Space Girl (スペースガール)

Space Girl (スペースガール)

The Imagined VillageはSimon Emmerson氏を中心とした
フォークロックと多文化音楽の融合をめざす音楽プロジェクト。

ちなみにSimon Emmerson氏はLUSH SpaのトリートメントメニューでのBGMを担当。
LUSH Spaでは音楽に合わせてマッサージを行うという、
音楽が重要な要素を持つトリートメントメニューが主流らしい。
(私自身は未体験なので新聞等のレヴューを参考にしています。)

そのThe Imagined Villageの2枚目のアルバム、"Empire and Love"からの1曲から
インスパイアされたバスボムだそう。


紫がかった薄青いろの小ぶりのバスボムは、横からみると土星のカタチ。 
金色の砂絵の砂くらいの大きめ粒のラメがまぶしてあります。
ラメはバスボム自体には含まれていないので、キラキラ不要のかたは吹き飛ばしてしまえば
(屋外で実行推奨)、ある程度ラメを軽減できるのがいいかも。

そのままの香りはカシス味のラムネ菓子をイメージしているそうで、もうそのまんま。
日本のかただったら、あの緑いろのプラスティックスのビンに入ったラムネ菓子を
思い起こさせるような香り。LUSHの他のアイテムで、個人的にラムネ菓子の香りと思っているのは
"ボンボン"なのだけれど、"ボンボン"からシトラスっぽさを引いて、
ベリーっぽい甘さを足したような香りだと個人的に思いました。


バスタブのお湯に投入すると、浮かびながらシューッときめ細かい泡を出しながら溶けていきます。

パチパチキャンディ入りで音がするとのことだったけれど、特に実感はナシ。

溶けている最中は、お湯を白く曇らせているのだけれど、
溶けきるとバスボムそのもののの、透明な紫がかった薄青のお湯にラメがきらめく湯船に。
可愛いけれど、意外とインパクトは低かったです。

お湯表面に薄くオイル分がはりPGを含むわりには、さっぱりしたお湯あたり。

香りのほうは、投入前と変わらない、ラムネ菓子な香り。 
投入前~溶かしている最中~溶けたあとも、一貫して同じラムネ菓子な香りがしっかり香って、
香りが弱まることがありませんでした。
お風呂あがりの残り香も同じくで、朝までしっかり香りが残りました。


個人的にLUSHがアロマ系の香りから離れて
(深刻なポンド安におけるEOの仕入額高騰が原因らしい)、
人工的なお菓子系な香り中心になっていってしまうのを懸念しているのだけれど、
そういう懸念を振り払えば、万人ウケしそうな香りだし、香りの強さもじゅうぶんだし、
人工的だけれどさわやかな香り・さっぱり系の湯船と、暑い季節におススメのバスボムでした。


製品データ

2010年1月発売~2015年廃盤

価格 £1-85 

重量 125g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、グレープフルーツ油、ベルガモット油、アーモンド油、PG、
       色素15510、マルチカラーグリッター、ラムネ菓子、リモネン、リナロール

同じ香りのLUSH製品 スペースガール フラワーボム 
 
似た香りのLUSH製品 ホッピティ ポッピティ、 ボンボン

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

LUSH ラッシュ バスボム 入浴剤 Twitterで話題 ツイッターで話題 LUSHの宇宙の入浴剤 宇宙 星
ギャラクシー ラメ キラキラ カラフル
スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Happy Blooming Bath Melt (3つの桜んぼ)

Happy Blooming Bath Melt (3つの桜んぼ)


サーモンピンクの半月型のバスメルツには3等分するための切れ込みとさくらんぼがレリーフされている。
(UKでは店頭ではネイキッド販売なのでレリーフ部分が潰れてしまっているのが多くてちょっぴり残念。)
見た目はまるで色のどぎついイチゴチョコみたい。

香りは違ってチェリーと桜の花を意識した香りで、この香料ミックスは"Cherry Chops"と名付けられているそう。
ちなみに主な香り要素はチェリー・パッションフルーツ・イランイラン・安息香。

とはいえ、そのままの香りは、チェリーというよりは、
パッションフルーツ+原料臭なのかな?ホワイトチョコっぽい甘い香り。
フレッシュなチェリーの香りを期待するとハズされてしまうけれど、
フルーティな甘さと落ち着きのある香りで私は好き。


こちらのメルツは1/3個が1回分だそうで、包丁で切り分けて使用してみました。

お湯を溜める蛇口の下に1/3個を置いて、熱めのお湯を流して溶かしてみると、
お湯のあたった部分がまるで画材のポスターカラーのように、つるつる溶けていきます。
お湯表面には霧のように白い細かい薄い泡が浮かび、お湯のいろは淡い桜いろに。
しばらくすると霧のような泡は消えて、さらさらしたキメ細かい油分が表面を覆う湯船になりました。
(ちなみにこのメルツは溶けにくいので、お湯を溜めたなかに投入だと溶け残りがでてしまうので、要注意。
その場合は、マッサージバーの要領でカラダにすべらせながら溶かすのがおススメ。)

香りのほうは、溶かすまえのパッションフルーツの香りは消えてしまって、
アーモンドドラジェやプレーンなマシュマロを思い浮かばせる砂糖菓子のような香りに。
個人的にはこのもわっとした甘い香りは好みでした。

お湯あたりは、油分が浮いているわりにはしっとり。でもさらりとした不思議な感触。
たとえるならば、お風呂に牛乳を入れたかんじかな?


お風呂あがりのおハダの表面はオイル成分でカヴァーされているようなつるつるなめらかな感触。
でもベタつき感はなし。の絶妙な感触。
その後1時間ほどで、さらさらなめらかな感触に。

香りは砂糖菓子ふう+安息香の香りなのかな?重甘い香りが朝までしっかり残りました。

難をいえば、他のメルツと同じくバスタブに油膜と、お湯を抜くと白いカラミンパウダーが残ってしまうこと。
でもこのカラミンパウダーがサラサラ感の重要な要素なので許してしまいます。


個人的には1/3個使用で好みの保湿ぐあいだったのだけれど、試しに1/2個使用で入浴してみました。
結果は香り・色・保湿全てが量のぶんだけ倍増したかんじ。 

具体的には

香り>入浴中は1/3個使用時と同じ香りだけれどもさらに強く香り、
   お風呂あがりの残り香も同じ香りがさらに強く。

色>淡いサーモンピンク

保湿>お風呂あがりはおハダ表面がちょっぴりヌルーリとした感触。
   ("バターボール"の使用感が若干下がったかんじ。) でもおハダに馴染むとしっとりなめらか。 

だったので、1/3個使用で保湿が物足りないかたは、1/2個使用がいいかも。というかんじでした。


製品データ

2010年1月発売~2012年廃盤
2014年5月・9月・2015年1月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格 £3-60 

重量 65g

成分 カカオ脂、カラミンパウダー、PEG-6 カプリル酸/カプリン酸グリセリル、
       PEG-60 アーモンド脂肪酸グリセリル、パッションフラワー種子油、香料、乾燥サクランボ果実、
       生パッションフルーツ果汁、酸化チタン、イランイラン油、安息香エキス、色素14700

同じ香りのLUSH製品 3つの桜んぼ シャワージェリー

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Creme Anglaise (プリンセスの秘め事)

Creme Anglaise (プリンセスの秘め事)

前年惜しくも終業した姉妹ブランド"B"からの復活アイテム。
"Creme Anglaise"はフランス語で"英国風クリーム(日本で言うところの"カスタードクリーム")"
の意味。
MarkさんとSimonさんが"B"で展開するフレグランスを開発中、
インスピレーションを求めて訪れたパリで見つけたステキな香りのボディクリームに対抗して、
パリのスタイルに負けないように、さらにデカダンに、さらにゴージャスに
英国流・LUSH流に開発したのがこのボディクリームだそう。

保湿効果のあるアーモンドの抽出液を基材に、エクストラヴァージンココナツオイル、
カカオ・シアバターと栄養たっぷりのオイル成分、
おハダをすべすべにするアーモンドオイルを加えて作られたクリームに、
香りは保湿・沈静効果もあるヴァニラをメインに、
おハダを落ち着かせるミルラ、スウィートオレンジのミックス。
クリームの黄色は貴重なサフラン(血行を促進する効用もある)を抽出して色付け。と、
どれをとっても贅沢な成分で作られていて、
LUSH史上最高級のボディクリームと謳われているのも納得だったりします。


ボディクリームというカテゴリーのわりには、ローションと同じくらい水っぽい軽いテクスチュア。
作りたてはサフラン由来の黄色で、製造してからしばらくしたものは淡いピンクベージュ
退色してしまうけれども、天然着色料の証拠というかんじで個人的には安心感がある。

香りのほうは、甘みのあるヴァニラをメインに、カカオのコクのある香りと
スウィートオレンジの高揚感のある香り、ミルラのかすかな苦みのある香りが感じられます。


お風呂あがりのおハダに使用してみました。

水っぽいローション状のクリームを薄くおハダに伸ばすと、塗布したそばからぴったりと馴染んで、
すぐ潤い、しっとりふわっとしたおハダに。 この肌馴染みはすごいかも。
量さえ付け過ぎなければ、油分がおハダに浮くこともまったくナシ。
量を多く付けすぎて油浮きしてしまっても、摺りこんでいるうちにすぐに馴染んでしまいます。

潤いをすぐ実感できることもあって、使用量は首から下全身を小さじ1杯強と、
通常のボディローションに比べて少量ですみました。

香りのほうは、塗布すると、
ボディクリームそのものの香りよりもカカオ?ミルラ?のほろ苦さとコクが際立ち、
ヴァニラとスウィートオレンジの甘みと、あとブランデーみたいなアルコールの高揚感も感じられる、
グルマン系だけれども、オトナっぽい香りに。
スウィーツに例えるならば、""グラン・マルニエ"入りのチョコトリュフ"の香りを淡く淡くしたような、
高級感のある美味しそうな香り。

その香りがしっかり香り、
翌日のお昼ごろ(関節のぶぶんなど多めに塗布した箇所は翌日の夕方)まで残りました。


とにかく肌馴染みの良さに感動。
肌馴染みの良さ、油浮きもないし、香りの強ささえ許される環境ならばハンドクリームとして
かなり優秀なアイテムだと思いました。


製品データ

2010年1月発売~2012年廃盤
2015年2月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格 £25

重量 240g (写真はギフトセット用95gサイズ)

成分 アーモンド抽出液、サフラン抽出液、エクストラヴァージンココナツ油、カカオ脂、シア脂、
       グリセリン、ステアリン酸、アーモンド油、ヴァニラアブソルート、ミルラ樹脂、
       スウィートオレンジ油、トリエタノールアミン、香料、ステアリン酸Na、
       セテアリルアルコール、サリチル酸ベンジル、クマリン、オイゲノール、リモネン、リナロール、
       メチルパラベン、プロピルパラベン

同じ香りのLUSH製品 ゴールドリングのメッセージ、 ポット オーゴールド、 泥んこキューブ

似た香りのLUSH製品 ランディバター、 バブルグラブ、 バターボール シャワージェル

リンク
@cosmeでのクチコミページ

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Love Soap (2010) (ラブソープ (2017))

Love Soap (2010)

前年度に引き続き、今年も発売されたバレンタイン限定アイテム、
ラメががっつりトッピングされた真紅のハート型せっけん。

前年度Ver.は"B"のフレグランス"LOVE"の香りだったけれど、
今年Ver.は人気の定番バスボム"セクシー・ダイナマイト"の香り。 (日本では今年も引き続き"LOVE"の香り。)
とはいえ、同じ香りではあるのだけれど、バスボムにあるクラリセージのスモーキーな香りが
若干控えめになっている印象を受けました。 香り自体は強いのにバスボムよりもまろやかな香り立ちです。


濡らしてナイロンタオルに摺りつけるとつるつると溶け、
泡立てると、キメ細かい泡がギュッと詰まった密度の濃いホイップクリームみたいなコシとトロミのある泡。
肌滑りよくヘタりにくく、せっけんを追加するのも少なく洗いきることができました。

洗いあがりはしっとりすべすべ。 おハダの色が0.5トーンくらい白くなって、ちょっぴりウレシい。

香りのほうは、洗っている最中~お風呂あがりまで、まろやかめの"セクシー・ダイナマイト"の香りががっつり香り、
その後だんだん淡い香りになるものの、翌日のお昼ごろまで残りました。

溶けにくいし泡持ちがよかったせいか、75gで12回使用できました。
同じサイズの前年度Ver.は8回で使い切ってしまったので、この差にびっくり。


セクシーでいてまろやかな香り・香りの残り具合・泡の質・泡持ち・洗いあがりのおハダの状態と、
満点に近いせっけんだったのだけれど、やっぱり飾りの大量のラメは減点対象。
がっつりトッピングされているので、初回使用~3回目使用時までラメ入りの泡で洗うはめに。
とはいえ、泡の質がよかったせいか、おハダには特にトラブルにはならなかったのだけれど、
3回目使用時にラメが消えるまではバスルームの床がラメだらけになって、お掃除が大変。
真っ赤なハートであるだけでも、じゅうぶんキュートだしラメはやっぱりいらないなぁという感想でした。


製品データ

2010年1月~2月 '10年バレンタイン限定アイテムとして発売

価格 £2-50

重量 75g

成分 水、PG、菜種油、ヒマワリ油、ココナツ油、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Na、水酸化ナトリウム、香料、
       ジャスミンアブソルート、クラリセージ油、イランイラン油、合成ムスク、塩化ナトリウム、
       サリチル酸ベンジル、リモネン、リナロール、色素14700、クリムゾン色グリッター

同じ香りのLUSH製品 セクシーセクシーダイナマイト、 セクシー・ダイナマイト、
                          ミスターセクシーナイト、 リトルセクシー・ダイナマイト、 サンタベイビー、
                          チューリップ娘 (2014)、 気ままなセクシー、 バダビンバダブン、
                          ハートのエース、 Sex Bomb Forum Fragrance

似た香りのLUSH製品 チェルシーガーデン、 ラブロケット

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

The Ex Factor (バイバイ!ブルーマン)

The Ex Factor (バイバイ!ブルーマン)

日本でも知られているイギリスのオーディション番組"X Factor"。 
"特別なものを持っている人"というイミだけれど、
"X"が"Ex"になると"過去の恋人"というイミのスラングになるんです。
そう、この人型のバスボムはイコール"過去の恋人"。
"想いを残した過去の恋人なんて、風呂に沈めて溶かしてしまえ~"というコンセプトらしい。

ちなみに今年はサイトに"ヴァレンタイン無縁コーナー"が出現、
愛を失くしてドロドロしてるLushieさんのために
このバスボムやトゲトゲしいネーミングのアイテムを集めて紹介していて笑えます。

ちなみにこのバスボムもトゲトゲしたココロをなごませる甘やかな"バターボール" の香り。

バスタブのお湯の中に人型のバスボムを沈めると、
シューッと人型の細かい泡を出しながら浮かびながら溶けていきます。

溶けきると、爽やかなターコイズブルーの透明な湯船に。

香りは溶けている最中~入浴中は"バターボール" と同じく、クリームのようなおだやかな甘い香り。
ただこちらはカカオ脂抜きのせいか、"バターボール" よりも
香りのコクみたいなものはありませんでした。

(何個かリピしたのだけれど、1個だけ溶ける最中だけバスボムの基材っぽい、
えぐみのある香りがするものに当たってしまったので、そこだけは減点対象)

お湯のほうもPG入りのせいか、若干するするなめらかさを感じたけれど
とろみと言えるほどでもなく、さっぱりした湯ごこち。

温浴効果も特に感じず、"バターボール" の香りが好きだけれど、
油分たっぷりの湯船が苦手というかたにお勧めのバスボムでした。

個人的には"バターボール" を冬季限定で使用しているので、
夏に"バターボール" の香りが懐かしくなった時用にストックしようと思いました。


製品データ

2010年・2011年1月~4月 '10年・'11年バレンタイン限定アイテムとして発売

価格 £1-95 

重量 120g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、合成ムスク、イランイラン油、水、PG、香料、色素42090、
       色素14700、色素17200、色素45410

同じ香りのLUSH製品 紳士なスノーマン、 スノーマン (2013)、 バターベア、 バターボール、
                          ミスターバターボール、 バターボール シャワージェル

似た香りのLUSH製品 だからハグして

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Magic Mushroom (木の子ちゃん)

Magic Mushroom (木の子ちゃん)

まんまスーパーマリオの1ポイントUPな、きのこなカタチのバブルバー。 
ヴァレンタイン限定アイテムとして発売されました。
ネーミングは某ドラッグからだけれど、恋するキモチ=合法的ハイ=このバブルバーというわけ。

赤い部分は"いとしのベリー"の香り、白い部分は"召しませバニラ"の香りだそうだけれど、
どちらかというと"いとしのベリー"の香りのほうが強いかな?

レヴューを拝見すると、の香りが入れ替わっていることもあるようなのだけれど、
とりあえず、の部分が均等になるように1/2に切り分けて使用・
白い部分のみ使用・赤い部分のみ使用で、レヴューしてみようと思います。


の部分を均等に1/2使用
お湯を溜める蛇口の下に指で崩しながら投入、お湯を溜めながら両手で大きくかき混ぜると、
ふわふわモチモチの泡。
泡の隙間に見えるお湯のいろは、キュートな元気がでそうなオレンジレッド
香りのほうは、泡立てるときだけ一瞬メロンのような香りが際立っただけで、
フルーティーなのだけれどお香っぽさもある、あの"いとしのベリー"の香りを
若干弱めたような香りに落ち着きました。
香り立ちは薄めなのだけれど、泡の部分にも香りがちゃんと着いていたのが好印象。
ちなみに"召しませバニラ"の香りはまったくと言っていいほど感じられませんでした。
お風呂あがりの残り香はほとんど感じられず、お湯あたり等、
特に効用も感じられなかったのだけれど、
キュートなルックス・お湯いろ・甘酸っぱい香りは気分をアゲるのにはじゅうぶん。
といった感想でした。


白い部分だけ使用
きのこの白い石づき(?)部分と水玉部分を崩して、お湯を溜める蛇口の下に投入、
お湯を溜めながら両手で大きくかき混ぜると、バスタブからはみ出すほどのふわふわの分厚い泡。 
お湯のいろは無色透明です。
香りのほうは、泡の部分はせっけんっぽい清楚な香り、お湯の部分は微香だけれど、
"召しませバニラ"の香りが。
最初に感じられるのがジャスミンの香りなのだけれど、香りを辿ってみると
キャラメルヴァニラムスクといった香りが奥底に感じられる。
ただ、微香なだけあって、お風呂あがりの残り香もほんとうにかすかな香りが短時間残るだけ。
色付き部分より泡立ちが良かっただけあって、泡がお湯を密閉するのか、温浴効果が感じられました。
おハダにも色付き部分使用時に感じられなかった、しっとりつるつる感がありました。
色つき部分と較べての泡立ちの違い等、とても興味深かったのだけれど、
香り立ちが弱めなので、"召しませバニラ"ファンのかたには若干物足りないかも。という感想でした。


赤い部分だけ使用
残った赤いカサの部分を崩してお湯を溜める蛇口の下に投入、大きくかき混ぜたら、
白い部分と変わらないほどの、バスタブからあふれそうなふわふわの泡。
ふわふわの泡をかき分けた下に見えるのは、ナチュラルないちごシロップを思わせる美味しそうな赤
香りのほうは、泡の部分はせっけんっぽい清楚な香り。 
お湯の部分は"いとしのベリー"の香りを若干薄めたような香り。
ただ、2色使用のときよりお香っぽさが控えめで、ミルクっぽい香りがかすかに感じられました。
お風呂あがりの残り香は2色使用時よりも、強めに残ったような気がしました。


何個かリピートしたのだけれど、1/3の割合で香りが入れ替わっているものがやっぱりあって、
しかも香りを試しているうちに、どっちがどの香りだか困惑してくる。という、
LUSHらしい遊びゴコロが面白かったアイテムでした。


製品データ

'10年・'11年・'12年1月~4月 '10年・'11年・'12年バレンタイン限定アイテムとして発売
2013年2月~5月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売

価格 £2-25

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、コカミドDEA、オリバナム油、
       ベルガモット油、ゼラニウム油、ヴァニラアブソルート、ジャスミンアブソルート、
       トンカアブソルート、ベンジルアルコール、リモネン、リナロール、香料、色素14700

同じ香りのLUSH製品 ドラマーズ ドラミング、 ピーピング サンタ、 いとしのベリー、
                          ハッピーマウス、 苺畑でつかまえて
                          召しませバニラ、 召しませバニラ フラワーボム、 召しませバニラッシュ、
                          バニラ革命、 バニラッシュ ローション、 バニラッシュ ダスティングパウダー、
                          バニラッシュ フレグランス・VANILLARY パフューム、
                          VANILLARY オードパルファム、 バニラッシュ ソリッドパフューム、
                          VANILLARY ソリッドフレグランス

似た香りのLUSH製品 スーパースター、 レディバード、 ヤミーマミー シャワージェル、
                          いちご同盟、 秘密のポシェット、 ディフラッフ、 ピンクボムシェル


リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

LUSHのセール。UK編(2009年Ver.)

イギリスではクリスマス明けといえばずばりセールの時期。
MOではこの時期購入するのが一番おトク感があるということで、
ほぼMOのみでしか入手できないRETRO中心に購入してみました。

ちなみにオファーは去年とまったく同じです。

ほぼ30ポンド購入で、オマケの10ポンド箱は・・・・
(ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。)















LUSH UKセールおまけ

ミニサイズのバスボム4種
 アボバス?
 ぴんく
 みつばちB
 RUSHラッシュ

スノーケーキ 100g
天上のオーケストラ(星型) 約75g
ポリッジで朝食を 100g


でした。 近いうちにミニサイズになる"ぴんく"の値段が£2-65だそうなので、
他のミニボムを思いっきり安く見積もって£1-50くらいで計算したとして、
スノーケーキ £2-50
ポリッジで朝食を £2-65
天上のオーケストラ (これも安く見積もって£1-50で計算)

確実に13ポンド以上は入っているかな??
ポップコーン廃止に伴いエコつくが使用されているので、アイテムの劣化もなく、
香りのほうもじゅうぶん強く香っていたので、個人的には満足でした。

ちなみに私はクリスマス明けすぐ(現地で26日)オーダーしたので、
それ以降のオーダーぶんはもしかしたら箱の内容が違うかも。

カメラが借りられたスキにぱぱっと更新してみました♪
参考になれば幸いです♪


その他のセールのおまけ関連記事
2010年FORUM限定セールのおまけ
2010年MOセールのおまけ
2008年MOセールのおまけ

テーマ : キレイになれるお得情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR