Want You Believe (願いは叶う!)

Want You Believe (願いは叶う!)

スペインでのクリスマスシーズンの最終日は1月6日の"レジェス・ド・マゴの日"。
現在ではスペインのコドモたちもクリスマスイブにサンタさんからもプレゼントをもらえるようになった
そうだけれど、かつては伝統的にこの"レジェス・ド・マゴの日"がプレゼントをもらえる日だったそう。
ちなみにプレゼントの贈り主はサンタさんではなくて、"レジェス・ド・マゴ(東方の三賢人)"からなのだけれど、
プレゼントの中身は、良い子にはおもちゃ、悪い子には炭。
とはいっても、さすがにホンモノの炭ではなくて、炭にそっくりなお菓子"カルボン"なのだけれど。
その炭のカタチのお菓子"カルボン"を模したバスメルツだそう。

上面が炭のようにボコボコしている四角いチャコールグレーのバスメルツには銀いろのグリッターがひとふり。
メルツのわりには硬めの、しっかりしたテクスチュアです。

メルツそのものの香りは、木の板みたいな香り。 かなり微香です。


お湯を溜める蛇口の下に置いて、溶け易いように熱めのお湯を流して溶かしてみました。
お湯のあたった部分がボロボロと崩れる、角砂糖みたいな溶けかた。

簡単にお湯に溶け、溶け終ったあとは、細かいさらっとした油分が浮かぶ、
青みがかったダークグレーの半透明の濁り湯に。
銀いろのグリッターと、大量の顆粒状の炭がお湯に溶け込んでいます。
この顆粒状の炭、カドがあるというか、縦長で尖っているものもあって、チクチク刺激を感じてしまい、そこが残念。

溶かしたあとの香りは、スーッとしたいがらっぽい、木の香り。
切り倒した直後の木みたいな生臭さみたいなものも感じられる。
"ティーツリー"の香りが近いような。 成分的にはそれっぽいものは入っていないので不思議。

せっかくのつるつるなめらかなお湯あたりなのに、相反する炭の顆粒の刺激がそれをジャマしていて、
さらにはバスタブの底に溜まった炭がジャリジャリチクチクで、感触的にはリラックスできませんでした。


お湯を抜いたあと、バスタブの側面に油膜が残り、バスタブの底の炭の量も大量で、お掃除もかなり大変。

お風呂あがりのおハダは、油分でカヴァーされるのか、つるつるしっとり→しっとりさらさらつるつるで
なかなかイイ感触なのに、入浴中の刺激とお掃除の大変さで、リピートは絶対ナシの残念なアイテムでした。


製品データ

2009年10月~2010年1月 '09年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-75

重量 100g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、カカオ脂、PEG-6 カプリル酸/カプリン酸グリセリル、
       PEG-60 アーモンド脂肪酸グリセリル、フェアトレードの砂糖、フェンネル油、香料、有機冷搾ボリジ油、
       粉状炭、豆乳、リモネン、リナロール、銀色グリッター

似た香りのLUSH製品 ブラックダイヤ、 ブラックビューティー

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Taai Taai

Taai Taai

サンタクロースの起源ともいわれているシンタクラース(オランダ語の聖ニコラウス)。 
オランダではクリスマスが2回あるようなもので、12月6日のシンタクラースの誕生日の前夜にも
シンタクラースからプレゼントがもらえるんです。
ちなみにオランダらしく、くつしたの代わりに木靴とシンタクラースへの手紙、
シンタクラースの白馬のためにニンジンをお供えするそう。
そして夜にやってきたシンタクラースは、木靴のなかにプレゼントと
シンタクラース特製のお菓子を残して去っていくのです。

シンタクラース特製のお菓子は種類がたくさんあって、そのなかのひとつが"ターイターイ"。
スパイスがたっぷり入ったクッキーとパンの中間みたいなものらしい。
このお菓子から名前をつけられたこのシャワージェルはもともとNL LUSH限定のクリスマスアイテムだった
のだけれどUKではWhite City店のオープン記念に特別販売されました。


シャンプーくらいの粘度の、濃い蜜柑ジュースを思わせるオレンジいろのシャワージェル。 
そのままの香りも、よく熟したあまーい蜜柑ジュースの香りを思わせる。


LUSHのシャワージェルはボディウォッシュ、バブルバス、シャンプーにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
とろりとした液体をナイロンタオルにたらして泡立てると、たっぷりのキメ細かいクリーミーな軽い泡。
泡立てると蜜柑の熟した甘さが控えめになって酸味のある香りがでてきて(ちょっぴりトマトジュースを思わせる)、
それにニッキ飴を思わせるピリリとしたシナモンの香りとこれまたピリリとしたジンジャーの香りも出てきて、
まるで"ジンジャーブレッドにオレンジの香りを加えたような香り"に。 個性的な焼き菓子のような香りと、
シナモンとジンジャーの効用なのかジンジン温まる感覚があって、冬限定の製品というのも納得でした。
泡立ち、泡持ちともに良く、小さじ1杯強で全身洗うことができました。
このシャワージェルのイチオシポイントは洗いあがり。 
洗いあがりの肌ざわりがびっくりするほど、するするしなやかなんです。
しっとりするでもなく、かといって乾燥するわけでもなく、ただ肌ざわりが良くなるという不思議な感触。
お風呂あがりは酸味の強い蜜柑+スパイスの香りが短時間残りました。


シャンプーとして使用
小さじ1杯強を手にとって泡立てると、キメの細かいクリーミーな軽い泡がたっぷり。
その泡を髪全体につけてシャンプーしてみました。
香り立ちはボディウォッシュとして使用したときと同じく、"酸味の強い蜜柑の香り+ジンジャーブレッドの香り"。
シナモン・ジンジャーの効用か、頭皮がじんじん心地よい刺激あり。
(シャンプーバーの"レッドペッパー"が近いかも。)
長時間マッサージしても泡がヘタらず、小さじ1杯強で毛量の多いロングヘアを洗いきることができました。
すすいだときにかすかに髪にきしみを感じたものの、乾かすと髪が軽くなって、するするなめらかな感触に。 
コンディショナーは特につけなくても大丈夫なくらい。
ただ、まとまりが悪いわけではないのだけれど、若干髪が広がったような。
髪にまとまりが欲しいかたはコンディショナーをつければ解消できるのでコンディショナー使用で、
髪にボリュームが欲しいかたはコンディショナーなしがいいかもしれません。
洗いあがりの香りは、ボディウォッシュ・バブルバスとして使用したときとは違って蜜柑の香りが感じられず、
"カラメルシナモンのビスケットのような甘スパイシーな香り"が短時間残りました。


バブルバスとして使用
お湯を溜める蛇口の下に大さじ1杯を流し入れて大きくかき混ぜると、キメの細かいクリーミーな泡。
キメの細かいふわふわの泡がたっぷりお湯を厚く覆って、泡のもっちり感はないけれど、
バブルバーに負けないほどの泡立ち。
入浴し終わっても泡がまだ残っているほどでした。
スパイスの効用かジンジン温まる感覚があり、温浴効果もしっかり感じられる。
香りのほうは、ボディウォッシュとして使用したときと同じく"酸味の強い蜜柑の香り+ジンジャーブレッドの香り"。
お風呂あがりの残り香もその香りがかすかに短期間残りました。


酸味のある自然な蜜柑の香りと甘スパイシーな香り、じんじんする不思議な感覚と温浴効果が
ボディウォッシュ・バブルバス・シャンプーとして使用してもそれぞれ発揮されたアイテムでした。


製品データ

2008年10月~2009年2月 店舗限定アイテムとして発売

価格/重量 £3-50/100g、£6-50/250g、£11-50/500g

成分 ショウガ根抽出液、水、ラウレス硫酸Na、ココアンホ酢酸Na、生タンジェリン果汁、ラウリルベタイン、PG、
       桂皮アルコール、オイゲノール、イソオイゲノール、リモネン、香料、スウィートオレンジ油、
       シナモンリーフ油、クチナシエキス、酸化チタン、乳酸、色素18050、メチルパラベン

似た香りのLUSH製品 愛をすべてに、 サン オーデコロン


テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Snowcake Perfume・Snowcake Forum Fragrance (スノーケーキ フレグランス)

Snowcake Perfume・Snowcake Forum Fragrance (スノーケーキ フレグランス)

アーモンド菓子"マジパン"の香り(日本では"杏仁豆腐"の香り)のせっけんとして親しまれている
LUSHのクリスマスの定番中の定番、"スノーケーキ"の香りのFORUM限定フレグランス。


手首に1プッシュ→両手首に馴染ませる+ひざの後ろに各1プッシュづつで試してみました。

ちなみに平熱が35.2度の低体温な管理人が試しています。


着けた瞬間、基材のアルコールの香りが際立ち、すぐにその香りは治まって、

アーモンドのナッツの香ばしさと渋みと、青臭さのある薔薇の香りがせめぎあうように香ります。
その香りも5分以内に治まって、

その後、アマレット(アーモンドのリキュール)みたいなコクのある甘さも一瞬際だち、
着けてから、この間約20分くらい?
短時間のうちに香ばしさ、渋み、コクのある甘みとアーモンドのさまざまな香り要素が楽しめる。

着けてから約30分後、"スノーケーキ"の基本のほの甘い"杏仁豆腐"の香りに
アーモンドの生臭さ(ホメている)と香ばしさ、青みのある薔薇とカシーの軽やかなフローラルな香りが
纏まったなごめる香りに。 
とはいえ、そこはフレグランス、基本の"スノーケーキ"のほの甘い香りを崩さない程度に
青みのある薔薇とカシーの軽やかな香りがより主張して、フローラルグリーンな香り要素が強く感じられる。
香りの変化はここで終了。 

その香りが、おだやかながらも、体温があがったりするとときおりフッと強くよみがえるような香りかたで
約10時間持ちました。 
"スノーケーキ"も同じ香りの別アイテムも香りがあまり残らない印象が強いので意外。
フレグランスを着けた箇所に至ってはかすかにだけれども24時間以上香りが残って、これにもびっくり。


トップノートでアーモンドのさまざまな香り要素が楽しめたのも面白かったし、
落ち着いたあとの香りも、ほの甘いおだやかでなごめる香りにグリーン要素が強い薔薇の香りが加わって
フレグランスらしさも成立していて、なおかつ香りも長持ち。 
香りが残らないという印象が強い"スノーケーキ"の香りアイテムの印象を覆す好アイテムでした。


製品データ

2010年11月・2012年12月 FORUM PARTYアイテムとして発売
2013年11月~12月 Lush Scentシリーズとして発売

価格/容量・重量 £23/30ml・£22/27g

成分 DRFアルコール、香料、安息香エキス、ローズアブソルート、カシーアブソルート、安息香酸ベンジル、
       ゲラニオール、桂皮酸ベンジル、シトロネロール

同じ香りのLUSH製品 スノーケーキ、 Big Ed Yuletide Soap、 Donner and Blitzen Soap、
                          スーパーラッシュプリン、 ラッシュプリン、 リトルラッシュプリン、 スノーフェスティバル、
                          マジパン、 Batty Cake、 スノーエンジェル、 メルティング雪だるま (2011)、
                          スノーケーキ シャワージェル、 ハンドシェイク、
                          スノー オン スノー ダスティングパウダー

似た香りのLUSH製品 ミルコ、 洗隊レンジャー きいろ、 ダークシルク、 Cyanide




テーマ : 香水
ジャンル : ファッション・ブランド

Eggsnog (エッグノッグキッス)

Eggsnog (エッグノッグキッス)

ネーミングの"Eggsnog(エッグスノッグ)"は、主に北米でのクリスマスドリンクである"エッグノッグ"のもじり。
"Egg(はもちろん卵)"+英スラングの"Snog(いちゃつきながらするキス)"のダブルミーニングでもあったり。
日本語名も意味もほぼそのままで語呂もイイ良ネーミング。

本家のドリンク、"エッグノッグ"は卵・砂糖・ミルク・クリーム(アルコールがお好みならばラム酒等)を合わせ、
シナモンとナツメグで風味付けしたものなのだけれど、ソコはヴィーガン主義のLUSH、
シアバターやカカオバター、ムルムルバターの3種のバターと
ヘーゼルナッツ、クルミ、ブラジルナッツの3種のナッツオイルなどを原料として、
"エッグノッグ"の、バターみたいなコクのある濃厚さを再現したのだそう。

香りのほうも、レモン、ミルラ、シナモンリーフ、ヴァニラで
"エッグノッグ"のクリーミーでいてスパイシー+アルコールな香りを再現したそうなのだけれど、
実際の香りは"ホットトディ"? LUSHアイテムの"ホット・トディ"ではなくって、
本家のホットカクテル"ホットトディ"の香りなような気がする。
(実際には含まれていないけれど)ウィスキーにクローブの薬っぽい香りに、レモン汁と砂糖の香りをちょっぴり。
みたいな。 クリーミーな甘系の香りを期待するとハズされてしまうかも?
とはいえ、使い続けるうちにヴァニラの香り要素が出てきて、
だんだん"クローブにちょっぴり卵の生臭さがあるカスタード"といった香りに変化してきます。

実際のリップバームは、まるで"冷蔵庫でしっかり冷やしたバター"みたいなテクスチュア。
指で取ろうとしても硬くて、そう簡単には取れません。 
円を書くみたいに指で何度も根気よくなぞってやわらかくして、やっと指で取ることができました。
(1回溶けるとやわらかくなるのか、使い続けるうちに取り扱い易い硬さにはなります。)

指に取り辛いほど硬くても、心配無用。
いったん溶けてしまえば難無く滑らせるようにくちびるに伸ばすことができます。

塗布したくちびるは、しっとり、程良くつややかな仕上がり。
上にルージュを塗っても、つややか。 グロス代わりにも使える。

シナモンリーフ精油の効用か、ジワジワする感覚が。 コレもシナモンの味なのか、舐めると苦渋い味もする。

ただ、くちびるの表面がつるつる上滑りするような感覚が個人的にはいまひとつ。
くちびるそのものが潤うという感覚も感じられないので、何度もリタッチしたくなってしまいます。
くちびるに潤いを与えるというよりも、くちびるに油脂の膜を貼ってガードするタイプのリップバームなのかも?
くちびるが潤う感覚自体はないものの、キビシイ気候のなか外出してもくちびるが荒れることがありませんでした。


このリップバームの要注意ポイント。 それはかなりの低温度で液体状に溶けてしまうこと。
冬場、ポケットに入れておいただけでそうなってしまいました。 持ち運びには要注意。
夏場は確実に液状化してしまうこと請け合いなので、春になるまでに使い切ることをおススメします。


製品データ

2009年・2010年10月~12月 '09年・'10年CHRISTMAS RETROシリーズとして限定発売
2013年11月~12月 RETRO LIMITED EDITION SPECIALシリーズとして限定発売
2014年11月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £5-00

重量 10g

成分 シア脂、カカオ脂、アストロカリウムムルムル脂、ヘーゼルナッツ油、クルミ油、ブラジルナッツ油、
       フレイバー、レモン油、ミルラ樹脂、シナモンリーフ油、ヴァニラアブソルート、シンナミルアルコール、
       シンナマル、シトラール、オイゲノール、安息香酸ベンジル、リモネン、リナロール

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : リップクリームでセクシー
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Snow Angel Bath Melt (スノーエンジェル・スノーエンジェルメルツ)

Snow Angel Bath Melt (スノーエンジェル)

"トランポリンの上で作るスノーエンジェル(雪の天使)"をイメージしたバスメルツ。

大小のラメと粉雪のようなラメの3種類のラメで繊細に輝く"スノーエンジェル"は、分厚く2層になっていて、
上部の白いぶぶんがバブルバーミックスのバスボム、下部のラメ部分がバスメルツ。
バスメルツとバスボム、上部と下部で溶けかたがそれぞれ違うそう。

香りのほうは、LUSHのクリスマスの定番"スノーケーキ"と同じ"杏仁豆腐"を思わせるような、なごめる香りです。


溶けかたに仕掛けがあるバスボムなので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。





湯船にそっと浮かべると、すぐにバスメルツそのものの天使のカタチにメレンゲ状の白い泡が浮かびあがり、
そのまわりに繊細な金いろのラメが輝いて、まるで黄金の後光に照らし出された天使みたい。
でもその光景は一瞬で消えてしまって、あとはカプチーノのような泡を出しながら、ゆっくり溶けていきます。
上部のバスボムぶぶんは先に溶けきり、金いろのバスメルツぶぶんが取り残されて
ぷかぷか浮いているのだけれど、溶ける気配がなかったり。 
待ちきれなかったので、てのひらでこすって溶かしてしまいました。

溶けきったあとは、白い霧のような泡がかすかに浮かぶ、あかるい金いろのラメが輝く湯船に落ち着きました。

カカオバターが素材のバスメルツだけあって、するするしっとりしたお湯あたりです。

香りのほうは、過去のクリスマス限定アイテムの同じ香りのバスメルツ"メルティング雪だるま (2011)"
まったく同じ香りかた。
"スノーケーキ"の"杏仁豆腐"みたいな香りに、アーモンドの自然な生臭さ(ホメている)と
カカオ脂の油っぽさが加わった香り。 香りたちはおだやか。 その香りが入浴終了まで香りました。


ただ、"メルティング雪だるま (2011)"同様、お風呂あがりの香りはほとんど残りません。

お風呂あがりのおハダは、しっとりはするけれど、
サイズの小さい"メルティング雪だるま (2011)"と比べても、ひかえめな保湿効果。
温浴効果もあまり感じられず。

ラメがカラダに残らないわりには、お掃除もちょっぴりたいへん。
底からかき混ぜながら排水しても粉状のラメがバスタブにかなり残ります。


香り、保湿効果、温浴効果、全てがひかえめ。
お湯に投入した瞬間は美しかったけれど、それ以降はたいくつでゆっくりな溶けかた。
金ラメいろのお湯いろも目新しさはあまりナシ。 全てにおいて地味な印象のアイテムでした。


製品データ

2014年・2015年9月~2016年1月 '14年・'15年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-95

重量 95g

成分 炭酸水素Na、フェアトレードの有機カカオ脂、クエン酸、ラウレス4、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、香料、
       安息香エキス、ローズアブソルート、カシーアブソルート、クチナシエキス、コーンスターチ、水、
       ラウリルベタイン、安息香酸ベンジル、桂皮酸ベンジル、シンナマル、色素19140、煌めく金色光沢剤、
       金色光沢剤、金色微光光沢剤、雪の結晶光沢剤

同じ香りのLUSH製品 スノーケーキ、 Big Ed Yuletide Soap、 Donner and Blitzen Soap、
                          スーパーラッシュプリン、 ラッシュプリン、 リトルラッシュプリン、 スノーフェスティバル、
                          マジパン、 Batty Cake、 メルティング雪だるま (2011)、
                          スノーケーキ シャワージェル、 ハンドシェイク、
                          スノー オン スノー ダスティングパウダー、 スノーケーキ フレグランス

似た香りのLUSH製品 ミルコ、 洗隊レンジャー きいろ、 ダークシルク、 Cyanide

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR