Sakura Solid Perfume (さくら ソリッドパフューム)

Sakura Solid Perfume (さくらソリッドパフューム)

定番バスボム、"桜日記"の香りのソリッドパフューム。

そのまま試すと、"桜日記"の香りに加えて、基材臭なのかな?
こうばしいというのか、"焦げっぽい"香り(カカオ脂由来と予想。)と
なにかゴムのような香り、しょっぱい香りも感じられる。

白いバーム状で、かなり硬いテクスチュア。 そのまま指にとろうとしても、ほとんどとることが出来ません。
しかたがないので、爪の上辺に5~6回削りとって手首に2cm丸大に延ばし、
さらにもう片方の手首に同じように馴染ませて香りを試してみました。
(ちなみに平熱が35.2度の低体温の管理人が試しています。)


つけてから10分くらいで体温で温まってくるのか、"桜日記"そのものの香りよりも、
香り成分のジャスミン・ミモザ・レモン・オレンジ花の香りがそれぞれバラバラに次々主張してくる。
花の香りのえぐみが強く出た香りで、正直苦手な香りだったのだけれど。

その後30分~1時間ほどすると、香りが馴染んで、"桜日記"とはまた違うイメージの香りに。

淡い沈丁花の香りというか、せっけんっぽい清楚な、イヤミのない香り。
つけたての香りのエグさ・キツさはまったくありません。
つけたての香りがキツ過ぎてダメだったかたもメゲずに1時間だけ待って欲しいくらい。
個人的には"桜日記"よりも好きな香りでした。

ただ、香り立ちは淡く、半径30cmに香る程度。 広範囲に主張する香りではありません。

香りがとぶのも早めで、3時間ほどで
つけた部分に鼻を近づけない限り感じられない程度に香りが弱まってしまいます。

その後3時間ほどで(つけてから6時間)で完全に香りが消えてしまいました。


トップノートが落ち着いてからの清楚なフローラルな香り。 おとなしめの香り立ち。
自分の為だけにひっそりと纏う香り。というような奥ゆかしい香りでした。


製品データ

2008年10月発売~2010年廃盤

価格 £4-95

重量 10g

成分 モクロウ、香料、フェアトレードの有機カカオ脂、カルナウバロウ、レモン油、ミモザアブソルート、
       有機ホホバ油、オレンジ花アブソルート、ジャスミンアブソルート、シトラール、ゲラニオール、リモネン、
       リナロール

同じ香りのLUSH製品 桜小道のポピンズ、 10周年アニバーサリーソープ、 桜日記、 咲くらフラワー、
                          リトル桜日記、 ソルティロック、 のりのりシーサイド、 Sakura Forum Fragrance

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ
スポンサーサイト

テーマ : 香水
ジャンル : ファッション・ブランド

Angel's Delight (天上のオーケストラ)

Angel's Delight (天上のオーケストラ)

2001年から毎年発売しているLUSHのクリスマスの定番中の定番アイテム。

キャンディピンクのせっけんには様々ないろのモザイクせっけんと金いろのお月様せっけんが埋め込まれ、
さらに様々な種類のラメでデコられていて、フェスティバル気分を盛り上げる華やかなルックス。

香りのほうはジェリービーンズをイメージした香りだそう。

せっけん自体の香りは作りたてのものと製造されてから時間がたったものとかなり違いがあって、
作りたてのものはグレープフルーツソーダ?ミックスフルーツのガム?
人工的なえぐみはあるものの、さわやかな酸味のある高揚感のある香り。

時間がたったものは、上記の香りが抜けてしまうのか、スイカのグミみたいな
酸味が少ないフルーツシロップ(個人的には日本のかき氷のメロンシロップも思わせる)といった香りです。
個人的にはどちらも好きな香り。


ナイロンタオルにとるとつるつると溶けて、やわらかでキメの細かいふわふわの泡がたちます。
すべりのいい泡で心地良く洗うことができました。
ただ泡持ちはあまりよくなく、せっけんを追加しないといけないので、100gで約10回使用可でした。


洗いたては、シトラス系のEOの効用なのか、おハダがキュッキュッっと引き締まったような感触で、
おハダが乾いたあとは、さっぱりすべすべに。

お風呂あがりの残り香は、作りたて・製造してから時間がたったもの両方とも
製造してから時間がたったせっけんそのものの、スイカグミ?フルーツシロップ?っぽい香りが朝まで残りました。


華やかなルックス・高揚感のある、人工的なのにイヤミでないお菓子系な香り・
引き締まったようなおハダの感触で、毎シーズンリピートしてしまうせっけんでした。


2010年Ver.を使用してみました。
今年からホールソープはカラフルモザイクせっけん入りのピンクのせっけんを
ベネチアンマスクをイメージした三日月せっけんが額縁状に縁どるデザインに。
カラフルな部分が均一になるよう工夫されている。
香りは今年からカシスの香りの人工香料が+されているそう。
イヤな香りではないけれど、ありふれた香りになってしまった感があって正直残念。
とはいえ、トップノートだけで、使用すると以前の香りとさほど違いはありませんでした。


2011年Ver.を使用してみました。
ホールソープのデザインは引き続き2010年Ver.と同じく。
香りは2009年以前の香りに戻りました。(ほっ。)


製品データ

'08年・'09年・'10年・'11年・'12年9月~ 
 '08年・'09年・'10年・'11年・'12年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-15

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ヒマワリ油、ココナツ油、ステアリン酸Na、ラウリル硫酸Na、水酸化ナトリウム、香料、
       酸化チタン、タンジェリン油、オレンジ油、塩化ナトリウム、クチナシエキス、リモネン、リナロール、
       色素色素18050、色素61585、銀色グリッター、金色グリッター、金粉、偏光性グリッター、
       金・銀・黒星型スパンコール

同じ香りのLUSH製品 Tennis Ball

似た香りのLUSH商品 ブラジル娘の唄、 Sweet Sixteen Ballistic、 Batty Cake

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Christmas Cake Slice (クリスマスケーキソープ)

Christmas Cake Slice (クリスマスケーキソープ)

店頭ではケーキひと切れを巨大化したかたちで販売していたせっけん。 
アイシングを模したクリームいろのトッピング、
半透明の茶色い部分には、まるでドレンチェリーやアンゼリカみたいにのせっけんが
モザイク状に混じりあっていてカラフルでかわいい。

ところが。

MOで届いたせっけんは全くカラフルではなくて、
それぞれ色がびみょうに違う茶色のせっけんがモザイクになっていました。
このせっけんはルックスに当たりハズレがあるようで、
本国のユーザーレビューでは、茶色の部分のみのせっけんが届いたユーザーたちの
辛口レヴューが炸裂していました。(笑)
たしかにプレゼント用にMOした人たちはHPの写真とのギャップにがっかりかも。

香りなのだけれど、思い浮かぶのが"甘栗の渋皮の香り"。 燻した木にほんのり甘みを加えたような香りです。
"ウィスキー樽の香り"、"ワックスをかけた木の床の香り"。なども思い浮かぶかも。
本国の商品説明では"スモーキーなベチバーの香り"とのことで当たらずも遠からずといったかんじ。
名前の"ケーキ"からイメージできる香りとは程遠い香りではあるけれど、
落ち着けるウッディな香りが個人的に好みでした。


ナイロンタオルにとって泡立てると、するすると溶けて、ふわふわのなめらかな茶色がかった泡が立ちます。
コクはないけれど、持ちのいい泡で、溶け具合に反して減りは少ないかも。 
(100gで約10回使用できました。)
ただ、使用するにつれて、モザイク状のソープがバラバラ崩れてきて扱いにくいのが気になりました。

このせっけんのいちおしポイントは洗いあがり。 アロエの保湿成分のせいか、しっとり、つるつるの感触。

お風呂あがりの香りはほとんど残りませんでした。


香りは好みだし、効用はあるけれど、
フェスティバル時期のアイテムにしては、ちょっぴり地味すぎるかな。という感想でした。


製品データ

2008年10月~2009年1月 '08年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-95

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ヒマワリ油、ココナツ油、水酸化ナトリウム、ココアルキル硫酸Na、
       有機アロエベラエキス、アーモンド油、ベチバー油、シダーウッド油、塩化ナトリウム、シンナマル、
       リナロール、色素42090、クチナシエキス、色素14700、色素17200、酸化チタン

同じ香りのLUSH製品 クリスマスの食卓、 クリスマスのご褒美 

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Snowcake Soap (スノーケーキ)

Snowcake Soap (スノーケーキ)

2001年からクリスマスには毎年販売されている、LUSHのクリスマスにはかかせないせっけん。

シンプルな真っ白なせっけんだけれども、雪だるま型だったり、
テーマになっている国のケーキと同じデコレーションだったり、松ぼっくりやラメ、オーロラセロファンが
デコられていたりと、年度ごとにホールソープのカタチのマイナーチェンジが楽しみだったりする。

そのままの香りは杏仁豆腐のふわっとした香り、その奥に薔薇のもわっとした香り、
アーモンドの生臭いともいえる香り(実はこの香り個人的に好き)も感じられる、落ち着ける香り。


ナイロンタオルにとると、粘土かハードタイプのクリームチーズを思わせるように溶けて、
それを泡立てると、ふわふわもちもちの弾力性のあるキメの細かい泡がたっぷり立ちました。

滑りのいい泡で、快適に洗えるし、泡持ちもよいのでせっけんを追加するのも少なく済み、
100gで約13回使用できました。

洗いあがりはしっとりつるつる。

お風呂あがりはやわらかな甘い香りがかすかに短時間残りました。


香り・泡立ち・泡持ち・洗いあがり、すべてにおいて高得点。
カットしたルックスは地味だけれど、クリスマスの定番になるのも頷ける、実力のあるせっけんでした。


製品データ

'08年・'09年・'10年・'11年・'12年・'13年・'14年10月~・'15年1月
 '08・'09・'10・'11・'12・'13・'14年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-50

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ヒマワリ油、ココナツ油、香料、ステアリン酸Na、ココアルキル硫酸Na、過酸化ソーダ、
       酸化チタン、安息香エキス、ローズアブソルート、カシーアブソルート、塩化ナトリウム、安息香酸ベンジル

同じ香りのLUSH製品 Big Ed Yuletide Soap、 Donner and Blitzen Soap、 スーパーラッシュプリン、
                          ラッシュプリン、 リトルラッシュプリン、 スノーフェスティバル、 マジパン、 Batty Cake、
                          スノーエンジェル、 メルティング雪だるま (2011)、 スノーケーキ シャワージェル、
                          ハンドシェイク、 スノー オン スノー ダスティングパウダー、 スノーケーキ フレグランス

似た香りのLUSH製品 チグリス川の恵み、 ミルコ、 洗隊レンジャー きいろ、 ダークシルク、 Cyanide

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : ボディケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Chocolate Santa (チョコレートサンタ)

Chocolate Santa (チョコレートサンタ)

コロンとしたメタボなかたちがカワイイ、だるまさんみたいなお顔立ちのサンタさん。 
後ろにはちゃんとプレゼントをしょっています。

そのままの香りは美味しそうなヴァニラの香りがメイン+おしろいっぽいフローラルな香りで、
"ぴんく" の香りに通じるものがあるかも。 
名前に付いているチョコレートの香りは意外と強くなく、上品な香り。


お湯をためたバスタブに投入してみると、しゅわっと一瞬だけ勢いよく発泡してから沈んで、
泡を出しながら溶けていきます。

お湯の色はパウダリーに濁った薄い茶色。 どぎつくなく、やさしい色合いです。

溶けたあとはヴァニラの香りが控えめになって、フローラルな香りがより感じられます。
そこにココアのコクのある香りが控えめに加えられたかんじ。
チョコレートの香りを期待していると、ハズされてしまうかも。 
個人的にはどぎついチョコの香りよりもこちらの香りのほうが好みだったりします。

このバスボムのイチオシポイントはお湯あたり。 
するするなめらかな感触で、おハダにやさしそうなところがとても癒されます。


お風呂あがりはヴァニラとチョコの香りが控えめに、でも長時間残りました。


香り、お湯のいろともに地味めでアピール度は低いけれど、効能はしっかりあるバスボム。
個人的には今年度に新発売のクリスマス限定のバスボムのなかでいちばんのお気に入りでした。


製品データ

2008年10月~2009年1月 '08年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-25 

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、ヴァニラアブソルート、ミモザアブソルート、ココアアブソルート、
       アロエベラエキス、PG、ヒドロキシシトロネラール、クマリン、シンナマル

同じ香りのLUSH製品 ちょこっとバニー、 Choccy Egg

似た香りのLUSH商品 ぴんく

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Christmas Party Bath Bomb (踊りあかそう)

Christmas Party Bath Bomb (踊りあかそう)

2003年から毎年クリスマスアイテムとして発売している、クリスマスの定番バスボム。

色とりどりのカラフルな星型コンフェッティが表面にあしらわれていて可愛い。
初登場の年は真っ白だったけれど、翌年以降オレンジ色にカラーチェンジしていた記憶があります。

パーティに欠かせないシャンパンカクテル、バックス・フィズをイメージした香りなのだそう。
シャンパンカクテルなんて飲みなれていない私が思い浮かんだのは、オレンジソーダの香り。
明るい気分にさせてくれる高揚感のある香りです。


お湯を溜めたバスタブのなかに投入すると、まるで栓を抜いたシャンパンみたいに力強く発泡します。
それからオーロラ色のセロファンのかけらと小さな赤いお星サマが泡の中をひらひら舞って、
いやがおうにもフェスティバル気分を盛りアゲる。

ただ、景観が美しいのは、発泡している最中だけ。 
溶けきったあとは、赤いお星サマはいいとして、
オーロラ色のセロファンは魚のウロコみたいに見えてちょっぴり萎え。

かすかにとろみのあるお湯の色はかすかにくすんだ淡いオレンジいろ。 
初登場時のVer.を知っている私としては、
オレンジよりも、Ver.の透明なお湯いろのほうが具が映えて好きかも。

このオーロラ色のセロファン、かなり苦手な具。 おハダにくっつくとかゆくてかゆくてしょうがない。
関節を曲げたところに集中的に張りついて、そこに湿疹ができてしまった経験ありなので、
使用時には具対策(ストッキングに入れて・てるてるぼうずみたいにガーゼに包んで投入)するのは必須です。

香りはバスボムそのものの、オレンジソーダな香り。
溶ける最中がいちばん香りたって、
具の飛び出しかたといい、これ以上ないくらいアゲ気分にさせてくれるのだけれど、
溶けきると一気に香りがとんでしまうのが少々残念。 
あの高揚感のある香りが長持ちしてくれたら言うことナシなのだけれど。
(というか、以前はもっと香りが長持ちしたような気がしたので、ハズレを引いてしまったのかも。)


香り自体は文句ナシの素敵な香りなので、香りの持続力と具を、もうちょっと考えてほしいバスボムでした。


2009年Ver.を使用してみました。
今年はオーロラセロファンがなくなったようで、具は小さな赤いお星サマオンリー。
オーロラセロファンが苦手な私は快適に入浴することができました。
難を言えば、残された具・赤いお星サマが年々しょぼくなっているような気が。
以前は赤い色がしっかり付いたお星サマで、入浴後に残った星をネイルに再利用していたのだけれど、
近年のお星サマは色褪せてしまっているのばかりで、とても使えそうにありません。
香りのほうも、やはり持続力があまりなく、来年Ver.に期待しています。


製品データ

2008年・2009年10月~2010年2月 '08年・'09年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-60 

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、オレンジ油、コニャック油、ライム油、赤星型スパンコール、
       オーロラセロファン、カラフル星型コンフェッティ、クチナシエキス、リモネン、リナロール、色素18050
(2009年Ver.は成分にオーロラセロファンが含まれていません)

同じ香りのLUSH製品 Celebrate FUN、 黄金のセレブレイト、 歓喜のファンファーレ、 ブライダルブーケ、
                          リトル歓喜のファンファーレ、 セレブレイト シャワージェル、
                          スノー シャワージェリー・シャンパンスノー シャワージェリー、
                          LUSHセレブレイト ボディローション・セレブレイト ボディローション・CELEBRATE、
                          ファースト スノー、 セレブレイト リップカラー、 セレブレイト フレグランス、
                          スノー ソリッドパフューム・シャンパンスノー ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 オーロラツアー、 おとぎの国のサンタ

リンク
@cosmeでのクチコミページ
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Jingle Spells (鈴の音)

Jingle Spells (鈴の音)

2001年から毎年クリスマスアイテムとして登場している、いわばクリスマス定番のバスボム。
だいたいは青紫紫いろだけれども、Ver.だった年もあったと記憶しています。 
表面に埋め込まれているの星がカワイイ。 


そのままの香りはLUSHのお店の香りにかなり近い。 
ジュニパーのすぅっとした香り、タンジェリンの甘酸っぱい香り、
黒糖のような香ばしい甘さ(たぶんフェンネルの香り)など、いろいろな香りの要素がミックスされていて、
香りのカテゴライズがむずかしいかも。


お湯をためたバスタブに投入すると、バスボムの色のせいか紫いろの泡と
スパンコールの星を浮かばせながら、しゅわしゅわ溶けていきます。
溶けきったあとは深みのある透明なインディゴブルーに星のスパンコールがチラチラ輝くお風呂に。
星型のスパンコールは沈むのがほとんどなので、ときどき湯船をかき混ぜて、星を浮かび上がらせながら、
夜空風のお風呂を楽しみました。

溶けたあとは、それぞれの香りがまとまって、さらにやさしくなったかんじ。
LUSHの通常のバスボムに慣れているかたは香りが少々弱いと感じるかもしれません。

このバスボムはオイルの含有量が多いのか、表面に油分が薄く浮かび、とろみのある湯船になりました。

商品説明ではパーティ後の二日酔いに効くと謳われていたのだけれど、
使われているジュニパーベリーとフェンネルは、私にとって消化器系が良くない時・むくみが気になる時に使うと
確実に効果があるエッセンシャルオイル。
このバスボムもエッセンシャルオイルには及ばないものの、たしかに体が軽くなったと実感しました。 


お風呂あがりの香りはやはり若干控えめ。

そういえばオイルのせいか、バスタブのフチに紫いろの油膜が張ってしまうかも。
(お掃除すれば取れるけれど、バスタブへの着色が気になるかたは要注意です。)
あと星のスパンコールもかなりの量がでてくるので、そちらが気になるかたはストッキングに等に入れて
使用をお勧めします。


製品データ

2008年・2009年10月~2010年1月 '08年・'09年クリスマス限定アイテムとして発売
2012年11月~12月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売

価格 £2-50 

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、ジュニパーベリー油、タンジェリン油、フェンネル油、イランイラン油、
       金・銀・黒星型スパンコール、リモネン、色素18050、色素61585

同じ香りのLUSH製品 ウィザード バブルバー

似た香りのLUSH商品 ホット・ジャバ、 ハレルヤ!シャワージェリー

リンク
@cosmeでのクチコミページ
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : デトックス-Detox
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Lush Pud (ラッシュプリン)

Lush Pud (ラッシュプリン)

イギリスのクリスマスディナーのシメはヒイラギが飾ってあるドライフルーツとスパイスたっぷりの蒸しケーキ、
"クリスマスプディング"がディフォルト。 
カタチも香りも"クリスマスプディング"を意識したバスボムだそう。
2001年から毎年クリスマス限定アイテムとして発売されている、おなじみのバスボム。

そのままの香りは、ふわりとした甘みのある杏仁豆腐の香りです。


バスタブのお湯に投入すると、シューッと軽く溶けていきます。

溶け始めると、杏仁豆腐の香りに混じってクローブの仁丹っぽいスパイシーな香りもかすかに。

配合されているスパイス粉末のせいなのだろうけれど、ここで若干注意。
ノドの弱い方は、溶かしている最中、なるべく顔を近づけないほうがいいかも。
風邪気味でノドが弱っていたときに使用したら咳が止まらなくなって大変でした。
(溶けきった後は咳も止まったし、風邪が治ってから使用したときは咳は出なかったので、
通常はそんなに心配しなくてOKだと思うのだけれど、一応参考までに。)

バスボムが溶けきったあとは、スパイスの粉末が混じった、かすかに濁った薄茶色の湯船に。

するするなめらかな感触のお湯あたりのなかに、これもスパイスのせいなのか心地良いピリピリ感が面白い。
しっとり感とピリピリ温まる感触でまさに冬向けのバスボムといったかんじ。

ただ、LUSH特有の香りの強さに慣れた私にとって、このバスボムは香りが弱すぎるかも。
お風呂あがりの残り香もほんとうにかすかにしかしないし、
好きな香りなだけに、もうちょっと強い香り立ち希望です。


入浴中、ピリピリ温まる感覚があったにもかかわらず、入浴後の温浴効果もいまひとつ感じられず。

スパイスの粉が浴槽に残って、お掃除が大変なのも個人的にはマイナスポイントでした。


いかにも"イギリスのクリスマス"といったルックスはカワイイのだけれど、
香り・お湯あたり等、いいかんじなのに、いまひとつなのが残念なバスボムでした。


製品データ

2008年10月~2009年1月 '08年クリスマス限定アイテムとして発売
2015年3月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格 £2-65 

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、アロエベラエキス、クローブ粉、レモンピール粉、カッシー油、ベンゾインエキス、
       ローズ油、PG、安息香酸ベンジル、香料、ヒイラギ型キャンディ

同じ香りのLUSH製品 スノーケーキ、 Big Ed Yuletide Soap、 Donner and Blitzen Soap、
                          スーパーラッシュプリン、 リトルラッシュプリン、 スノーフェスティバル、 マジパン、
                          Batty Cake、 スノーエンジェル、 メルティング雪だるま (2011)、
                          
スノーケーキ シャワージェル、 ハンドシェイク、
                          スノー オン スノー ダスティングパウダー、 スノーケーキ フレグランス

リンク
@cosmeでのクチコミページ
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : ボディケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Magic Bath Bomb (THE マジックショー)

Magic Bath Bomb (THE マジックショー)

色あざやかなターコイズブルー
ダイヤモンドカットを思わせる六角形の面がパズルのように組み合わさった、今までにない形。

そのまま試した香りは、甘みがありながら澄んだハーブの香り(マジョラムの香りが強いかも)。


このバスボムは日本名のとおり、湯船に投入後、びっくりなギミックが隠されているアイテムなので
ネタバレOKのかたのみスクロールしてくださいね。





バスタブのなかに投入すると、バスボムの色そのままのターコイズブルーにお湯を染めながら溶けていきます。

カタチのせいなのか、浮かばずにバスタブの底に沈んで、ゆっくり、ひかえめな発泡。 

溶け始めると、溶かす前のハーブの香りに、生レモン汁をたっぷり加えたような香りも立ち上ってきます。 

色もあいまって、青いソーダのお風呂に浸かっているみたいな気分。

と、ターコイズブルーの湯船に、これまたあざやかなバイオレットのいろが
煙のようにもくもく浮かびあがってききます。

いったいどんな仕掛けになっているのかな??とバスボムを引き上げて、タネあかしすると。
ターコイズブルーネオンピンクのバスボムが半分づつくっついていて、
それをさらにターコイズブルーのバスボムでコーティング。という構造のよう。
ターコイズブルーネオンピンクバイオレットになるという、
幼稚園の頃にやった"色水あそび"みたいな、意外と単純な仕掛けでした。

バイオレットのいろが浮かびあがると同時に、香りにも変化が。
マジョラム+生レモン汁のハーブ+酸っぱい香りに、ぱりっとしたハーブの香り(たぶんバジル)が加わります。

このバジルの香り、製品によっては強く香り過ぎで、ハズレの製品に当たってしまうとツライかも。

2個購入したうちの初めに使った1個めがどうもハズレ(というか失敗作??)だったようで、
ヘタすると"コレってワキガですかっ?"みたいな、なんともいえないスパイシーなハーブの香りになってしまって
がっかりしたのだけれど、2個目を使ったら、マジョラム+生レモン汁にバジルが控えめにクリスプさを添えて、
普通にいい香りのハーモニーになったという・・・。
成功作は普通に素敵な香りなので、製品の安定化を切に希望します・・・。

バスボムが溶けきると、小指の爪ほどの大きさのパセリの葉先がひとひら。 
枯れて茶色く変色していたし、この小ささだと見逃してしまうかたもいるかも。
そういえば、UK Ver.は日本でいうところの"イタリアンパセリ"でした

これでもか。というギミックのあと、最終的に澄んだインディゴブルーの湯船に。
まるで夜空のような、ダークで神秘的な色味が素敵。


盛りだくさんのギミックといい、不思議な湯船のいろといい、お楽しみが多いバスボム。
澄んだハーブ+シトラスの、しゃきっとするようで落ち着ける意外性のある香りも好みだったので、
ハズレを引かないようドキドキしながらリピートしようと思います。


製品データ

2008年10月~2009年1月 '08年クリスマス限定アイテムとして発売
2009年・2010年10月~2011年1月 '09年・'10年CHRISTMAS RETROシリーズとして限定発売
2010年4月 店舗スペシャルアイテムとして限定発売
2011年・2012年9月~10月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売

価格 £3-10 

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、マジョラム油、ローズアブソルート、バジル油、ペパーミント油、
       オイゲノール、ゲラニオール、安息香酸ベンジル、シトロネロール、リナロール、色素42045、
       色素18050、生パセリ枝

同じ香りのLUSH製品 マジックエッグ、 Awsome Sauce、 Magic Shower Jelly

似た香りのLUSH製品 アルプスの少女、 北極探検隊、 春の散歩道、 マカロンバブルバー ローズジャム、
                          ロココバランス シャワージェル、 おまじない、 フラワーズバロウ パフューム

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Mr. Butterball (紳士なスノーマン)

Mr. Butterball (紳士なスノーマン)

定番中の定番、"バターボール" がクリスマス限定で雪だるま型に。

ちなみに2003年~2006年まではもうちょっと丸いカタチの雪だるま型で、
日本名は"ミスターバターボール"として、
2007年からは今のカタチに変わって"紳士なスノーマン"として毎年発売しています。
('07年Ver.は赤コショウ粒のボタンがついていた記憶。)

カタチが変わっただけなので、香り・お風呂での溶けかた・効用は"バターボール" とまったく同じ。

カタチも可愛いし、"バターボール" よりも重量も若干あり、
なおかつお値段のほうもここ毎年"バターボール" と同じか、
なぜか若干安価になっていてお得だったりするので、(セコくてごめんなさい。)
"バターボール" ファンのかたには文句なくお勧めします。


製品データ

2008年・2009年10月~2010年1月 '08年・'09年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £1-95 

重量 100g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、カカオ脂、合成ムスク、イランイラン油、香料

同じ香りのLUSH製品 スノーマン (2013)、 バイバイ!ブルーマン、 バターベア、
                          バターボール、 ミスターバターボール、 バターボール シャワージェル

似た香りのLUSH製品 だからハグして

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : ボディケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR