FUN-Blue (洗隊レンジャー あお)

FUN-Blue (洗隊レンジャー あお)


"FUN(洗隊レンジャー)"はボディウォッシュ、シャンプー、バブルバス、粘土としても遊べる、
楽しく(FUN)マルチに使うことができるクレイ(粘土)ソープ。

LUSH創設者のMOさんが、先に発売された粘土状ハンドスクラブ"マーガレットからの手紙"を開発中に、
これをお孫さんたち用に粘土みたいにしたらどうだろう?というひらめきから生まれたアイテムなのだそう。

"マーガレットからの手紙"からの派生アイテムということもあって、
主な成分も共通するコーンスターチ、タルク、グリセリン。
コーンスターチが毛穴の汚れを、タルクが古い角質を落とし、グリセリンが保湿の役割を果たし、
しっとりさらさらな洗いあがりに。

また、この"洗隊レンジャー"は特に日本と関係が深いアイテム。
まず初のお披露目は7月にPooleで行われた"LUSHFEST2012"
そこでプレゼンテーションしたのはラッシュジャパンからのスタッフさんたち。
全世界に先駆けて日本で先行発売。
全世界発売まではラッシュジャパン初?日本から海外へMOも行われていました。
パッケジングも全世界共通で日本名の"洗隊レンジャー"の文字がラベルに。
というのも、全世界の"洗隊レンジャー"の売上の一部は
2011年の原発事故以降自由に遊ぶことが出来なくなってしまった福島の子供たちのための基金、
"FunD"に寄付されることになっているからだそう。
実は原発問題、こちら海外では一部の人にしかその深刻さは伝わりきっておらず、
この、日本で現在進行形で起こっている問題を世界中にアピールしたいLUSHの強い意向があったりするのです。


前置きがちょう長くなってしまったけれど、使用した感想を。

"洗隊レンジャー あお"はあざやかなターコイズブルー
香りのほうは、お子さんのおやすみ前のバスタイムにぴったりな、心を落ち着かせ、眠りに誘う効用のある、
すーっとしながらもかすかな甘みや苦味のあるカモミールの薬草っぽい香りと
シャボンのような清潔感のあるラヴェンダーの香りのミックスです。


ボディウォッシュとして使用
こねて平たく伸ばした洗隊少量をナイロンタオルにペタッと貼り付け、少量の水をたらして、おハダにすべらせると、
サラッとしたコクのない泡ではあるものの、気泡が大きめのユルふわな泡がたっぷりたちます。
泡の肌滑りも、泡持ちも良く(泡がヘタったら、少量の水を加えて泡立て直すと復活します。)、
心地よく洗うことができました。
使用量は、全身で小さじ1/2杯強=公式推奨量マスカット粒大と、意外と持ちも良し。
洗いあがりは、さっぱりするする。 タオルドライ後落ち着いたおハダはしっとりさらさらな仕上がり。
香りのほうは、泡立てると洗隊そのもの香りがより香り、洗っている最中しっかり香りました。
お風呂あがりの残り香は、香り要素のラヴェンダーよりもカモミールが際立った香りがしっかりめに残り、
だんだん弱まるものの、翌日のお昼ごろまで残りました。


シャンプーとして使用
少量を手のひらにとって、水を加えて泡立て(泡のいろがあざやかなブルーで楽しい。)
そのキメ細かい泡を濡らした髪につけてシャンプーしてみました。
泡立ちは薄め。でも、コーンスターチ由来かな?水溶き片栗粉みたいなサラッとしたトロミがあるので
そのなめらかさで、推奨量のマスカット粒大で毛量の多いロングヘアを洗い切ることができました。
洗髪中はなめらかで指どおりがいいのに、濯いだ後はびっくりするくらい髪がキシんでしまいます。
クシで梳かすのも大変だったし、なによりも乾いたあと、髪の毛全体が静電気で広がってしまう。
LUSHのシャンプーや他アイテムでもキシむことはあったものの、
髪の毛全体が静電気を放つようになったのはコレが初めてでびっくり。 コンディショナーは必須です。
(コンディショナーを使用すれば普通にさっぱり系のシャンプーといったかんじ。)
香りのほうは、ボディウォッシュとして使用したときと同様、泡立てるとカモミールの香りが際立ち、
洗髪後の残り香も、その強めカモミール+ラヴェンダーの香りがしっかり残り、
その後だんだん弱まるものの、翌日のお昼ごろまで残りました。


バブルバスとして使用
公式推奨量=1/4個を、お湯を溜める蛇口の流水(温度に要注意。)の下で、
せっけんで手を洗うときみたいに両手のひらでこすり合わせながら溶かし、
溶けきったところで、両手で大きくかき混ぜて泡立ててみると、
気泡が大きめな泡がバスタブから溢れそうなほど泡立ちました。
ただ、コシのない泡で湯船にカラダを沈めたとたんヘナヘナと萎んでいって、ほとんど消えてしまいました。
とはいえ、お湯は白濁した緑がかった水色にしっかり色づくので、色を楽しめばいいかな?というかんじ。
お湯あたりは、やっぱり"水溶き片栗粉"みたいなサラッとしたとろみが。
お風呂あがりのおハダもしっとりさらさらになりました。
香りのほうは、他の使用時と同じく泡立てるとカモミールの香りが際立ち、その香りが入浴中がっつり香りました。
お風呂あがりの残り香は、入浴中と比べると意外なほど控えめな香りが
おハダに翌日の朝までかすかに残りました。
バブルバスとして使用したときの欠点なのだけれど、やはりコーンスターチ由来なのかな?
白い粉状のモノがお湯を抜いたあとバスタブに大量に残ってしまうこと。
お掃除がちょっぴり大変だったので、気になるかたは要注意です。


洗隊シリーズ全体に共通する要注意点。
湯気で溶け易いので、バスルームに置きっぱなしにしないこと。
使用分だけ、その都度バスルームに持ち込むようにしたほうがいいかもしれません。

また、保存にも要注意。
乾燥すると粘土遊びがしづらくなるし、暑い季節は成分のグリセリンがじんわり溶け出してしまうので、
密閉して(ラップに包んだり、ブラックポットに入れたり)冷蔵するのをおススメします。

管理人はまず4等分に切り分けてからラップでぴっちり包んで保存。
バブルバス用にはそのまま、ボディウォッシュ・シャンプー用にはそこからマスカット粒大
(具体的にいうと4等分に切り分けたうちの1/5量)取りわけて使用しています。


製品データ

2012年9月発売

価格 £5-00 (うち10ペンスはFunDに寄付)

重量 200g

成分 タルク、コーンスターチ、グリセリン、ラウレス硫酸Na、モロッカンカモミール油、カモミールブルー油、
       ラヴェンダー油、リナロール、香料、色素42090

似た香りのLUSH製品 サンベイビー、 遊びの時間、 ブラック パール シャワージェル、 黄金の眠り、
                          マーガレットからの手紙、 ドリームタイム テンプルバーム

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ
MAQUIA ONLINEでのクチコミページ


LUSH ラッシュ クチコミ レビュー 使用方法 洗隊レンジャー ねんど 石鹸 ソープ ボディウォッシュ 
シャンプー 泡風呂 バブルバス チャリティ 寄付 福島
スポンサーサイト

テーマ : こどもと一緒に♪
ジャンル : 育児

FUN-Yellow (洗隊レンジャー きいろ)

FUN-Yellow (洗隊レンジャー きいろ)


"洗隊レンジャー きいろ"は他の洗隊シリーズと違って、天然色素(クチナシエキス)を使用しているせいか、
和菓子の"黄身しぐれ"を思わせるちょっぴりくすんだ黄色

香りのほうは、懐かしさのある優しいヴァニラの香りだそうだけれども、
実際に香ると、ヴァニラの奥にアーモンド?ココナツ?のナッツ系の香りが香ります。
このナッツ系の香りを油っぽい or 生臭いと感じるか感じないかで好き嫌いがわかれそう。
(気温が高いと、特にこの油っぽさが際立つような気がします。
気温が低いとLUSH既存アイテムの"スノーケーキ"を甘ったるくしたような香りに感じます。)


ボディウォッシュ、シャンプー、バブルバス、ねんど遊びとマルチ使いできるのが"洗隊レンジャー"のウリ。
ということで、それぞれの使用法を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
使用方法も泡立ち・泡の質も"洗隊レンジャー あお"とまったく同じ。
若干違うのは洗いあがり。 "あお"よりもしっとりつるっとしたような気がします。
とはいえタオルドライ後落ち着いたおハダは"あお"と同じくしっとりさらさらの肌触りになりました。
香りのほうは、ココナツっぽい油っぽさをともなうヴァニラだったのが、
泡立てると"スノーケーキ"っぽい香り要素が際立ち、しっかり香り、
お風呂あがりも、そのココナツヴァニラ+甘"スノーケーキ"な香りががっつり残り、
その後だんだん香りが弱まるものの、翌日のお昼ごろまで残りました。


シャンプーとして使用
使用方法も泡立ち・泡の質も塗布した後の髪の状態も"洗隊レンジャー あお"とまったく同じ。
違うのは泡のいろ。 ちょっぴりグレーがかった黄色の泡。
もうひとつ特に違うのが洗髪後濯いだあと。 "あお"とまったく違って、髪がしっとりなめらかに。
丁寧に櫛どおしすればコンディショナーなしでも大丈夫なほど。
香りのほうは、泡立てている最中~洗髪中の香りかたはボディウォッシュとして使用したときとまったく同じ。
洗髪後の残り香は"ココナツヴァニラ"といった甘い香りが、
洗髪直後がっつり、その後だんだん弱まってしまうものの翌日の晩入浴するまで残りました。


バブルバスとして使用
使用方法、泡立ち、泡の質、泡の消えかた、湯船、
お湯を抜くとコーンスターチがバスタブの底に残ってしまうところは"あお"とまったく同じ。
違うのはお湯のいろと香り。 白濁したちょっぴりグレーがかった黄色になりました。
香りのほうは、泡立てるとヴァニラ強めの"スノーケーキ"な香りがしっかり香り、
入浴終了まで弱まることなく香りました。
お風呂あがりの残り香は、おハダには残念ながらかすかに短時間しか残らなかったけれど、
髪にはかすかな"スノーケーキ"の香りが翌日のお昼ごろまで香りました。


"洗隊シリーズ"、色と香りが違うだけだと思っていたのに、色によって個性のある仕上がりにびっくり。
"きいろ"のしっとりした使い心地は"ヴァニラアブソルート"の効用?
LUSHの多アイテムで"ヴァニラアブソルート"の保湿効果が謳われていて半信半疑だったのだけれども、
"きいろ"と"あお"を使い比べてみて、その効用を実感してしまったのでした。


製品データ

2012年9月発売

価格 £5-00 (うち10ペンスはFunDに寄付)

重量 200g

成分 タルク、コーンスターチ、グリセリン、ラウレス硫酸Na、フェアトレードのヴァニラアブソルート、香料、
       クチナシエキス

似た香りのLUSH製品 スノーケーキ、 ミルコ、 召しませバニラ、 ココ夏雪だるま

リンク
@cosmeでのクチコミページ


LUSH ラッシュ クチコミ レビュー 使用方法 洗隊レンジャー 戦隊レンジャー ねんど 石鹸 ソープ 
ボディウォッシュ シャンプー 泡風呂 バブルバス チャリティ 寄付 福島

テーマ : こどもと一緒に♪
ジャンル : 育児

Mr Punch (カクテル イン ザ ソープ・ミスターパンチ)

Mr Punch (カクテル イン ザ ソープ・ミスターパンチ)

キラキラのソーダの泡に浮かぶカラフルなフルーツ――"フルーツポンチ"
(最近はオシャレに"パンチボウル"って呼ぶのかな?)はテーブルを華やかにいろどるパーティーの立役者。
Norikoさんがデザインしたホールソープはまるでボウルから液体を固めて取り出したみたい。
ワインいろのソープベースに色とりどりのカットフルーツみたいなソープが沈んでいます。 
ブルーベリーみたいなルックスの"ジュニパーベリー(お酒の"ジン"の原料でもある)"もところどころに。

香りのほうは、イギリスの夏の定番フルーツポンチカクテル"Pimm's Original"をイメージした香り。
ジンベースのフルーツリキュール"PIMM'S No.1"を"レモネード(日本でいうところのサイダー)"で割り、
カットしたオレンジ、苺、キュウリとミントを浮かべたこのカクテルをPiaさんが再現した香りは、
ジュニパーベリー、ブラックカラント(カシス)、ライムが主な香り要素。 本物の"ジン"も加えられています。

実際の香りは、ブルーベリーガムみたいな人工的ベリー、レモンの果皮のようなシャープなシトラス、
スーッとするジュニパーベリーのハーバルな香りも感じ取れるものの、
基本は"このワザとらしいメロン味!"な"日本のケミカルな緑のメロンソーダ"の香りです。


水に濡らすとツルツルと溶け、ナイロンタオルに擦り付けて泡立てると、気泡が大きめの軽いふわふわの泡が。
泡立ちがイイので、たっぷりの泡で心地よく洗うことができます。

面白いのが香り。 泡立てると、人工的なブルーベリーの香りと、
"シーベジタブル""RUSHラッシュ"でも感じた"潮風に吹かれながらジンライムを飲んでいるときの香り "な、
"ライムとハーブなスピリッツと潮っぽい香り"が際立ち、
"日本のケミカルな緑のメロンソーダ"の香り"と逆転します。
たぶん含まれているジンの香り要素だと思うのだけれども、ちょっぴり辛口でオトナな、予想外の香りの変化。

ジンのアルコール成分のせいか、洗っている最中かすかにジワジワする感覚も面白い。


洗いあがりは、さっぱりつるつる。 おハダが引き締まった感がありました。
タオルドライ後、落ち着いたおハダはさっぱりめだけれど、ほどよく潤いが戻る。

洗っている最中にも感じたアルコールのジワジワ感はお風呂あがりにも温浴効果をともなってしばらく残り、
意外と寒い季節向き。

お風呂あがりの香りは、"日本のケミカルな緑のメロンソーダ"の香りと
"ライムとハーブなスピリッツと潮っぽい香り"が対等に混ざりあった香りがしっかりめに、
その後だんだん淡くなって翌日のお昼ごろまで残りました。


具のジュニパーベリーが若干ジャマなものの
(とはいえ、ジュニパーのデトックス効果期待で個人的にはOK)、
モザイクぶぶんとベースぶぶんは均等に溶けて、最後までバラバラになることもなかったし、
100gで16回使用可とかなり長持ちで好印象。

意外な香りの変化と温浴効果も良かったし、使ってみてから良さを実感できたソープでした。


製品データ

2012年・2013年10月~2014年1月 '12年・'13年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-75

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ココナツ油、ステアリン酸Na、ラウリル硫酸Na、香料、ジン、
       乾燥ジュニパーベリー果実、ジュニパーベリー油、ブラックカラントアブソルート、ライム油、グリセリン、
       塩化ナトリウム、EDTA、エチドロン酸4Na、水酸化ナトリウム、ゲラニオール、シトロネロール、リモネン、
       リナロール、酸化チタン、クチナシエキス、色素14700、色素17200、色素15510、
       色素42090

似た香りのLUSH製品 シーベジタブル、 ブラジル娘の唄、 RUSHラッシュ・海のRUSHラッシュ・RUSH、
                          May Day、 スパークリー パンプキン、 ゴキゲンな贈り物、 ココ夏ホリデー

リンク
@cosmeでのクチコミページ (カクテル イン ザ ソープ)
@cosmeでのクチコミページ (ミスターパンチ)
i-VoCEのコスメデータベースのページ


テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

North Pole-Pink (北極探検隊)

North Pole-Pink (北極探検隊)


北極点の到達の印として立てられる縞々の柱"North Pole (北極柱)"は
サンタさんがLUSH HQのあるPooleに来てくれるための道しるべ。
長太い円柱型のせっけんは"North Pole (北極柱)"同様、
ぶぶんとぶぶんが縞々になるように組み合わさっている。

ぶぶんとぶぶんはそれぞれ違う香りなせいか、
UK MOではピンクぶぶんとぶぶんは別々に販売されていました。
ちなみにギフトセットに入っているものは日本で販売されたものと同様
ぶぶんとぶぶんがツートーンに組み合わさったものでした。

赤いぶぶんの香りは、UK LUSHのデザイナーさんたちがシカゴから持ち帰ったクリスマスのお菓子
"Peppermint Bark (砕いたミント味のキャンディケーン入りのチョコ菓子)"をイメージした香りだそうで、
ほの甘いミントにかすかなカカオのコクを加えたような香り。
甘ったるすぎることもなく、ミントのキツさも控えめで、
鼻の奥にふわりと留まるような、イヤミのない、やさしいなごやかな香り立ち。


濡らして、ナイロンタオルに擦り付けると、ツルツルと溶け、薄めの軽い泡が立ちました。
キメの細かい、泡の密度が濃い泡なので、心地よく洗うことができます。
泡はやや消えやすく、何回かせっけんを追加しなければいけません。
とはいえ、溶けにくいこともあり、100gで13回使用可とLUSHのせっけんの平均の持ち。


洗っている最中もミントの清涼感が感じられます。

泡立てたあとは、ほの甘さに、生ミント葉を刻んだときのようなクリスプな香りが際立ち、やさしく香ります。


洗いあがりはさっぱりめ、でも潤いはちゃんと残す仕上がりで、お風呂あがりのおハダはしっとり。

お風呂あがりは、穏やかなひんやり感とジワジワ血行が良くなる心地よい感覚が。

お風呂あがりの残り香は、やさしい甘ミントの香りがかすかに短時間、
その後生ミントのさっぱりした香りに変化して翌日のお昼ごろまで残りました。


おだやか&やさしいミント感と香りで、なごんで使えるアイテムでした。


製品データ

2012年9月~2013年1月 '12年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-25

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ココナツ油、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Na、香料、ペパーミント油、
       カカオアブソルート、グリセリン、塩化ナトリウム、EDTA、エチドロン酸4Na、水酸化ナトリウム、
       シトロネロール、リモネン、リナロール、酸化チタン、色素17200

同じ香りのLUSH製品 北極探検隊

似た香りのLUSH製品 スノードロップ、 チョコミンとバスタイム、 雪山の妖精、 ホットミンティ、 ロマンス気分、
                          桃色キック

リンク
@cosmeでのクチコミページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

North Pole-White (北極探検隊)

North Pole-White (北極探検隊)

北極点の到達の印として立てられる縞々の柱"North Pole (北極柱)"のカタチの
せっけんのぶぶん。

ぶぶんと違って、押すとヘコむような弾力のあるテクスチュア。

香りのほうもぶぶんとは違って
"ウッディで甘くスッキリしたミント味のキャンディケーン"をイメージした香り。
冬の森林のような清清しさを伴った、
鼻通りのいいスーッとした甘さひかえめな"冴えたミント"の香りです。
清清しさとスッキリ感・甘さのバランスが良く、効きすぎない程度にヒネリの効いた、
個人的に今までのLUSHのミント系のせっけんで一番スキな香りかも。


濡らすとツルツルと溶け、ナイロンタオルに擦り付けると、目にわかるほど多めの量が移ります。
そのぶん泡立ちが良く、水分と空気をたっぷり含んだ気泡の大きめなふわふわのなめらかな泡で、
心地よく洗うことができます。
泡のヘタりも少なく、洗っている最中、せっけんを追加するのも少なく済みました。
(とはいえ、せっけんのやわらかさ・溶け易さのせいか
100gを11回で使い切ってしまいました。)

洗っている最中もミントの清涼感が感じられます。

びっくりしたのが香り。
泡立てると、予想外のシトラスキャンディみたいな爽やかな甘さがでてくる。
"マジックエッグ""スノードロップ""雪山の妖精"でも感じたことがある香りで、
ミント由来なのか、シトラス系の天然or人工香料によるものなのか不明なのだけれど、
この香りの甘やかさの変化具合、驚きと同時になごめました。


洗いあがりすぐはさっぱりツルツル。
でも潤いはちゃんと残っていて、落ち着いたあとのおハダはしっとり。

お風呂あがりは、ひんやり感とジワジワ血行が良くなる心地よい感覚が。

お風呂あがりの残り香は、洗っている最中のスーッとしたシトラスミントキャンディといった香りが、
翌日のお昼ごろまで残りました。


ぶぶんぶぶんと両方使用して、
ぶぶん>使用前・甘ミント>使用後・ぱりっとしたハーバルミント、
ぶぶん>使用前・スーッとしたウッディミント>使用後・シトラスミントキャンディと
両方とも使用前・使用後で、お菓子な甘さとハーバル・ウッディが入れ違いに香る意外性に気付いて
かなり感動してしまった管理人なのでした。


製品データ

2012年9月~2013年1月 '12年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-25

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ココナツ油、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Na、香料、ペパーミント油、
       シダーウッド油、サイプレス油、グリセリン、塩化ナトリウム、EDTA、エチドロン酸4Na、
       水酸化ナトリウム、シトロネロール、リモネン、リナロール、酸化チタン

同じ香りのLUSH製品 北極探検隊

似た香りのLUSH製品 マジックエッグ、 スノードロップ、 ワールドピース、 雪山の妖精、
                          ホットミンティ、 メロミント バブルバー、 クリスティングル、
                          桃色キック・ピンクミント フットローション、 パワーマスク

リンク
@cosmeでのクチコミページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Crackersnap (秘密のクラッカー)

Crackersnap (秘密のクラッカー)

イギリスのクリスマスイヴ、ディナーの宴もたけなわな頃、皆に配られるのは"クリスマスクラッカー"。
大きな長い筒状のキャンディみたいな両端を引っ張ると、パン!と音を立てて割れて、
中から出てくるのは、お菓子のオマケみたいな小物と薄紙製の王冠、そして"なぞなぞ"を書いた紙切れ。
皆で王冠をかぶり中に入っていたオマケや"なぞなぞ"を発表しあって、
ディナーはさらに盛り上がるのです。
その、イギリスのクリスマスディナーにはかかせない"クリスマスクラッカー"がバスボムに。

黄色ペパーミントグリーンのツートーンの円筒形の巨大バスボムは
割り易いように柔らかめなのかな?中央ぶぶんには既にヒビが入っています。
(柔らかめなためか、UKでは通信販売限定でなおかつ型に入ったままで販売されていました。)

香りは"アボバス?"とまったく同じ香料ミックス。 その香りが力強く香ります。

以下ネタバレなので、OKなかただけスクロールしてくださいね。





割ってみると、ホンモノの"クリスマスクラッカー"同様、
薄紙製の王冠と"なぞなぞ"を書いた紙、あと小さなワニのカタチのバブルバーが出てきて楽しい。
(クリックで中身の写真が別窓で開きます。)


中に入っていた"なぞなぞ"、
Q.盲目の恐竜(Dinosaur)をなんて呼ぶ?>>
 A.A doyouthinkhesawus.(見えてるのか疑問ザウルス)
Q.赤白赤白と色が変わるものはなに?>>A.丘をころげ落ちるサンタさん
だったのだけども日本Ver.の"なぞなぞ"がどんなだったか地味に気になったりする。


本体のバスボム半分で1回ぶん×2、ワニのバブルバーと最低3回ぶん使用できるそう。
ということで使用してみました。


クラッカー本体部分を1/2個使用
バスタブのお湯に投入すると、浮かんで、崩れながらシューッと溶け、バスボムの色そのものの
黄色ペパーミントグリーンが混ざった、タイダイ染め模様みたいにカラフルな泡で
お湯を染めていきます。
溶けきると、発光するような青みがかったネオングリーンのお湯に
オリジナルVer.同様、粉状の薄緑のラメがきらめく湯船に。
と、溶けきってからひと呼吸置いて、
湯船の底のほうからパチパチキャンディのハジケる音が聞こえてきます。
パチ...パチパチ...パチというかんじで、音に勢いはないものの長時間楽しめる。
オリジナルVer.と違って、保湿成分の鍵であるアボカドやオリーブオイルが配合されていないわりには
オリジナルVer.に負けないくらい、つるつるしっとりしたお湯あたり。
お風呂あがりのおハダも、しっとりなめらか。
温浴効果もしっかり感じられました。
香りのほうは、溶けている最中、レモンライムの甘酸っぱい香りが強く香って、
オリジナルVer.よりも、"ダンシングステップ"の香りに近いかも。
溶けきったあとはオリジナルVer.と相違はなくなるのだけれども。
その香りが入浴中がっつり香りました。
お風呂あがりの香りの残りかたもオリジナルVer.と同じで、シトラスに甘みが加わったよう香りが
おハダに鼻を近づけてやっと感じられるくらいかすかに、翌日のお昼ごろまで残りました。


中身のワニさん型バブルバー使用
お湯をためる蛇口の下で崩しながら投入しようとしたら、ケガしそうなくらい硬かったので、
しばらくお湯に浸してから崩し溶かしてみました。 それでも崩すのは大変だったので、
使用1時間まえにマグに入れてお湯を注いで溶かしてから使用するのをおススメします。
両手で大きくかき混ぜると、ふわサラな泡が湯船をふんわり覆います。
泡の隙間に見えるお湯いろは、澄んだ淡い青緑
LUSHのバブルバーと比べると少々劣るけれど、まずまずの泡の量。
でもコクのないサラサラした泡なので、入浴中どんどん消えていってしまいます。
入浴終了まぎわには薄い泡の層が湯面全体を覆うだけになってしまいました。
つるっとしているもののさっぱりめなお湯あたり。
もともと弱めな香り立ちだけあって、泡立ててからの香りも"アボバス?"の香りが控えめに香ります。
それもお湯だけで、泡のぶぶんは"レモンの香りの食器用洗剤"を思わせる香りでがっかり。
バブルバーそのもの・入浴中の香りかたも控えめなだけあって、
お風呂あがりもほとんど香りが残りません。
シトラスに甘みが加わったよう香りが、おハダに鼻を近づけてやっと感じられる程度の強さで
おハダに翌日の朝まで残りました。 温浴効果は控えめながら実感できました。


もともと"アボバス?"だいすきな管理人、本体ぶぶんは香り・お湯あたり・保湿・温浴効果ともに
オリジナルVer.と同等だし、溶ける最中~溶けたあとのお湯いろの派手さ・パチパチ音と
パーティー仕様のギミックもあって大満足。
でも、ワニさんのバブルバーはオマケの域を出ていないかなー。という感想でした。


製品データ

2012年9月~2013年1月 '12年クリスマス限定アイテムとして発売 

価格 £7-00

重量 280g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、炭酸ナトリウム、パチパチキャンディ、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、
       レモングラス油、ベルガモット油、ローズウッド油、グリセリン、ラウリルベタイン、
       シトラール、ゲラニオール、リモネン、リナロール、香料、色素42090、色素45350、
       色素19140、霜つくヒイラギ色光沢材

同じ香りのLUSH製品 アボバス?、 アボバス? フラワーボム、 グリーンPEACE、
                          グリーンモンスター、 びっくり!アボバス?、 星空のティンカーベル、
                          ミスターアボバス、 リトルアボバス?、 Enviro Egg、
                          アボバス? シャワージェル、 アボシャワージェリー

似た香りのLUSH製品 スノードーム、 ボヘミアン、 グラニー テイクス ア ディップ、 森林浴、
                          ドラゴンの卵、 君はマンゴー、 華、 魔女の手ほどき、 タンゴのあとで、
                          ウーッシュ! テンプルバーム

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Father Christmas Bath Bomb (2012) (ミスターノエル (2012))

Father Christmas Bath Bomb (ミスターノエル)

前年度までのクリスマスの常連だった"おとぎの国のサンタ"が、
香りもそのままに、メタボ体型からスマイリーフェイス型にモデルチェンジ。

変わったのはカタチだけではなくて、2層式・溶かすと仕掛けアリの
クリスマスらしいエンターテインメントな仕様に進化しています。


というわけで、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。





バスタブのお湯に投入すると、浮かんで、
すぐにバスボムそのもののラメ混じりのオレンジピンクのフォーム状の泡が
マーブル模様に浮かび、そこにすぐ、グリーンの細かい泡が勢いよく混ざり合っていきます。
のまんまクリスマスカラーなマーブル模様+ラメがクリスマス気分を盛り上げる。
と、マーブル模様の下のお湯が、だんだん藍色をともなったグリーンに染め上げられていきます。
溶けきったあとかき混ぜると、透明なビリジアングリーンに大量のラメがキラキラ輝く湯船に。

ラメの量は、湯面にところどころかたまりになって浮かぶほど大量で、
湯船のなかのカラダにも溜まるほど。
特に関節を曲げたところや、窪んだ箇所、背中にラメが溜まって張り付いてしまいます。
とはいえ、わりと細かめのラメだったせいか、
接触性アレルギーで異物に弱い管理人のハダでもとくにトラブルにはなりませんでした。

シトラス系のEO入りのせいか、かすかなとろみのあるお湯あたり。

香りのほうは、溶かすまえはオレンジの果実・果皮・花の香りが交じり合った濃い香りだったのが、
溶かすと、人工的なオレンジソーダとナチュラルなオレンジジュースな香り・
あと"おとぎの国のサンタ"では感じられなかった、燻したような苦渋さがかすかに混ざった香りに。
その香りが入浴中しっかり香りました。


お風呂あがりのおハダはさっぱりめ、温浴効果もあまり感じられなかったのは
"おとぎの国のサンタ"と同じく。

香りのほうは、強さも持続力も"おとぎの国のサンタ"よりあって、
お風呂あがりも入浴中同様の甘苦酸っぱいオレンジの香りが
おハダには淡めに、髪にはしっかりめに、翌日の夕方まで残りました。

入浴後のラメの始末なのだけれども、
ラメがバスタブのフチに残るものの、お湯で流せば簡単に落ちるし、
底のほうに残ったラメは、排水するとき底のほうからかき混ぜながら排水すれば軽減できるので、
思ったほどやっかいではないかも。
カラダのほうも、さっぱりめのおハダの仕上がりのせいか、ラメはあまり留まらなかったの
だけれども、意外な盲点。 髪に残っていたようで、朝起きたら枕がラメだらけ。
お風呂から出る前に髪の毛先をしっかり濯ぐのを推奨です。

とはいえ、このラメ、おハダにも刺激にならなかったし、掃除も思ったより簡単と、憎めないラメ。
なによりグリーンラメの湯船がまんまクリスマスカラーで素敵だったので許してしまいます。


製品データ

2012年・2013年10月~2014年1月 '12年・'13年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-25

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、マンダリン油、ベルガモット油、オレンジ花アブソルート、
       酒石酸K、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、ラウリルベタイン、リモネン、リナロール、
       クチナシエキス、色素19140、色素42090、色素14700、赤色グリッター

同じ香りのLUSH製品 サンタズ ポストボックス、 カンキツボム、 おとぎの国のサンタ、
                          ダッシング サンタ

似た香りのLUSH製品 マンダリンティーパーティー、 踊りあかそう、 太陽の泉、
                          シェイズ オブ アールグレイ、 ハッピーハッピージョイジョイ、
                          ORANGE BLOSSOM パフューム

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Party Popper (パーティーポッパー)

Party Popper (パーティーポッパー)


パン!とはじける音と飛び散る紙ふぶき――
パーティーを盛り上げるのにかかせない、Party Popper (クラッカー)がそのままバスボムに。

クラッカー同様の円錐形のバスボムはパステルピンクパステルブルーのツートーンカラー。

香りのほうは、"ジンジャー入りのシャンパンカクテル"を意識した香りだそうで、
(ウィルキンソン等の)ナチュラルなジンジャーエールみたいな
ピリッとした爽やかな香りが力強く香ります。
(ジンジャーのEOが含まれていないのにジンジャーの香りがするとはこれいかに。
とちょっぴり複雑。)

このバスボムは見た目だけでなく、仕掛けもクラッカーを再現しているのが特徴。
(いつもはネタバレは改行したりして配慮しているのだけれども、
コレは投入前に知っておいたほうがいいので書いちゃいます。)
クラッカー同様、紙ふぶきを模したコンフェティが詰まっているのだけれど、
このコンフェティ、せっけん成分とメロンの果肉で出来ているので、カラダを洗うことができるそう。


バスタブのお湯に投入すると、発泡しながら、ネオンピンクをメインカラーに、
ブルーぶぶんの色素が混ざったのかブルーパープルの翳りをともなってお湯を染めていきます。

と、そこに緑がかったインディゴネオンピンクのせっけんで出来たコンフェティが
次々浮かんできます。 1cm以下で小さいし、溶けるは沈むはで、捕獲するのが大変。

溶けきる寸前に、パチパチキャンディーのハジケる音が。
音ははっきり聞こえるものの、パチパチパチパチパチ。 5回くらい鳴っただけでした。
小型のバスボムだし致し方ナイとは思うのだけれど、もうちょっとだけ長く鳴ってほしかったなー。

溶けきると、まるでロゼシャンパンみたいな澄んだ紫がかったピンクの湯船に。

香りのほうは、溶け始めてすぐ、酸味と甘みの強く苦味も感じられる
"お砂糖を入れたグレープフルーツジュース"みたいなシトラスの香りが際立ち、
溶け切ったあとも、その香りが強く香ります。

ジンジャーに準ずる成分でも入っているのか、
それとも管理人がグレープフルーツ系のEOにアレルギーがあるせいなのか、かあぁっとする感覚が。
かなり温まります。

捕獲したせっけんコンフェティをナイロンタオルにとって、カラダを洗ってはみたのだけれど、
せっけん自体が少量だし、ほとんど泡立たないので、
両腕とデコルテを洗っただけで使い切ってしまいました。
どぎつい色でカラダがに染まってゾンビっぽくなるし、
正直せっけんとして活用するのはムリがあるような。


せっけんで洗ったせいもあるのか、お風呂あがりのおハダはかなりさっぱりめ。

入浴中も感じられた温浴効果も引き続き、お風呂あがりもしっかり続きました。

お風呂あがりの残り香は、なぜか使用前のジンジャーエールみたいな香りが蘇り、
それに甘苦酸っぱいグレープフルーツの香りを加えた香りが翌日の夕方までしっかり残りました。


お湯いろの派手さ・香りの強さ・温浴効果は文句ナシ。
ただ、コンフェティがせっけんである必要はないかな?
せっけんカスが出るせいなのか、バスタブのフチに色素ががっつり残ってお掃除が大変だったので、
バスタブの着色が心配なかたにはおススメできないかも。というのを追記しておきます。


製品データ

2012年9月~2013年1月 '12年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-95

重量 105g 

成分 炭酸水素Na、クエン酸、パチパチキャンディ、ハニーデューメロン果肉、香料、
       ベルガモット油、タンジェリン油、ローズ油、菜種油、ココナツ油、水、グリセリン、
       塩化ナトリウム、EDTA、エチドロン酸4Na、水酸化ナトリウム、シトラール、リモネン、
       リナロール、色素45410、色素17200、色素42090

似た香りのLUSH製品 ジンジャーマンソープ ギフト・ジンジャーマンソープ、
                          小さな冒険・イエローデイズ、 バブルクラッカー、 Ginger Kat、
                          小悪魔の休日、 雨にうたえば、 GINGER パフューム、 サン オーデコロン

リンク
@cosmeでのクチコミページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

So White Bath Bomb (2012) (白雪姫とおおきな林檎)

So White Bath Bomb (2012) (白雪姫とおおきな林檎)

LUSHのクリスマスの定番・大人気のリトルサイズバスボム"白雪姫と林檎"
今年はレギュラーサイズ・仕掛けアリにVer.アップ。

香りも"白雪姫と林檎"と同じ"人工的な林檎の香り"。
サイズアップされているだけあって、香りも強くなっています。
個人的にはやっぱりキツ過ぎるかな?
"白雪姫と林檎"同様、時間が経って弱まった香りは好きなので
こちらのほうも3か月ほど放置プレイしてから使用してみました。


溶けかたに仕掛けがあるバスボムなので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。





このバスボムのインスパイア元は"雪合戦の雪球"と
色水をぶつけ合うヒンズー教の春祭り"ホーリー祭"。
クリスマス時期のストレス解消に、雪球や"ホーリー祭"の色水のごとく、
バスタブに力いっぱい投げつけて割って投入するのを推奨だそう。
(実際、投げつけて割って投入したほうが色がキレイに出るみたい。
猛者なかたは挑戦してみてください。)

とはいえ、管理人は通常どおりバスタブのお湯に浮かべるように投入してみました。


バスタブのお湯に投入すると、シューッと細かい軽い泡を勢いよく出しながら溶けていきます。
どうやら純白の外側パーツは通常のバスボムと同じ仕様のようで、あっという間に溶けきります。

と、ニワトリの卵大のいびつな球形の薄ピンクのバスボムが浮かんで、
こちらのほうはバブルバー入りなのか、ピンク赤ピンクの薄いフォーム状の泡と
ときどき色素のかたまりを湯面に浮かべながら、ゆっくりぷかぷか溶けていきます。
色は出るけれど淡めだし、正直退屈ではあるかな?

溶けきった時点では、赤ピンクっぽさがあるようなないような湯船。
それをかき混ぜると、霧のような薄い泡がところどころ浮かぶ、
ほぼ無色透明な湯船に落ち着きました。

バブルバー入りのバスボムらしい、つるつるしたお湯あたりです。

香りのほうは、"白雪姫と林檎"と変わらず、"清楚だけれど人工的なフルーティフローラルに
これまた人工的な林檎の香りとほのかなシトラスの苦味が加わった香り"が
溶けていく最中~入浴終了までほどよく香りました。


お風呂あがりのおハダはつるつるしたものの、さっぱりめ。 温浴効果はあまり感じられず。

お風呂あがりの残り香は、例の"清楚だけれど人工的なフルーティフローラルに
これまた人工的な林檎の香りとほのかなシトラスの苦味が加わった香り"が、
おハダには淡く、髪にはやや強めに翌日の夜入浴するまで残りました。


"白雪姫と林檎"のじわじわゆっくり溶ける様子がじれったい管理人には、
シューッっと発泡する高揚感のある溶けかた(外側ぶぶんだけではあるものの)の
こちらのほうが好み。
というか、オリジナルのバスボムの溶けかたがスキというのを実感してしまったのでした。


製品データ

'12年・'13年・'14年・'15年9月~ 
 '12年・'13年・'14年・'15年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-20

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、香料、ベルガモット油、
       ローズアブソルート、オレンジ花アブソルート、ネロリ油、コカミドDEA、ラウリルベタイン、
       リモネン、リナロール、色素17200、色素14700、色素45410 

同じ香りのLUSH製品 白雪姫と林檎 ソープ、 白雪姫と林檎、 ソー ホワイト シャワージェル、
                          サンタズベリー、 白雪姫と林檎 フレグランス

似た香りのLUSH製品 果実の誘い、 パチパチサーカス、 星の粉

リンク
@cosmeでのクチコミページ (旧)
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Candy Mountain (2012) (キャンディマウンテンⅡ)

Candy Mountain (2012) (キャンディマウンテンⅡ)

LUSHのクリスマスの定番、イチゴバブルガムの香りのバブルバー。
スティック型からキスチョコ型にモデルチェンジしたのは去年のことだけれども、
今年はキスチョコのカタチはそのままに、ピンクグリーンのポップなクリスマスカラーにチェンジ。

ピンクぶぶんとグリーンぶぶんが均等になるように半分に切り分けて使用してみました。


お湯を溜める蛇口の下に1/2の量を崩しながら投入したのだけれども、
同じ香りの歴代バブルバーに比べて、硬いというか、お餅?噛む前のガム?みたいなテクスチュアで
崩すのが大変だったかも。

崩すとき、香りのほうも同じ香りの歴代バブルバーに比べてガムの揮発性の香りが主張するように感じました。
色素以外とくに成分に違いがないのに不思議。個体差なのかな?

泡立てると、同じ香りの歴代バブルバー同様、大きめな気泡の柔らかな泡が湯船をふんわり覆い、
おハダがしっとり潤うお湯あたり。

色違いだけあって、泡の隙間に見えるお湯は淡いブルーグリーングリーンぶぶん多めのとき)から
グレーピンクぶぶん多めのとき)と、お湯いろに違いがありました。

崩すとき際立ったガムの香りも泡立てたあとは弱まって、
イヤミのないイチゴバニラガムの甘ーい香りに落ち着いて、その香りが入浴終了までしっかり香りました。

泡持ちのほうも、入浴終了まで半分以上泡が残り、同じ香りの歴代バブルバーと同様。


お風呂あがりのおハダはしっとり。

残り香のほうは、カラダには淡く翌日のお昼ごろまで残り、
髪には翌日のお昼ごろまでしっかり、その後香りが淡くなって入浴するまで残りました。


甘ーい香り・キュートなルックスだけではなく、泡持ち・保湿効果・香りの持続力と機能性もじゅうぶん。
クリスマスの常連なのも頷けるアイテムでした。


製品データ

2012年9月~2013年1月 '12年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-45

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、香料、コカミドDEA、ヴァニラアブソルート、
       メチルイオノン、色素45410、色素17200、色素14700、色素42053、色素59040

同じ香りのLUSH製品 ロックスター、 Sweet Sixteen Soap、 キャンディスティック、 キャンディバス、
                          キャンディマウンテン、 キャンディマウンテン バブルバー、 バニーバブル、
                          Creamy Candy Bath Melt、 クロース トゥー ユー、 Creamy Candy Lotion、
                          Creamy Candy Forum Fragrance

似た香りのLUSH製品 フェアリーキャンディ、 チューリップグロス

リンク
@cosmeでのクチコミページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR