセラピーシリーズの一環として発売されたバスボム。 
90年代のイギリスではカラーセラピーをバスグッズに取り入れるのが流行していて、
THE BODY SHOPでも"カラーサイエンス"シリーズを出していた記憶が。なつかしい。

ネーミングはイギリスの女流詩人スティーヴィー・スミスの詩のもじり。
元ネタは"Drowning Not Waving(手を振っているのではない、溺れているのだ)"という、
沖で手を振っている人が、実は溺れていて助けを求めていたことに、手遅れになったあと気付く。という
内容の詩なのだけれども、タイトルの言葉の位置を入れ替えて、
"溺れるような苦しさ(Markさんは不眠のストレスをイメージしたそう。)に、手を振ってさよならしよう。"
という意味にしたわけ。


淡いブルーグレーの小玉のバスボム。

そのままの香りはラヴェンダーが強いかな?
スパイシーだけれどこうばしい甘みのあって落ち着ける香りも感じられる。
香りたちは強めなのに、香り自体の印象はパウダリーでおだやか。
そういえば以前は成分にカルダモン油が含まれていたはずだったのだけれど、
香料ミックスに変更があったのか、はたまた人工香料にシフトしたのか謎。


バスタブのお湯に投入すると、軽い泡を出しながら浮かんで、お湯をブルーグレーに染めながら溶けていきます。
溶けきると、澄んだグレーがかった薄青の湯船に。

特ににオイルが浮かんだりはしないけれど、お湯が柔らかくなった実感がありました。

溶ける最中がいちばん香り立ちが強まり、溶けきったあとはおだやかな香り立ちに。

物足りなくもないのだけれど、これくらいの香りの強さのほうが、
ただのんびりと入浴する場合には向いているのかも。
お風呂あがりも香りはほとんど残りません。

フェンネル油の効用なのか、お湯に浸かっているだけでむくみに効果があったし。
とはいえ、同じフェンネル油の効用・むくみ解消では"鈴の音"が最強で、こちらのほうは本当におだやかな効果。

控えめではあるものの、お風呂あがりのおハダがしっとりに。


お湯色・香り・効用とどれもおだやかで中途半端ではあるものの、
強い香りのものを使える気分ではないほど疲れている時・入浴後そのまま眠ってしまいたいぐらい疲れている時
リピートしてしまうアイテムでした。


製品データ

2010年廃盤
2012年5月~6月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売
2013年5月~12月 RETRO LUSHシリーズとして発売

価格 £1-95

重量 90g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、ラヴェンダー油、イランイラン油、フェンネル油、サリチル酸ベンジル、
       ゲラニオール、安息香酸ベンジル、ファルネソール、リモネン、リナロール、香料、色素61585、
       色素18050

同じ香りのLUSH製品 遊びの時間、 千夜一夜

似た香りのLUSH製品 洗隊レンジャー あお、 サンベイビー、 マーガレットからの手紙、
                           ドリームタイム テンプルバーム

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : デトックス-Detox
ジャンル : ヘルス・ダイエット

A French Kiss (フレンチ・キス)

A French Kiss (フレンチ・キス)

ラヴェンダーが一枝デコられた、(個体によって色の濃さに差があるのはご愛嬌)と白の
マーブル模様のバブルバー。
高級フレンチショコラティエが作るラヴェンダー風味のチョコレートをイメージしているせいか、
キスチョコみたいなカタチです。

そのままの香りはラヴェンダーの清清しい香りとピリッとしながらスーッとするタイムの、
スパイシーハーブな香り。 
リラックス&リフレッシュできる香りです。


お湯を溜める蛇口の下に1/2個を指で崩しながら投入して両手で大きくかき混ぜると、ふわふわのなめらかな泡。
気泡は大きめだけれど、フワフワやわらかで、しっとりツヤのあるなめらかな泡が湯船をふんわり覆います。
泡のすきまに見え隠れするお湯いろは、こちらのほうも個体差があって、
赤みの強い紫いろのときもあれば、淡いラヴェンダーいろのときも。

香りのほうは、そのまま試したときよりもタイムの香りが際だつ。 
ピリッ+スーッな爽やかな香りなのだけれど、干草っぽい香りも感じられて、
素朴なのだけれどリラックス要素の高い香りだったりする。
もちろん、タイムの香りの奥底にラヴェンダーの香りもちゃんと寄り添って香りたちます。

保湿成分にココナッツ油が入っているからか、しっとりしたお湯あたり。
もちろんお風呂あがりのおハダもしっとりするする。

お風呂あがりの香りは強めタイム+若干ラヴェンダーの香りが朝までしっかり残りました。

入浴中に泡が半分になってしまって、LUSHのバブルバーにしては泡もちはいまいち。 

それでも、リラックス&リフレッシュできる香り・香り持ち・なめらかな泡、お湯あたり・おハダへの保湿効果と、
実力のあるバブルバーでした。


製品データ

価格 £3-75

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、香料、エクストラヴァージンココナツ油、
       コカミドDEA、ローズマリー油、タイム油、ラヴェンダー油、ラヴェンダーアブソルート、ラヴェンダー枝、
       リモネン、リナロール、色素17200、色素42090

同じ香りのLUSH製品 オー・ラ・ラ!、 月の聖歌隊

似た香りのLUSH製品 サンベイビー、 魔法のおひげ、 トワイライトムーン シャワージェル、
                          ナルコティック シャワージェル、 黄金の眠り

リンク
Amazon.co.jpのカスタマーレビューページ
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ
MAQUIA ONLINEでのクチコミページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Bathos Bubble Bar (すみれマジック)

Bathos Bubble Bar (すみれマジック)


もともとは液体状だったLUSHのバブルバス。 それを固形状に進化させたのが現在のバブルバー。
"すみれマジック"も香りはそのままにバブルバスからバブルバーに進化した、
LUSHのバブルバーの最初期のアイテムだったりします。

液体のころのイギリスの名称は同じく"Bathos"だったのだけれども、日本での名称は"サイケデリックの世界"。
たぶんジミヘンの60'sサイケの名曲"紫のけむり"からのネーミング?
当時のバブルバスには珍しく、お湯の色が紫いろにしっかり色づいて、
なんてぴったりなネーミング!って感動した記憶があったりします。

バブルバーVer.は、紫いろのベースにブルーグリーンのラメで"B"の刻印が入ったエレガントなデザイン。

液体だったころと変わらず、ジャスミン・薔薇・イランイランのフローラルブーケの奥に
けぶるようなスミレの香りとクローヴのスパイシーさを効かせた、華やかなのに奥行きのある香りです。


お湯を溜める蛇口の下に1/2個を指で崩しながら投入。
両手で大きくかき混ぜると、気泡が大きめでなめらか・やわらかなのにコシのある泡が立ちました。

バスタブから溢れるほどの泡をかき分けると、淡い紫いろにキレイに色づいた湯船が。

香りのほうも、泡立てるとスミレのスモーキーな香りが際立ち、
その奥にセクシーなフローラルブーケとかすかなクローヴのスパイシーさが感じられる、
落ち着きがあるのに華やかな香りが入浴終了まで薄まることなくしっかり香ります。 

泡の量もあったし、泡の質もやわらかなのにハジケにくかったせいか、
入浴終了までバスタブを半分以上覆う泡が残りました。


お風呂あがりの残り香も、スモーキーなスミレとフローラルブーケな香りが、
おハダには翌日の夕方まで、髪にいたっては翌日の入浴までしっかり残りました。


ルックスといい、香りといい、LUSHバブルバーのなかでエレガンスを極めたと思う一品。
泡の量・質、香りの強さと持続力と機能的にも優秀なお気に入りアイテムなのでした。


製品データ

2010年廃盤
2012年8月~9月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売
2014年5月・7月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £2-30

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、香料、コカミドDEA、
       ヴァイオレットリーフアブソルート、ローズアブソルート、ジャスミンアブソルート、イランイラン油、
       ベルガモット油、クローブ蕾油、オイゲノール、リモネン、リナロール、緑色グリッター、色素18050、
       色素61585

同じ香りのLUSH製品 サイケデリックの世界、 Bathos Forum Fragrance

似た香りのLUSH製品 紫式部の神秘、 ハッピーのおまじない、 The Moon On A Stick、
                          セクシャルバイオレットNo.14・ダンディー、 TUCA TUCA パフューム、 V Fragrance

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Creamy Candy Bubble Bar・Creamy Candy Bath (キャンディバス)

Creamy Candy Bubble Bar・Creamy Candy Bath (キャンディバス)

砂糖菓子の花がデコられていて、まるでピンクのアイシングがかかったプティフールみたいなルックス。
カカオ脂やアーモンド油が配合されている保湿成分たっぷりのバブルバー。
以前はカカオ脂は練りこまれていたのだけれど、2009年から粒状で混ざっている状態に。
気温が高いとカカオ脂粒が溶けて穴あき状態になってしまうので、保存に要注意です。

そのままの香りは、イチゴ味のバブルガム? イチゴ味のカキ氷シロップにゴムっぽさを加えたような香り。
個人的にはちょっぴり人工的すぎるかな?

お湯をためる蛇口の下に1/2個を指でほぐしながら投入、大きくお湯をかき混ぜると、
ふわふわもっちりの、弾力性があるのになめらかな泡がたっぷりたちました。
泡の隙間にみえるお湯の色はバブルバーのピンクいろに反してくすんだグレーに。
しっかりした泡で、入浴終了まで半分以上残りました。

人工的なイチゴガムの香りは泡立てたあと若干弱まって、かわりに甘いクリームっぽい香りも感じられるように。
ガムっぽい香り要素が苦手なので、個人的には泡立てたあとの香りのほうが好き。

このバブルバーのいちおしポイントは保湿効果。
保湿成分配合されているだけあって、かすかなとろみも感じるするするしたお湯あたり。
お風呂あがりのおハダもしっとりすべすべと潤って、保湿がいらないほど。

次の日のお昼ごろまで甘い人工的なイチゴの香りがしっかり残ったし、
この香りがお好みならば、泡持ち・香り持ち・温浴・保湿効果と長所が多いアイテムでした。


製品データ

価格 £2-15

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、カカオ脂、ラウリルベタイン、ラウレス4、香料、アーモンド油、
       コカミドDEA、ヴァニラアブソルート、色素18050、花型砂糖菓子

同じ香りのLUSH製品 ロックスター、 Sweet Sixteen Soap、 キャンディスティック、 キャンディマウンテン、
                          キャンディマウンテンⅡ、 キャンディマウンテン バブルバー、 バニーバブル、
                          Creamy Candy Bath Melt、 クロース トゥー ユー、 Creamy Candy Lotion、
                          Creamy Candy Forum Fragrance

似た香りのLUSH製品 フェアリーキャンディ、 チューリップグロス

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Flosty Gritter (ピンキーバブル)

Flosty Gritter (ピンキーバブル)

パープルがかったピンクいろのバブルバー。 
名前のとおり、濃いピンクいろの細かいグリッターがまぶしてあります。

英語名もやはり見た目にならって、"Flosty Gritter"。 
と、英語に馴染みのあるかたなら、?と思ってしまうのではないでしょうか?
そう、グリッターのスペリングは本来ならば、"Glitter"が正解。
ちなみに"Flosty"も本来は"Frosty"("霜のようにキラキラ輝く"という意味)が正しい。
LとRがあべこべになっているんです。
なんでもUK LUSHの日本人開発スタッフ、Norikoさんがグリッターの保存容器のラベルにミススペルしたのが
ばかウケしてこの名前になったそう。
(英語圏では日本人はLとRの発音ができないのが有名で、"ウルル"なんかもネタにされていたりします。)


お湯を溜める蛇口の下に1/2個を指で崩しながら投入。 両手で大きくかき混ぜるとふわふわサクサクな泡。
泡のすきまにバブルバー自体よりも淡いくすんだピンクがかったパープルのお湯が見えるキュートな湯船に。
ただ、謳い文句のグリッターはほとんど見つけられません。(でも個人的にはそのほうが好都合だったり。)

香りはコンディショナーの"アメリカン・クリーム"と同じ香りだそうで、
説明によると"苺オレンジのヴァニラミルクシェイク"とのことだけれども、
個人的にはヴァニラ+人工的なムスクの香りというかんじ。
甘さのなかに重いパウダリーな香りが寄り添うセクシーな香りです。


泡持ちがよく、入浴を終えるまで泡が消えることがありませんでした。

入浴後の香りは、なぜか"ヴァニラ+人工的なムスク"の基本の香りに、
それまで感じられなかった苺っぽい香りが残りました。
同じ香りのほかのアイテムでは感じられたことがなかったのに不思議。
バブルバーのわりには香り持ちがよく、次の日の昼頃までかすかに重甘い香りが残りました。

最後までグリッターの存在がはっきり確認できなかったのだけれど、
お湯を流したあとのバスタブの底に、グリッターが沢山沈んでいたので、名前負けでない量は入っていたよう。
(なので、お掃除は念入りにしないといけません。)
製品説明に反して、カラダにはぜんぜん付かなかったので、グリッターを入れる意味がなかったような・・・。


ふわサクの泡とパープルピンクの湯船はキュートだし、香りの持ちも良し。
グリッターの効用を期待しなければ"アメリカン・クリーム"の香りのファンのかたにお勧めのバブルバーでした。


製品データ

2010年廃盤

価格 £3-10

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、香料、コミカドDEA、ヴァニラアブソルート、
       クラリセージ油、ラベンダー油、安息香エキス、リナロール、色素45410、色素17200、
       ピンク色グリッター

同じ香りのLUSH製品 トウィンクル、 トウィンクルトウィンクル、 I Am 10、 American Pie Jelly、 月の粉、
                          “アメリカン・クリーム” ボディローション、 Whippy Cream
                          Wesley's Breast Cream・Breast Cream・Boob Tube Breast Cream・
                           Bosam Buddy DD Cup Breast Cream、 アメリカン・クリーム、
                          アメリカン・クリーム フレグランス、 アメリカン・クリーム ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 カレには内緒で、 スーパースター、 ハッピーバースデー バブルバー

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Green Day (葉っぱちゃん)

Green Day (葉っぱちゃん)

涙型にも葉っぱ型にも見えるうす緑いろのバブルバーにダークグリーンの星がデザインしてある。

そのままの香りは、ミントっぽい爽快さも含む清清しいグリーンの香り。 落ち着けるウッディな香りも感じられる。


お湯を溜める蛇口の下に1/2個を指で崩しながら投入して、両手で大きくかき混ぜるとふわふわのなめらかな泡。
泡の隙間にはくすんだうす緑いろの湯船。

香りは泡立てる時に"土の香り"が香り立ち、その後は固形の時の香りに落ち付きました。
高揚感すらもあるグリーン系の香り。シトラスっぽさも感じられる。
反して根底に落ち着けるウッディな香り。お香のような香りも感じられて、まさにリラックスできる香りでした。


温浴効果がかなりあり、入浴中に火照ってしまうほど。 もちろん入浴後も温まった感覚が長時間残りました。

香りもちもよく、次の日の朝まで、清清しいグリーンの香りがしっかり残りました


高揚感があるのに、リラックス効果のある香り、温浴効果、香りの持続力。 総合点の高いアイテムでした。


製品データ

2009年廃盤
2012年3月~4月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売
2014年9月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £2-50

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、香料、コミカドDEA、パチュリー油、
       シダーウッド油、オリバナム油、クラリセージ油、リモネン、リナロール、クチナシエキス、クロロフィリン

同じ香りのLUSH製品 葉っぱちゃんのクリスマス

似た香りのLUSH製品 大地のリズム

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Hot Milk? (ほっとひといき?)

Hot Milk? (ほっとひといき?)

淡いオレンジいろのシンプルなバブルバー。

おやすみ前のホットミルクをイメージした香りだそうだけれど、
個人的にはシトラスフローラルをミルクっぽいまったりした甘みで包み込んだような香り。
例えるならばゴーツミルクせっけんとかにあるような、清楚なのだけれど、まったり落ち着ける香りです。 


お湯を溜める蛇口の下に1/2個を指で崩しながら投入して
両手で大きくかき混ぜると泡立ちは薄めだけれど、もちもちふわふわのなめらかなやわらかい泡。

お湯のいろはかすかに白っぽく濁っただけ。  

崩すときにシトラスっぽい香りが際立っただけで、
泡立てたあとは使用前の清楚なせっけんの香りに落ち着きました。

香りの強さは一貫して控えめで、ほのかな香り立ち。 香りが弱すぎと感じるかたもいるかも。

泡持ちも弱めで、なめらかでやわらかくコシのない泡のせいか入浴中に泡のほとんどが消えてしまいます。

香り、お湯いろ、泡持ちとほぼ全てにおいて控えめなバブルバーなのだけれど、特出しているのが保湿効果。
お湯に入ったとたん、おハダがつるりとなめらかな油分に包まれたのを実感できました。


お風呂あがりのおハダはしっとりなめらかつるつる。 かすかに残る清楚な香りも癒される。


いまひとつインパクトに欠けるバブルバーだったのだけれど、
おハダの効用・なめらかな泡・淡い清楚な香りに癒されたので、
強い香りを使えないくらい疲れたとき用にまた使ってみたい。と思いました。


製品データ

2009年廃盤
2012年2月~5月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売
2015年1月・3月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格 £2-00

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、ココナツミルクパウダー、コカミドDEA、
       オレンジ油、パチュリー油、リモネン、リナロール、サリチル酸ベンジル、ヒドロキシシトロネラール、
       ゲラニオール、シトロネロール、香料、クチナシエキス、色素18050

同じ香りのLUSH製品 ミルキーバー、 マリンに恋して 

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR