Golden Fun (洗隊レンジャー ゴールド)

Golden Fun (洗隊レンジャー ゴールド)

ボディウォッシュ、シャンプー、バブルバス、粘土としても遊べる大人気のクレイ(粘土)ソープ、
"FUN(洗隊レンジャー)"がクリスマスのために金ぴかのラメでドレスアップして登場。

香りのほうは、"みつばちマーチ"・"みつばちB"と同じ、キャラメルシュガーにスウィートオレンジの
ヨーグルトキャンディみたいな甘酸っぱい香りが加わった、
口にしたくなるような甘ーいお菓子系な香りです。


ボディウォッシュ、シャンプー、バブルバス、ねんど遊びとマルチ使いできるのが
"洗隊レンジャー"のウリ。ということで、それぞれの使用法を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
こねて平たく伸ばした洗隊少量をナイロンタオルにペタッと貼り付け、少量の水をたらして
おハダにすべらせると、なめらかで気泡が大きめのユルふわな泡がたっぷり立ちます。
今までの洗隊シリーズと違って泡になめらかさがあり、泡立ちも洗隊シリーズのなかでは最高かも。
使用量も公式推奨量のマスカット粒大よりも少なく済みました。
洗いあがりはしっとりつるつる。
タオルドライ後落ち着いたおハダもそのしっとり感が持続しました。
個人的に気になっていたラメも粉状なので、刺激になることもまったくありませんでした。
香りのほうも、同じ香りシリーズよりも、泡立てるとスウィートオレンジとベルガモット?
"はちみつレモン"みたいな香りが際立って、より甘さわやかな高揚感のある香りで好印象。
ただ、残念ながら、お風呂あがりの残り香は淡く、短時間しか持ちませんでした。


シャンプーとして使用
少量を手のひらにとって、水を加えて泡立てると、
かすかに黄色がかった気泡が大きめなゆるふわな泡が立ちます。
泡立ちも良く、泡になめらかさがあるので、指どおり良く髪も絡まず洗うことができました。
ただ、濯いだあとは若干キシんで、絡みやすくなってしまいます。
そのまま乾かすと若干広がり気味になってしまうので、コンディショナーを使用したほうがいいかも。
ボディウォッシュとして使用した時同様、他の洗隊シリーズよりも泡立ちが良く、
公式使用量のマスカット粒大より少なく済みました。
香りのほうは、泡立ててから濯ぐまで、ボディウォッシュとして使用したとき同様、
"はちみつレモン"っぽい甘さわやかさが際立ち、
お風呂あがりの残り香も淡めの香りが朝まで残りました。


バブルバスとして使用
公式推奨量=1/4個を、お湯を溜める蛇口の流水(温度に要注意。)の下で、
せっけんで手を洗うときみたいに両手のひらでこすり合わせながら溶かし、
溶けきったところで、両手で大きくかき混ぜて泡立ててみると、
気泡が大きめな泡がバスタブから溢れそうなほど泡立ちました。
泡をかき分けてみると、ちょっぴり目立たないけれど淡い金いろの粉状のラメが
たゆたいながら輝きます。 
ふわふわの大量の泡、でも入浴途中ある一定期間を過ぎると時限装置が入ったように
どんどんハジけ消えてしまいます。
とはいえ、もとの泡の量が多いので入浴終了まで湯船全体を薄い泡が覆う程度に残ります。
お湯を抜くとコーンスターチがバスタブの底に残ってしまうところは他の洗隊シリーズと同じく。
お風呂あがりのおハダは、ボディウォッシュとして使用時同様、しっとり。
香りのほうは、他の使用方法と同じく、"はちみつレモン"っぽい甘さわやかさが際立ち、
お風呂あがりの残り香は、コレは量を多く使用したせいかな?
他の使用方法より強めに、おハダには朝まで、髪には夕方まで残りました。


"みつばちマーチ"の香りシリーズのなかでは
コレがいちばん"はちみつレモン"のシトラスの香り要素が強くてさわやかな香りかも?
香りの個性が特に気に入りました。


洗隊シリーズ全体に共通する要注意点。
湯気で溶け易いので、バスルームに置きっぱなしにしないこと。
使用分だけ、その都度バスルームに持ち込むようにしたほうがいいかもしれません。

また、保存にも要注意。
乾燥すると粘土遊びがしづらくなるし、
暑い季節は成分のグリセリンがじんわり溶け出してしまうので、
密閉して(ラップに包んだり、ブラックポットに入れたり)冷蔵するのをおススメします。

管理人はまず4等分に切り分けてからラップでぴっちり包んで冷蔵保存。
バブルバス用にはそのまま、ボディウォッシュ・シャンプー用にはそこからマスカット粒大
(具体的にいうと4等分に切り分けたうちの1/5量)取りわけて使用しています。


製品データ

2013年・2014年10月~2015年1月 '13年・'14年クリスマス限定アイテムとして発売
2014年8月 LUSH KITCHENアイテムとして発売
2015年10月 定番として再発売

価格 £5-00 (うち10ペンスはFunDに寄付)

重量 200g

成分 タルク、コーンスターチ、グリセリン、ラウレス硫酸Na、発光ゴールド光沢剤、
       スウィートワイルドオレンジ油、ベルガモット油、リモネン、リナロール、安息香酸ベンジル、
       ブチルフェニルメチルプロパナール、香料

同じ香りのLUSH製品 愛しのテディソープ、 おしゃまなバニー、 みつばちマーチ、
                          愛しのテディバスボム、 ゴールデンエッグ、 シュートフォースターズ、
                          スプリングバニー、 生意気バニー、 ぶんぶんバニー、 みつばちB、
                          3時のおやつ、 マム! (2014)、 みつばちマーチ シャワージェル、
                          Honey Hugs・Denmother's Honey Hug・Honeywood、 やさしく愛して、
                          ハニー アイ ウォッシュド マイ ヘアー、 みつばちマーチ フレグランス、
                          みつばちマーチ ソリッドパフューム、 みつばちマーチ ソリッドフレグランス

似た香りのLUSH製品 たまごのお家 ひよこ、 ボンバディーノ 

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ


LUSH ラッシュ クチコミ レビュー 使用方法 洗隊レンジャー 戦隊レンジャー ねんど 石鹸 ソープ 
ボディウォッシュ シャンプー 泡風呂 バブルバス チャリティ 寄付 福島
スポンサーサイト

テーマ : こどもと一緒に♪
ジャンル : 育児

Bombardino (ボンバディーノ)

Bombardino (ボンバディーノ)

"Bombardino(ボンバディーノ)"は北イタリアのスキーリゾートで愛飲されるホットカクテル。
卵のリキュール"アドヴォカート"とブランデーを半々に混ぜて温めたものに
ホイップクリームをてんこ盛り。というのがそのレシピ。

本家のカクテルを擬人化したのか、小玉のバスボムはチョコチップのつぶらなお目目の
ホイップクリームのとんがり帽子をかぶった妖精さん?みたいなカタチです。

香りのほうは、ベルガモット・レモン・ヴァニラの"レモンメレンゲパイ"を意識した香りだそう
だけれど、実際の香りは、成分のカカオバターや豆乳パウダーの原料臭なのかな?
"キャラメルにバターのコクを足したようなクリーミーな香り"が感じられます。


溶けかたに仕掛けがあるバスボムなので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。





バスタブのお湯に投入すると、浮かんで、すぐにバスボムそのものの×金色のツートーンの
フォーム状の泡が浮かびあがり、カプチーノのようなキメの細かい泡を出しながら
くるくる、ゆっくり回転しながら溶けていきます。

湯面に×金色のマーブル模様を描きながら溶けていくのだけれど、
バスボムの金色ぶぶんは粉状のあかるい金色のラメが大量に含まれているようで、
の泡にあかるい金色のグラデーションのマーブルになるのがなかなかキレイ。

泡の下のお湯にもラメがどんどん落ちていってお湯を色付けていきます。

バスボムの白いぶぶんはカカオバターのかたまりが含まれていて、
ときおりかなり大きめのかたまりが浮かんでは溶け、"ラーメンに浮かぶ玉状の油"状態に。

溶けきってからかき混ぜると、泡と油分はお湯に馴染んで、
油分でかすかにくすんだお湯にあかるい金色のラメが輝く湯船に落ち着きました。

ラメの量は大量で、ラメの輝きが反射してお湯が金色に発光するほど。
お湯のなかで、金色のラメがオーロラかモアレ模様のように澱みながら輝くのがとても美しい。


保湿成分がたっぷり溶け込んだ、つるつるした重みのあるお湯あたり。

油膜とラメで覆われて、おハダはつるつるキラキラ。
油膜でおハダが保護されるのか、ラメが付着しても
異物感やかゆみをを感じることがありませんでした。
もちろんバスタブもつるつる滑るので要注意。


香りのほうは、溶けていく最中一瞬だけ"レモンの砂糖菓子"のような香りがかすかに際立った以外は
バスボムそのものの"バターキャラメル"な香りが入浴終了まで香りました。


お風呂あがりのおハダは油膜とラメで覆われてしっとりつるつるキラキラ。
タオルドライ後のおハダはしっとりもっちり、ラメはぴったり付着してキラキラ。
入浴後の保湿はまったく必要ありません。

油膜でおハダが密閉されていたせいか、入浴中から温浴効果がしっかり感じられ、
入浴後も長時間温まりました。

香りのほうは、やっぱり油分が香料をともなっておハダに留まるのか、
"バターキャラメル風味のホットミルク"といった香りが、
だんだん淡くなるものの翌日入浴するまで残りました。


短所でも長所でもあるのがラメ。 カラダに付着したラメは翌日入浴するまで残ります。
粉状の細かいラメではあるものの、しっかりおハダに留まるし、
明るい場所ではそんなに目立たないけれども、暗いところだとしっかり輝くので要注意。 
パーティーなんかにはいいんだけれども、
日常使い・男性のかたの使用はちょっぴり意見がわかれるところかも。

もちろんお湯を抜いたあと、バスタブには金色にかがやくラメと豆乳パウダー、粉状のチョコが
残るのでお掃除は念入りに。
チョコチップなんかは投入直後に外れかかっている時点でえぐり取って(ギャー)
しまってもいいかもしれません。

個人的には、なごやかなお菓子系な香り、湯船の様子、保湿・温浴効果と
リトルサイズながら大満足したし、刺激にならないラメもその輝きも気に入ったのだけれど、
いちおう要注意ポイントとして記しておきます。


製品データ

2013年10月~2014年1月 '13年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-50

重量 90g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、カカオ脂、粉末豆乳、香料、発光ゴールド光沢剤、ベルガモット油、
       シシリア産レモン油、フェアトレードのヴァニラアブソルート、コーンスターチ、
       ラウレス硫酸Na、酸化チタン、クチナシエキス、リモネン、リナロール、色素19140:1、
       色素19140、雪の結晶光沢剤、乳製品を使用しないチョコレートチップス

似た香りのLUSH製品 みつばちマーチ、 真冬の晩餐・毎日が晩餐、 メープルツリーに積もる雪

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Luxury Lush Pud (ラグジュアリー ラッシュプディング)

Luxury Lush Pud (ラグジュアリー ラッシュプディング)

イギリスのクリスマスデザートの定番中の定番"クリスマスプディング"。
その"クリスマスプディング"をバスボムにした"ラッシュプリン"
かつてはLUSHのクリスマスの定番でした。
去年のクリスマス、"ラッシュプリン"の不在にがっかりしたかたも多いのでは?
そんな声を汲んで、今年は仕掛けアリのカラフルな仕様にパワーアップして
再登場したのがこのバスボム。

ラヴェンダーいろのベースにピンクのミニバスボムが水玉もように埋め込まれ、
トップには"ラッシュプリン"には欠かせない"ヒイラギの砂糖菓子"が。

香りのほうは、今年Ver.は"トワイライトムーン"の香りだそう。
好きな香りではあるものの、"ラッシュプリン"はあの香りとスパイスの温浴効果が重要と
個人的に思っているので、香りと成分もカムバックしなかったのはちょっぴり残念。


とはいえ、気を取り直して使ってみました。
溶けかたに仕掛けがあるバスボムなので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。





バスタブのお湯に投入すると、浮かんで、すぐにバスボムの色そのままのラヴェンダーいろ
フォーム状の泡が薄く浮かび、発泡しながら素早く溶けていきます。
埋め込んであるカラフルミニバスボムも浮かんですぐに散り散りに溶け砕け、
ラヴェンダーいろの泡に色を添えていきます。
予想ではカラフルミニバスボムは丸いカタチのまま溶け残って浮かぶと思っていたので
意外だったのだけれど、細かく溶け砕けた色素は"クラッカーのなかのカラフルな紙吹雪"みたいで
パーティーっぽくてイイかんじ。
バブルバー入りぶぶん少なめ、通常のバスボムぶぶんが多めなのか、
あっという間に溶けきってしまうので、せっかくのお湯の変化を見逃さないように要注目かも。

溶けきったあとのお湯いろは強烈な濃さの赤ワインいろ

つるつるしたお湯あたりです。

香りのほうは、"トワイライトムーン"と同じなのだけれども、個体差なのかな?
オリジナルVer.よりもややハーブ寄りのラヴェンダーの香りがちゃんと感じられ好印象。
その香りが入浴中薄まることなく香ります。


お風呂あがりの残り香も、その香りが淡く残って朝まで持続しました。
お風呂あがりのおハダはつるつる。 でも温浴効果はあまり感じられなかったかな?


オリジナルVer.よりも香り・香り持ち良し、
どぎついお湯いろが個人的にちょっぴりニガテではあるけれど
クリスマスシーズンにパーティー気分を楽しむにはアリかな。という感想でした。


製品データ

2013年10月~2014年1月 '13年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-40

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、酒石酸K、ラウリルベタイン、ラウレス硫酸Na、ラヴェンダー油、
       安息香エキス、トンカアブソルート、イランイラン油、クチナシエキス、酸化チタン、
       クマリン、リナロール、香料、色素42090、色素17200、色素60725、
       色素73360、ヒイラギ型キャンディ

同じ香りのLUSH製品 洗隊レンジャー オレンジ&パープル、 トワイライトムーン、
                          トワイライトムーン シャワージェル、 Starlight、
                          トワイライトムーン フレグランス

似た香りのLUSH製品 召しませバニラ、 フレンチ・キス、 ブラック パール シャワージェル、
                          黄金の眠り

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Secret Santa Bath Bomb (シークレットサンタ)

Secret Santa Bath Bomb (シークレットサンタ) 入り口

きらめくラメ入りの雪を屋根に積もらせたオレンジいろのおうち型バスボムのドアには"29 1/2"と
LUSHの第1号店であるPoole店のハウスナンバーが。
そう、このバスボムはLUSHのPoole店をかたどっているんです。

香りのほうも、"LUSHのお店から漂ってくる香り"をイメージした、
その名も"29 High Street"と呼ばれる香料ミックス。
調香したPiaさんによると、LUSHのEO・香料の年間仕入れデータを調査し、
多く使用されている香料と、使用量は少なくても印象の強い香料をピックアップし、
そこにLUSHのベストセラー製品の香りを組み込んで作り上げた香りだそうで、
"みつばちマーチ"、"えん"、"キャンディバス"、"アメリカン・クリーム"、"蝶々夫人"
"バターボール"、"ブルースカイ"、"アボバス"の全ての香りが感じられる香料ミックスなのだそう。

実は同じ香料ミックスを基にしたフレグランス、"HQ"を持っているのだけれど、
"HQ"は同じ香りでもフレグランスらしくトップ・ミドル・ラストと香りが変化するように
調整されたせいもあって、よりフレグランスらしい重さとベリー系の香り要素が際立ちすぎて
"LUSHのお店の香り"とは言い難い香りだったのだけれど、
このバスボムの香りは確かに"LUSHのお店の香り"!
フローラル、ウッディ、スパイシー、フルーティ、甘シトラス、かすかな(生花や木の持つ)エグみ
(ホメている)がパウダリーな香りに包み込まれたような、まさに"LUSHのお店の香り"なんです。

バスボムに書かれたもう一つの表示"GROTTO"なのだけれども、これは
イギリスでクリスマスシーズンになると各地に登場する
"Santa's Grotto(小屋のなかにいるサンタさんと会ってお話したり、一緒に写真を撮ったり、
プレゼントが貰えたりするアトラクション)"のこと。
"Santa's Grotto"同様、この大きなバスボムを割るとサンタさんと会えてしまうのです。

ということで、割ってみました。

写真用に管理人の必殺ツール"ハロウィンのかぼちゃ提灯用の小型イトノコ"で
丁寧にちまちまギコギコ切りわけてみたのだけれど、屋根ぶぶんがラメ入りなこともあって
崩れ易いし、出てきたサンタさんは、バスボムの粉まみれで顔ナシの赤い卵型バスボム状態で、
展開図写真を撮るのを断念。(哀)
セールで買いだめしてリヴェンジすると誓ったのはいうまでもありません。


おうちぶぶん半分づつとサンタさんで最低3回使用できるそうなので、それぞれ使用してみました。

おうちぶぶん半分
ボロボロの欠片と粉状のバスボムを湯船に投入すると、オレンジいろと、
オレンジいろと文字ぶぶんのピンクいろが混ざりあった赤ピンクのまだらに湯船をくもらせながら
あっという間に溶けていきます。
溶けきると、澄んだ山吹いろのお湯に細かい粉状のラメがきらめく湯船に。
さっぱりめのお湯あたり。
ラメの量は多めなのだけれども、特に刺激もないし、
に角度によって色が変わる偏光ラメがキレイ。
お風呂あがり、おハダにもかすかにラメが残ります。
バスタブにも残ってしまってちょっぴりお掃除が大変なので、底からかき混ぜながら排水して、
残るラメの量を軽減するのをおススメします。
香りのほうは、バスボムそのものの"LUSHのお店の香り"が強めに入浴終了まで香りました。
お風呂あがりもその香りがしっかり残り、その後だんだん淡くなってしまうものの
次の日入浴するまで残りました。

サンタさんぶぶん
バスタブのお湯に投入すると、沈んで、湯船を赤く曇らせながら溶けていきます。
溶けきると、澄んだ赤い湯船に。 サンタさんぶぶんにはラメはナシ。
その他の効用はおうちぶぶんとまったく同じでした。


"HQ"が期待していた"LUSHのお店の香り"に感じられず、がっかりした管理人には
こちらのバスボムはまさに真打といったかんじ。
カタチやサイズを変えて、お手頃価格にして(ココ重要(必死))定番化希望なのでした。


製品データ

2013年10月~2014年1月 '13年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £5-75

重量 300g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、イランイランアブソルート、
       ニューカレドニア産サンダルウッド油、インド産ジャスミンアブソルート、ライム油、
       シシリア産レモン油、トンカアブソルート、水、シトラール、安息香酸ベンジル、リモネン、
       リナロール、メチルイオノン、ヒドロキシシトロネラール、ベンジルアルコール、クマリン、
       ブチルフェニルメチルプロピオナール、色素14700、色素17200、色素15510、
       色素45410、雪の結晶光沢材

同じ香りのLUSH製品 HQ・29 High Street Fragrance

似た香りのLUSH製品 いたずらハービー・お月見ハービー、 Sweet Sixteen Ballistic

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ


自分用メモ。"LUSHのお店の香り"と噂のフレグランス。イタリア産なのになぜかイギリスにはないので、
日本に帰ったら要チェック。(どうやらマツモトキヨシとかにもあるらしい)

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Shoot For The Stars (シュートフォースターズ)

Shoot For The Stars (シュートフォースターズ)

ネーミングの"Shoot for the stars"は"願いを叶える"という意味。

澄みきった夜空のように青いバスボムには黄色の流れ星型のバスボムが組み込まれ、
ピンクの色素が流れ星の軌跡のような流線型にデザインされていて、
そのままでも色彩的に美しいルックス。
バスボムそのもののカラフルなルックスからも伺えるように、
お風呂の中で星降る夜空の色彩の移り変わりを楽しむことができる仕掛けがあるのだそう。

香りのほうは、LUSHで一番人気の"みつばちマーチ"・"みつばちB"と同じ香りの、
キャラメルシュガーの甘こうばしい香りに
高揚感のあるヨーグルトキャンディみたいな香りが加わった、明るい気分になれるなごめる香りです。


溶けかたに仕掛けがあるバスボムなので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。





バスタブのお湯に投入すると、浮かんで 薄青のカプチーノのような泡に
ピンク黄色の色素がマーブル模様を描きながら湯面を覆っていきます。
黄色はじんわり淡く泡を染め、ピンクはプチプチと泡を出しながら
はっきりめに色を出していくのだけれど、と混ざり合って、青紫になるのが美しい。

しばらくすると、バスボムの継ぎ目が"パックマン"の口のように穴を開け、
湯面を振り子のように揺れ動きます。
揺れるたびに穴からピンクの泡が吐き出され、ときおりちいさな星も浮かびあがってくるのだけれど、
浮き上がった時点で溶けかけているし、白いので泡にまぎれてしまって、
よーく観察していないと見つけられないかも?

薄青だった泡の下のお湯いろも、日が暮れるようにどんどんトーンを落としていきます。
その時点でおハダにチクチク、ヒリヒリ感が。
泡とお湯のいろが夜空のようなダークブルーなので気が付くのが遅れたけれど、
いつのまにか細かい粉状の銀色のラメがカラダに降り積もっていました。
カラダに溜まったラメを水中で払いのけたらチクチクしなくなったけれど
コレはちょっぴりいただけません。 


溶けきると、薄青を地にピンク青紫黄色(この順番で色が主張する)で
マーブル模様が描かれた、カプチーノみたいな泡が湯船全体を覆い、
その泡の下の湯船は夜空のようなダークブルー

ただ、お湯のいろが暗すぎてそのままだとせっかくのラメがあまり目立ちません。
ラメが目立つように、バスタブぎりぎりまでお湯を溜めて薄めてみたのだけれど、
泡が消えて透明度があがっただけで、お湯いろは相変わらずの闇夜ブルー
底のほうからかき混ぜるとラメと星が舞い上がってくるので、その瞬間は楽しめるかな?

そういえば星。 ケーキデコレーション用の砂糖でできているので仕方がないけれど、
溶けて星型でなくなってしまって、ただの屑みたいに見えるのはかなり残念。

なめらかなお湯あたりだけれども、ラメはカラダに溜まるとやっぱり刺激になるので、
定期的にかきまぜないとダメだったのも、ちょっぴりめんどう。

香りのほうは、バスボムそのものの香りが一貫して香ります。
ただお湯の量を多くしたせいか、同じ香りのほかのバスボムと違って、
お風呂あがりにほとんど香りが残りませんでした。


湯船に投入~溶けていく様子はゴッホの"星月夜"みたいで文句なく美しいのに、
溶けきったあとのお湯いろ、異物感がとても残念。
ある意味リアリティのある夜空いろの湯船だけれど、
色が暗すぎてせっかくのラメも星も目立たないし、
ラメ星ナシにするか、もうちょっと明るい色の湯船だったら評価が変わったかな?という感想でした。


2014年・2015年Ver.
組み込まれている流れ星型のバスボムの色がシルバーになって、
よりシックなカラーリングになりました。


製品データ

2013年・2014年・2015年9月~2016年1月
 '13年・'14年・'15年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-25

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、ブラジル産オレンジ油、ベルガモット油、酒石酸K、
       ラウリルベタイン、ラウレス硫酸Na、PG、香料、クチナシエキス、酸化チタン、
       安息香酸ベンジル、ブチルフェニルメチルプロパナール、リモネン、リナロール、
       色素14700、色素45410、色素17200、色素42090、色素19140:1、
       銀色光沢剤、ピンク色光沢剤、黄色光沢剤、食用白色星型デコレーション

同じ香りのLUSH製品 愛しのテディソープ、 おしゃまなバニー、 みつばちマーチ、
                          洗隊レンジャー ゴールド、 愛しのテディバスボム、 ゴールデンエッグ、
                          スプリングバニー、 生意気バニー、 ぶんぶんバニー、 みつばちB、
                          3時のおやつ、 マム! (2014)、 みつばちマーチ シャワージェル、
                          Honey Hugs・Denmother's Honey Hug・Honeywood、 やさしく愛して、
                          ハニー アイ ウォッシュド マイ ヘアー、 みつばちマーチ フレグランス、
                          みつばちマーチ ソリッドパフューム、 みつばちマーチ ソリッドフレグランス

似た香りのLUSH製品 たまごのお家 ひよこ、 ボンバディーノ、 ゴールドリングのメッセージ

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

LUSH ラッシュ バスボム 入浴剤 Twitterで話題 ツイッターで話題 LUSHの宇宙の入浴剤 宇宙 星
ギャラクシー ラメ キラキラ カラフル

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Snowman Bath Bomb (スノーマン (2013))

Snowman Bath Bomb  (スノーマン (2013))

過去クリスマスシーズンに何回もマイナーチェンジしながら登場していた
"バターボール"の雪だるま型Ver.。
今年は真っ赤なマフラーを巻いたカラフルな装いでカムバック。
オレンジいろのこれまたカラフルなお鼻はイースター限定だったバブルバー"にんじん娘"
作られているそう。
(ちなみに今年のクリスマス限定のもう一つの雪だるま"メルティング雪だるま"のお鼻も
"にんじん娘"にモデルチェンジしています。)

香りのほうは、これは個体差なのかな?"バターボール"の香りではあるものの、
シャワージェルVer.により近いというか、ちょっぴり"プリンセスの秘め事"を思わせる
カカオの甘こうばしい香り要素が強い香りです。


バスタブのお湯に投入すると、浮かんで、の色素と泡を湯面にマーブル状に浮かべ、
カカオ脂の粒を伴って浮かびながらシュワシュワ溶けていくのだけれど、
溶けたカカオ脂と赤い色素が混ざって浮かぶ様子は"石榴のタネ"か"血豆"みたいで
正直見た目的に美しくないかも。
色素がバスタブの側面に付くと着色しそうなので、
油の粒が出るたびにかき混ぜながら溶かしたのだけれども、
やっぱり薄赤い油膜でうっすら汚れてしまいます。
"にんじん娘"のお鼻はちゃんと溶けてしまうので回収の心配はナシ。

溶けきると、"バターボール"でおなじみの、キメ細かい油分が溶け込んだコッテリぬるぬるの湯船。
ただ、これも個体差なのか、、"バターボール"よりは脂の量が控えめなような気がします。
お湯いろは、油分でかすかにくすんだ澄んだ赤ピンクいろ

その他の効用は"バターボール"とまったく同じでした。


凝った作りではあるものの、それが仇になったのか、
(色素がぶちまけられているようになっていたり、鼻がもげていたり)
店頭でグッドルッキングな個体を探すのが結構大変だったし、色素がバスタブに残るのも減点対象。
来年は色素ひかえめを個人的には望んでしまったのでした。


製品データ

2013年10月~2014年1月 '13年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-50

重量 130g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、カカオ脂、合成ムスク、イランイラン油、グリセリン、酒石酸K、
       炭酸ナトリウム、ラウリルベタイン、ラウレス硫酸Na、香料、色素14700、
       色素17200、色素15550

同じ香りのLUSH製品 紳士なスノーマン、 バイバイ!ブルーマン、 バターベア、 バターボール、
                          ミスターバターボール、 バターボール シャワージェル

似た香りのLUSH製品 だからハグして、 プリンセスの秘め事

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : ボディケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Candy Mountain (2013) (キャンディマウンテン バブルバー)

Candy Mountain (2013) (キャンディマウンテン バブルバー)

LUSHのクリスマスアイテムの常連となった"Candy Mountain (キャンディのお山)"。
名前のとおり、イチゴバブルガムみたいな、あまーいキャンディショップの香り。

今年Ver.は"キラキラ輝く雪の結晶をたずさえたピンクいろの雪の妖精"をイメージして、
細かなラメが輝く、ピンクのツートーンカラーの水玉もよう。
雪の妖精の粉は表面だけではなくて、いつもより背高のっぽでスリムなボディのなかにも隠されているそう。


ピンクぶぶんとぶぶんが均等になるように半分に切り分けて使用してみました。
(なかにラメが仕込まれているとのことで、飛び散らないか身構えながら切ってみたのだけれど
杞憂に終わり、ほっ。)

お湯を溜める蛇口の下に1/2の量を崩しながら投入、両手で大きくかき混ぜると、
ふわふわやわらかで気泡が大きめの泡が溢れるほど立ちました。 おハダがしっとり潤うお湯あたり。
泡をかき分けてみると淡いパープルピンクの濁り湯。
泡が分厚いせいもあって、せっかくのラメは正直そんなに目立ちません。
お湯をすくってみると確かにパールみたいなラメの粒子がキラキラ輝いてはいるのだけれども。

香りのほうは、同じ香りの歴代バブルバー同様、
甘ーいイチゴバニラガムの香りが入浴終了までしっかり香りました。

泡持ちのほうも、入浴終了まで半分以上泡が残り、同じ香りの歴代バブルバーと同様。


お風呂あがりのおハダはしっとり。

厚い泡で湯船が密閉されたせいかお湯の温度が下がりにくく、しっかり温まることができました。

お風呂あがりの残り香は、カラダと髪にイチゴバニラガムな香りが入浴直後から翌朝までしっかりめに、
その後だんだん淡くなるものの、体温が上がったとき香りがフッと強く蘇ったりする香りかたで、
夕方まで残りました。


入浴中はあまり主張しないラメではあったけれど、お湯を抜くとバスタブの底にしっかり残ります。
ちょっぴり念入りにお掃除しないといけないかも。

とはいえ、個人的には来年のモデルチェンジも楽しみな、機能的にハズすことのないバブルバーでした。


製品データ

2013年・2014年10月~2015年1月 '13年・'14年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-65

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、クエン酸、香料、コーンスターチ、
       雪の結晶光沢剤、フェアトレードのヴァニラアブソルート、酸化チタン、ポリエステル-3、メチルイオノン、
       色素45410、色素45380

同じ香りのLUSH製品 ロックスター、 Sweet Sixteen Soap、 キャンディスティック、 キャンディバス、
                          キャンディマウンテン、 キャンディマウンテンⅡ、 バニーバブル、
                          Creamy Candy Bath Melt、 クロース トゥー ユー、 Creamy Candy Lotion、
                          Creamy Candy Forum Fragrance

似た香りのLUSH製品 フェアリーキャンディ、 チューリップグロス

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Snow Fairy Sparkle (フェアリーキャンディ マッサージバー)

Snow Fairy Sparkle (フェアリーキャンディ マッサージバー)

クリスマスにかならずLUSHに現れるピンクのシャワージェルの妖精"フェアリーキャンディ"が、
香りもそのままに、今年はピンクの妖精のカタチのマッサージバーに分身して登場。 

店頭デモでお客さんをラメまみれにするのがだいすきなコヴェント・ガーデン店の店長さんの
アイディアで作られたマッサージバーのなかには、言うまでもなくキラキラのラメがたっぷり。
LUSHで名前に"Fairy"とつくアイテムは妖精の粉=ラメ入りの意味もあったりするんです。


ちょっぴりココロが痛むけれども、中のラメが均等になるように
縦はんぶんに切って使用してみました。
切ってみると、コレは個体差なのかな? ラメは親指の先くらいの大きさの量。

ラメと本体が均一になるようにマッサージバーを切った側面をおハダに滑らせると、
すぐにぱっと水っぽいオイル状になります。
中身のラメぶぶんもクリーミーにおハダに溶け伸び、扱いやすい。
成分表を見てみると、こちらはイリペバターが含まれているものの、"だからハグして"とほぼ同じ。
納得の溶け易さ&扱い易さでした。(首から下全身で4回使うことができました。)

ただ、ラメ入りのやわらか成分ぶぶんが少なめの個体のせいか、"だからハグして"のグロスのように
ツルツル滑る感触ではなく、しっとりとお肌にすぐ馴染みます。

少量のラメでもキラキラ効果が高く、微細なラメが白銀に輝き、
光を受けると反射してさらに目立ちます。
あと、やっぱり、マッサージバー本体のピンクいろが、若干おハダに反映します。
反映するといっても、ほんのり上気したように色づくので、血色のワルいひと(=管理人(哀))が
二の腕とか肩とかデコルテに使って、肌色を補正するのにはいいかも。

欠点はやっぱり衣服に色移りすること。 暗い色の衣服ならば目立たないけれども、
淡い色の衣服だとやっぱりところどころピンクいろが移ってしまいます。取り扱い要注意。

香りのほうは、使用中も"フェアリーキャンディ"とまったく同じ、人工的なベリー、
ラムネ菓子っぽい酸味+ちょっぴりビニールな、輸入駄菓子っぽい香りがしっかり香ります。
翌日も夕方ごろまでその香りがしっかりおハダに残り、
その後甘みがだんだん抜けてしまうものの入浴するまで残りました。

残るといえばラメ、微細なラメなのでおハダのキメに入り込んでしまうのか、
入浴してせっけんでカラダを洗ってもラメがまだ残っていたり。


やっぱりパーティーシーズン、カクテルドレス着用時に輝きを+とか、
クリスマスにお子さんがクリスマスフェアリーのコスプレ
(もちろん片手には "魔法の杖"を持つのは言うまでもない)
をするときにおススメの、キュートだけれど非日常なアイテムでした。


製品データ

2013年・2014年10月~2015年1月 '13年・'14年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £4-95

重量 40g

成分 有機シア脂、アストロカリウムムルムル脂、アーモンド油、ショレアステノプテラ脂、
       有機アガべシロップ、香料、テオブロマグランジフロルム種子脂、グリセリン、合成ムスク、
       ホウケイ酸(Ca/Na) 、酸化スズ、酸化チタン、メチルイオノン、安息香酸ベンジル、
       色素45410

同じ香りのLUSH製品 OH!マイフェアリー、 フェアリーキャンディ ファン、 キャンディエッグ、
                          キャンディバスボム、 キャンディフラワー、 ミスターノエル (2014)、
                          Fluff Bun、 魔法の杖、 フェアリースター、 めろめろマシュー、
                          メルティング マシュマロ モーメント、 フェアリーキャンディ、
                          ウォッシュズ カード、 フェアリーキャンディ ボディコンディショナー、
                          浮気なキャンディ、 フェアリー ダスト、
                          リップスクラブ バブルガムフレーバー、 フェアリーキャンディ リップカラー、
                          フェアリーキャンディ フレグランス、
                          フェアリーキャンディ ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 キャンディバス、 チューリップグロス

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : ボディケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Rudolph Fresh Face Mask (ルドルフ)

Rudolph Fresh Face Mask (ルドルフ)

キュウリ、カラミン、ハマメリス、ミント、緑茶、ラヴェンダー、アロエと、
消炎効果を持つ成分が荒れてしまったおハダの赤みを抑え、
キュウリ、グリセリン、オートミール、豆腐、ココナツオイル、アロエが水分と栄養を与える、
トナカイのルドルフのお鼻みたいに、キビシイ寒さで赤くなってしまったおハダのためのフェイスパック。

特に赤くなってしまった鼻先用に、キュウリ、アロエ、ラヴェンダーを
海草エキスで固めたジェリーもオマケにトッピング。
キラキラの赤いラメで着色してあって、まさにルドルフのピカピカ光る赤鼻みたいでキュート。

香りのほうは、ラヴェンダーの清潔感のあるハーバルな香りの奥に青臭いキュウリが香ります。


洗顔後、おハダがまだ濡れているうちに使用してみました。

フワフワした柔らかめの粘土状のテクスチュアなので、手に取ったパックを顔にすべらせるだけで、
適量(おハダが隠れるくらい)を塗布することができます。
ただ、含まれている油分のせいかな?
ところどころおハダがパックをはじいてしまうので、そのぶぶんに追加載せする必要がありました。
(この塗布のしかたで、パック本体ぶぶんだけで1ポットで6回使用できました。)

赤鼻ジェリーぶぶんをルドルフのごとく鼻先にくっつけようとしてみたのだけれど、
管理人の鼻の形状的に(鼻筋が極端に細くて鼻先がとんがってる・・・)留まらず、
何度も落下させてしまったのでそのまま使用はあきらめました。

塗布すると、キュウリの香りが主役に躍り出ます。

10分間のパックの間、異物感を感じることなく快適にパックできました。
ひんやり感はあるものの控えめで、ミントのスースー感はそんなに感じられなかったかな?

10分経ってもパックが乾ききることがなかったので(ちなみに10分がタイムリミット。
それ以上だとパックが乾き切ってカオの筋肉を動かすたびにポロポロ落ちて大変なことに。)、
濡れた手でやさしくマッサージしてから、水で洗い流す。という手順でオフしました。

パック後のおハダはキメが整って、しっとりつるーり。
ただ、保湿成分はおハダ表面だけでおハダ深部に入り込んでいるカンジではなかったかな?
おハダが荒れ気味なときに使用してみたのだけれど、痒みやヒリヒリ感は治まったので、
おハダが敏感になっていて、過剰な働きのパックが使えないときにちょうどいいパックだと思いました。

欠点はカオの側面、髪の生え際にミントか緑茶葉、オートミールのカケラが残り易いこと。
あと若干おハダのキメに残ってしまうようで、トナーを使うとコットンが黄緑いろに染まってしまうこと。
オフするときは念入りにすすぐ必要アリ。


赤鼻のぶぶんを潰したものをカオ全体に伸ばしてパックとして使用してみたのだけれど、
(そのままだと潰しづらいので、ラップに包んだ上から揉みまくって潰すのを推奨。)
違いは、本体と同じ香りではあるものの、ややキュウリが強め。
パック後のおハダは本体ぶぶんほどではないものの、海草エキスでつるーり保湿はされるので
捨てずに使用するものアリだと思いました。 
(それか上記の方法で細かく潰して本体ぶぶんに混ぜ込んでしまうのもいいかも。)


製品データ

2013年10月~2014年1月 '13年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £5-50

重量 60g

成分 パック>生キュウリ果実、カオリン、グリセリン、細挽きオートミール、豆腐、エクストラヴァージンココナツ油、
       カラミン粉末、ハマメリスエキス、生ミント葉、緑茶粉末、有機ラヴェンダー油、
       フェアトレードのアロエベラ粉末、アルギン酸Na、クマリン、ゲラニオール、リモネン、リナロール
       ジェリー>グリセリン、生キュウリ果実抽出液、フェアトレードのアロエベラジェル、PG、カラギーナンエキス、
       有機ラヴェンダー油、赤芥子花光沢剤、雪の結晶光沢剤、クマリン、ゲラニオール、リモネン、リナロール

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR