Sparkler Bath Bomb (スパークラー)

Sparkler Bath Bomb (スパークラー)

"ノーザンライツ"と同じく、"手持ち花火"をイメージしたスティック型のバスボム。
イエロー一色のシンプルなルックスだけれども、ひとたび湯船に投入すると
噴き出す火花のような色彩とラメ、ハジケるパチパチキャンディの音で
"お風呂のなかは一大スペクタクル!なプライヴェート花火大会状態"になっちゃうのだそう。

香りのほうは、"ロウィーナ・バード"・"マカロンバブルバー ローズジャム"と同じ、大人気の"甘薔薇"な香り。
この香りシリーズのなかでは、やや弱めな、上品な香り立ちです。


溶けかたに仕掛けがあるバスボムなので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。




バスタブのお湯にそっと投入すると、浮かんで、すぐにバスボムの形そのものの
"棒が1本"なフォーム状のイエローの泡がモコッと浮かびあがり、その泡が湯面にどんどん拡がっていきます。
"バブルバー入り・仕掛けありバスボム"のわりには勢いのある溶けかた。
あまり間を置かず、両端と側面からオレンジレッド(というか、ギラギラした輝きが赤銅を思わせる色味)の
色素とゴールドの大粒のラメがブクブク吹き出して、イエローの泡に混ざりあっていきます。
赤銅いろイエローの泡と混ざり合ったぶぶんがあかるいオレンジいろになって
その3色が大きめなマーブルもようを湯面に描いていきます。
その時点でパチパチキャンディのハジケる音が。
ただ、今年のイギリスの極寒・かつ湿度の高い気候のせいで湿気ってしまったせいか
(一晩置いたら、ちょっぴり膨らんでしまっていた。)、"パチパチ"というよりも"プチプチ"というかんじの
大人しめな音で、バスボムの溶ける音とあまり区別がつかなかったかも。

溶けきったあとかき混ぜると、さっぱりしたお湯あたりの、
大量のラメが輝く眩しいくらいに発光したネオンイエローの澄んだ湯船になりました。
このあざやかなお湯いろは色素というよりも、大量のラメの輝きが反映しているみたい。
入浴中ラメが沈んでくるとお湯いろの彩度と明度が下がって、
沈んだラメが舞い上がるようにお湯をあおいでみるとお湯いろの彩度と明度がアガる。
ラメは大粒で、光を反射して白銀ペールブルーペールグリーンにギラッギラに輝いてテンションもアガる。
面白がって何度もお湯をあおいだせいなのか、カラダに降り積もるほどの大量・かつ大粒のラメなのに
ラメが苦手な管理人でも特に刺激にならなかったのもウレシい。

香りのほうは、"ローズジャム"の"甘薔薇"な香りが基本なのだけれども、
溶ける最中ワインみたいな高揚感がある香りが際立ち、
溶けきると、"ローズジャム"の"甘薔薇"な香りにさらに"シュガーキャンディ"みたいな甘みが加わる。
"ノーザンライツ"も基本の"クリスマスイブ"の香りに甘み(といっても"シュガーキャンディ"とは異なる甘さ)が
加わった香りになったし、このカタチ"手持ち花火"だけじゃなくて"スティックキャンディ"も意識しているのかな?
入浴中その香りがやや弱めに香りました。


入浴中はやや弱めな香り立ちだったけれど、なぜかお風呂あがりは香りががっつり強く残り、
翌朝には淡くなって、おハダには翌日入浴するまで、髪には夕方まで残りました。

温浴効果も感じられ、入浴後しばらく温まり、おハダもしっとり。 効用面でも高得点。


同じカタチの"ノーザンライツ"は溶けるのに時間がかかり過ぎてイヤな妄想が浮かんでしまったのだけれども、
コチラのバスボムは溶けるのも色素とラメが噴き出して湯面に模様を描くのも早かったのでそれもナシ。
(早めに溶けるのは、たぶん含まれているバブルバーの量が少ないからだと予想。
このバスボムは入荷時の破損もなかったようだし、普通に扱っても大丈夫でした。)

お湯自体が発光するほどのハイテンションな湯船(でも刺激にならない。(ココたいせつ。))、
入浴後、底のほうからかき混ぜながら排水すれば
バスタブに残るラメも少なく、お掃除も意外と簡単だし。(ココもたいせつ。)、
甘薔薇+シュガーキャンディの素敵な香り、温浴効果・保湿効果もあり、の高得点のバスボムでした。


製品データ

2014年10月~2015年1月 '14年ハロウィン限定アイテムとして発売

価格 £3-50

重量 100g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、ローズ油、エジプト産ゼラニウム油、シシリアンレモン油、酒石酸K、
       パチパチキャンディ、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、香料、リモネン、クマリン、シトロネロール、
       ゲラニオール、色素47005、色素15510、色素14700、金色微光光沢剤

同じ香りのLUSH製品 ロウィーナ・バード ソープ、 マカロンバブルバー ローズジャム、 マダムバタフライ、
                          ロウィーナ・バード シャワージェル・ローズジャム シャワージェル、 ロウィーナ・バード、
                          パール マッサージバー、 ロウィーナ・バード シャンプーバー、
                          ローズジャム フレグランス

似た香りのLUSH製品 初恋ラバーズ、 春の散歩道、 ごめんねダーリン、 バラの宮殿、
                          チューチューアイラブユー、 IMOGEN ROSE パフューム

リンク
@cosmeでのクチコミページ


スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Northern Lights Bath Bomb (ノーザンライツ)

Northern Lights Bath Bomb (ノーザンライツ)

エリン・モーゲンスターンのファンタジー小説"夜のサーカス"からイメージを得て開発されたバスボム。
作中の、夜だけ開かれる"夢のサーカス"で繰り広げられる幻想的なイリュージョンを
お風呂のなかで再現することができるそう。

LUSHのバスボムでは初めて?のスティック型のバスボム。
この形はイリュージョンの"手持ち花火"をイメージしたものだそう。
パープルブルーパープルのツートーンカラーに砂糖菓子の星がひとふりとロマンティックなルックス。

香りのほうは、LUSHのクリスマスの定番中の定番、バブルバー"クリスマスイブ"と同系統の香り。
ジャスミンとイランイランのフローラルノートにシプレ系の落ち着いた香りが加わった
静謐なのにセクシーな香りです。

ただ、しょっぱなから欠点を書くのに気が引けてしまうけれど、このバスボム、尋常じゃない脆さ。
発売日に開店直後の店舗に行ったら、このバスボムだけ4つしか在庫がなくて。
店員さんによると、入荷したなかでこの4つだけ割れずに届いて、あとは全滅だったそう。
購入したのをショップバッグに詰めてくれたときも、普段おおざっぱなUKの店員さんが
慎重に慎重に気を使って詰めてくれたのに、帰宅時にはやっぱり割れていたのでした。
というわけで、やっと無事持ち帰れたのは4回目のリピ時で。
こんな割れやすいバスボムをネイキッド販売するなんて、UKはほんとにどーかしてるとしか言いようがない。
それでなくとも今年のイギリスは極寒で、バスボムが湿気り易く、
このバスボムも一晩で表面の砂糖菓子の星がふやけて星のカタチでなくなっちゃたくらいだし。
ということで、取り扱い要注意です。


この脆さは、バスボムの内側に仕込まれている数々の仕掛けのせいでもあるみたい。
かなり凝った溶けかたをするので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。





バスタブのお湯にそっと投入すると、浮かんで、表面の砂糖菓子の星がはらはらと落ち、
すぐにバスボムの形そのものの"棒が1本"なフォーム状の泡がモコッと浮かびあがってきます。
泡のいろはパープルのマーブルもよう。 その泡が湯面にひろがっていきます。
しばらくすると両端からあざやかなブルーの泡が流れ出て、パープルの泡と混ざりあいながら、
ゆっくり、ぷかぷか浮かびながら溶けていきます。
色彩はキレイ。 でもモンダイはカタチ。 "棒が一本"なカタチが、"あるモノ"を連想させるというか。
ぶっちゃけ色彩的に"ブルー・ミーニーのサイケなトイレットの中で入浴している気分"になってしまった
というか。
"パパが私のバスボムをトイレの洗浄剤と思ってしまったようです"っていうTweet(若干閲覧注意)が
ちょうどイギリスでトレンド入りしていたせいかも。 Twitterネタ、まさにこのバスボムなんだもの。
ということもあって、途中、バスボム中央からネオンイエローの色彩がゆっくり大きくひろがって
他の2色と混ざり合うまで、笑いをこらえるので大変でした。

溶けきると、パープルをベースに、ブルーイエローの色彩が大きくひろがった泡が覆う湯船に。

かき混ぜると、一瞬バブルバス並みに泡立って、その泡もまたすぐ消え、
落ち着くと澄んだパープル白いお星様がひらひら舞う、夜空みたいな湯船になりました。
溶けていく最中は笑ってしまったけれど、溶けきったあとは普通にロマンティックで素敵な景観です。
何度も手でお湯をあおいで、星を瞬かせながら入浴してしまいました。

バブルバーミックスのバスボムのお約束のつるつるしたお湯あたり。

香りのほうは、オリジナルVer.のバブルバーは使用時にちょっぴり泥みたいなシプレ系の香りが
際立つのだけれど、このバスボムはそれがなく、
フローラル要素が強めで、なおかつそれに加えて深みのある甘さが加わった香り。
その香りが入浴中、しっかり香りました。

お風呂あがりも、その香りが髪とおハダにしっかり香り、翌日の晩入浴するまで弱まることなく残りました。


破損し易いのとカタチはいただけないけれど、
フローラルシプレの香りと香りの強さ、溶けたあとの湯船のロマンティックな景観はほんとうに素敵。
球形のバスボムにリニュして来年も登場希望なのでした。


製品データ

2014年10月~2015年1月 '14年ハロウィン限定アイテムとして発売

価格 £3-50

重量 100g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、ジャスミンアブソルート、イランイラン油、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、
       ラウリルベタイン、香料、リナロール、リモネン、アミルシンナマル、ヒドロキシシトロネラール、
       リリアール、色素45410、色素42090、色素59040、食用白色星型デコレーション

同じ香りのLUSH製品 クリスマスイブ

似た香りのLUSH製品 パムキン



テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR