Bling! (ブリング)

Bling! (ブリング)

ネーミングのとおり"Bling!(キラキラーン!)"と輝く歯に仕上がる歯磨きタブレット。
タブレット自体も金いろの粉状のラメ(食用だそう!)が塗されていてキラキラ。

配合されているパパインには歯石や歯のくすみを分解する酵素が含まれていて、ブリングな歯に。

ブラジル産オレンジオイルはさわやかな刺激を、ガラナにはシャッキリ覚醒感を与える効用アリ。で、
特に朝の歯磨きにおススメなのだそう。

主な香り成分は、やはりブラジル産オレンジオイルとフランキンセンス。
実際の香りは、果皮のほろ苦さが際立ったオレンジとスーッとした香り。
"皮まで絞りすぎちゃったオレンジジュースにソーダを加えたような香り"で美味しそう。
LUSHらしからぬ、とっつき易い香りです。


"Dirty トゥースウォッシュ"使用時と同様、タブレットの半分を前歯で細かく細かく噛み砕き、
濡らした歯ブラシで上の歯か下の歯、片方のみ磨いて吐き出し、
残りのタブレットで、もう片方の歯を同様に磨く方法で試してみました。

タブレットは噛み砕きやすく、前歯でサクサクと簡単に細かくすることができます。

味のほうは、果皮のほろ苦さが効いたかすかな酸味のあるオレンジにほのかに甘い味。
"オトナ風味のオレンジのラムネ菓子"といった、食べられちゃいそうな味。
香り同様、味もLUSHらしからぬとっつき易さ。

ただ、その味のせいで唾液が出てしまうのか、口から水っぽい泡が溢れてしまいがちなので、
歯磨き開始の前に、口をゆすぐみたいに泡を口に馴染ませて、口から溢れるのを軽減するのを推奨です。
使用する歯ブラシも濡らさないで使用したほうが、かえってイイかも。

水っぽく泡自体は控えめなものの、充分に歯磨きすることができ、磨き終わって、
口をすすいだあとの歯は、今までのLUSHの歯磨きタブレットのなかで一番かも。な、つるつる具合。

気になるラメのほうは、口から泡を溢れさせない限りは(溢れたとき唇にちょっぴり残った。)
だいじょうぶ。

歯磨き後、歯磨き後、ほろ苦く酸味のあるオレンジの味がかすかに約30分ほど残るけれども、
食べ物的な味なので、個人的にはぜんぜんOK。

ガラナの効用なのかな?舌にジンジンする感覚も、1時間ほど続きました。


マウスウォッシュとして使用
細かく噛み砕いたタブレットを舌で歯・口中に馴染ませて、水でゆすぐと、
管理人は歯並びワルめなせいか、やっぱり細かい粒々がところどころ歯に残ってしまう。
で、管理人があみ出したコツは、噛み砕いたあと、
しばらく飴を舐めるみたいに、ゆっくり溶かしてしまうこと。
溶けきったあとやっぱり感じたのは、他の歯磨きタブレットよりも
水っぽいキメ細かい泡がいっぱい出ること。
マウスウォッシュにぴったりな水っぽさで、口にたっぷり馴染ませることが出来ました。
ラメも残らず、残り香と後味のほうはトゥースウォッシュとして使用した時と同じように残りました。


LUSHの今までの歯磨きタブレットでは無かった、とっつき易い、美味しそうな味と香り。
反して、舌がジワジワする刺激的な感覚(個人的にはもうちょっとだけ控えめがいいかな。)と
パパイン酵素が効いたさっぱりつるつるピカピカな磨きあがり。

と、効用的には攻めの要素の多いアイテムという印象。
そのせいか唯一の欠点は、日常使いには刺激が強すぎること。
口の中にトラブルがあるとき使用すると、確かに悪化します。(悪化したヒト(痛))
そこさえ注意すれば、歯磨きが面白くなるアイテムでした。


製品データ

2015年10月発売~

価格 £5-95

重量 50g

成分 リン酸2Ca二水和物、炭酸水素Na、酒石酸K、ソルビトール、ラウロイルサルコシン、カオリン、
       ブラジル産オレンジ油、フランキンセンス油、パパイン粉末、ガラナ種子粉末、アーモンド油、
       サッカリンNa、シトラール、リモネン、リナロール、フレイバー、煌めく金色光沢剤

似た香りのLUSH製品 そしてモーニング

リンク
@cosmeでのクチコミページ
109







スポンサーサイト

テーマ : 歯の事
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR