Avoshower Shower Gel・Avowash Shower Gel (アボバス? シャワージェル)

Avoshower (アボバス? シャワージェル)

LUSHのバスボムの定番中の定番・大人気の"アボバス?"がFORUM限定でシャワージェルに。
USではなぜか"Avowash Shower Gel"の名称になっています。

気温が高めだとローション、気温が低いと"おろしたトロロ"みたいなテクスチュアの
シャワージェルは淡いグリーンの微細なラメがかがやく爽やかなブルーグリーン
この色は"アボバス?"に配合されているのと同じラメで着色されているそう。

成分的にも"アボバス?"のメインの香り要素とも言えるレモングラスの抽出液を基材に、
保湿成分のほうもやはり"アボバス?"に倣って
オーガニックのアボカドオイルが配合されている凝りよう。

もちろん香りのほうも"アボバス?"とまったく同じ、
"レモンライムにピリッと生姜風味の刺激を加えたようなレモングラスの香り+
甘酸っぱいベルガモットの香り"の、しゃきっと元気が出る香りが、がっつり香ります。


LUSHのシャワージェルはボディウォッシュ、バブルバス、シャンプーにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
少量をナイロンタオルにたらし、水を少量加えて泡立ててみました。
キメ細かく軽い泡で、泡立ちはあまり良くはなく、ユルく水っぽい泡だけれども、
泡の下のおハダが保湿成分でコーティングされているようなスベりが出るので
泡立ちが悪くても心地良く洗うことができます。
泡持ちも良くなく、すぐにヘタってしまうので泡が消えてしまうたびにジェルを追加して
小さじ1杯強で全身洗いきることができました。
洗いあがりも、引き続きでオイル成分でコーティングされたように、しっとりつるっつる。
お風呂あがりの落ち着いたおハダはしっとりすべすべのハダ触り。
入浴後の保湿ケアは特に必要に感じないほど。
レモングラスの効用なのかな? 洗ってる最中、皮膚の薄い箇所中心に
刺激にならない程度のピリピリした温浴効果を感じ、
お風呂あがりもその感覚が短時間だけれども続きました。
香りのほうは、基本は"アボバス?"と同じなのだけれど、泡立てると
レモングラスの香り要素の一部の生姜っぽいピリッとした香りと、
生レモン汁っぽい酸っぱい香りが時おり際立つ。
その香りが、洗っている最中しっかり香りました。
お風呂あがりはレモングラスに甘みが加わった香りが
しっかりめに、でもほんとうに短時間しか残りませんでした。


シャンプーとして使用
手にとって泡立て、その泡を濡らした髪の地肌に少しづつ塗布しながら洗ってみました。
泡立てるとユルい泡が立ったものの、髪に塗布するとすぐにヘタってしまいます。
とはいえ、泡が消えてもヌメりは残るし、アボカドオイルの効用か髪がしっとりして指どおりが
イイので、小さじ1杯の量で毛量の多いロングヘアを不快感なく洗いきることができました。
すすいだあとは、しっとりめの洗いあがり。
でも、若干髪が絡まり易く感じられたので、コンディショナーは必須です。
香りのほうは、泡立てる~洗髪中~洗いあがりと
ボディウォッシュとして使用したときと同じ香りかた。
洗いあがりの香りも、レモングラスに甘みが加わった香りがかすかに、翌日のお昼頃まで残りました。
少し気になったのは、レモングラスの香りが消えてから、
アボカドオイルの香りなのか、髪が油っぽい香りになってしまったこと。
ヘアコロン等使用して対策すればいいのかもしれないけれど、
個人的に特にシャンプーとして使用しなくてもいいかも。という感想でした。


バブルバスとして使用
お湯を溜める蛇口の下に大さじ1杯ぶんを流し入れて、両手で大きくかき混ぜると、
キメが細かく、トロみのあるクリーミィな泡が湯船を厚く覆いました。
でも湯船に体を沈めたとたん、その泡もほどけるように消えて、半分ほどの量に。
その後も泡は消え続けて、入浴終了までにはほとんどの泡が消えてしまいました。
泡が消えても、お湯いろがラメ(でも輝いているほどではない。)の色を反映した
淡いグリーンなので見栄えは悪くありません。
香りのほうは、泡立てている最中はボディウォッシュとして使用したときと同じ香りかた。
泡立てたあとは、泡のぶぶん(すぐ消える)はさっぱりしたレモン風味な香り。
お湯のぶぶんはピリリとした生姜の香り要素と甘みが強まったレモングラスの香り。
その香りが入浴中しっかり香りました。
お風呂あがりは、おハダにはほとんど香りが残らず、
髪だけに甘みが強まったレモングラスの香りがかすかに翌日のお昼ごろまで残りました。
ボディウォッシュとして使用したとき感じたピリピリ感を入浴中も感じ、
その感覚は入浴後も引き続き感じられ、温浴効果もアリ。
湯船がラメで色づくだけあって、入浴後お湯を抜くとかなりの量のラメが残りました。
とはいえ、落としやすいラメですぐお湯で流してしまえば問題ありませんでした。


香りかた(しゃっきり元気になれる香り、でも残り香は控えめ)、おハダのしっとり感、
ラメ感(バブルバス使用時のバスタブはもとより、ボディウォッシュ・シャンプーとして
使用したときもバスルームの床が気になってしまうほどのラメ、
でもお湯で流せばすぐ取り除けちゃうところも同じ。)と、
"アボバス?"の特性を全て持ったシャワージェル。
"アボバス?"ファンのかたなら文句ナシのアイテムでした。


製品データ

2009年10月 FORUM PARTYアイテムとして限定発売
2009年10月 店舗限定アイテムとして発売
2015年4月・10月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格/重量 £10-95/250g・£14-95/500g

成分 レモングラス抽出液、水、アルキル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、細粒海塩、
       ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-100、コカミドMEA、ステアリン酸グリコール、
       PG、ラウリルベタイン、有機アボカド油、ベルガモット油、レモングラス油、ローズウッド油、
       シトラール、ゲラニオール、ファルネソール、リモネン、リナロール、香料、クチナシエキス、
       緑色グリッター、メチルパラベン、プロピルパラベン

同じ香りのLUSH製品 アボバス?、 アボバス? フラワーボム、 グリーンPEACE、
                          グリーンモンスター、 秘密のクラッカー、 びっくり!アボバス?、
                          星空のティンカーベル、 ミスターアボバス、 リトルアボバス?、 Enviro Egg、
                          アボシャワージェリー

似た香りのLUSH製品 スノードーム、 ボヘミアン、 Oxford Street、
                          グラニー テイクス ア ディップ、 森林浴、 ドラゴンの卵、 May Day、
                          君はマンゴー、 華、 魔女の手ほどき、 タンゴのあとで、
                          ウーッシュ! テンプルバーム

リンク
@cosmeでのクチコミページ




スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Johnny Appleseed (ジョニー アップルシード)

Johnny Appleseed (ジョニー アップルシード)

シナモンのかけらが刺さった、いびつなミニチュアの青りんごのカタチの"Luxury Bath Oil"。
へたっぴな粘土細工みたいなルックスなのはご愛嬌。
濃ゆい緑色だし、手で触っただけで溶けてしまうので、着色には要注意です。

ネーミングの"ジョニー・アップルシード"は、アメリカ開拓期の偉人の愛称から。
土地から土地へと林檎の種をまきながら布教と開拓を行ったことから
"林檎の種のジョニー"の名前で親しまれているのだそう。

香りのほうも、ネロリ、レモン、ブラジル産オレンジで林檎の香りを再現したそう。
なのだけれど、実際の香りは、林檎の要素の全くナイ、熟れた生っぽいスイカ・メロンの香り。
小さいサイズなのに部屋中に香るくらい強く強く香ります。


熱めの湯船にそっと浮かべてみると、細かい粒状に溶けた深緑いろのオイルが水玉もように
浮かびあがり、そのまま次々とメルツのまわりを取り囲むように浮かんでは
湯船をかすかに色づけながら煙のように溶け込んでいきます。
半分ほど溶けたあとは、じんわり溶け出した深緑いろの透明感のあるオイルの膜がメルツを包み込み、
そのオイルの量が飽和状態になるとメルツから剥がれるように湯面に浮かんでいくように。
浮かびあがってくるオイルは透明感のある深緑いろなのも相まって
色ガラスのモザイクや色セロファンのコンフェティみたいだし、
オイルが描く模様もじんわりランダムなカタチや、リボン状に浮かびあがって、
万華鏡みたいな様々な模様を作りながらお湯に溶け込んでいくので、見ていて飽きません。


約10分で溶けきり、かき混ぜると、ミルキーな薄青緑のくすんだ湯船になりました。
もちろんシナモンも湯船の底に残っています。 (でも、ひとつまみくらい。)

キメ細かい油分が浮かんでいるわりには、軽い感触のさっぱりめのお湯あたり。

香りのほうは、溶け始めメロンにフローラルな香り(でもネロリではない)が加わった
オゾン系のフレグランスが思い浮かぶ香りだったのに、
半分ほど溶けたあとは甘さ少なめの青りんごの香りが感じられるようになり、びっくり。
溶けきる頃には林檎の水煮にレモン汁とシナモンを足したような
"ほの甘林檎"な香りがメインに香るように。
時おりオゾンフローラルな香りや苦味のあるビターオレンジっぽいシトラス要素も感じとれたりする。
香りの多重性、変化具合が面白い。 香調の出発点も予想外なら着地点も予想外すぎる。


お風呂あがりのおハダは、乾燥を感じたりはしないけれど、特に潤ったとも感じられず。
メルツのわりにはさっぱりめ。

そのわりにはメルツのお約束で、バスタブに油膜が残ってしまいます。
バスタブの側面に触れないように気を付けて溶かしたこともあって
着色のほうは全く問題ありませんでした。

入浴後しばらく温浴効果も感じられました。

香りのほうは、ほの甘い林檎の香りがしっかりめに、その香りがだんだん弱まってしまうものの
おハダには翌日の夕方まで。  髪には翌日入浴するまで残りました。


林檎のカタチで香りは熟れたスイカ・メロン。 でも溶かしたあとは林檎の香り。
LUSHならではのひねくれ感が面白かったアイテムでした。


製品データ

2015年4月 店舗限定アイテムとして発売
2015年11月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £2-00

重量 20g

成分 有機シア脂、フェアトレードの有機カカオ脂、ラウレス4、
       PEG-6 カプリル酸/カプリン酸グリセリル、PEG-60 アーモンド脂肪酸グリセリル、香料、
       エクストラヴァージンオリーヴ油、有機ホホバ油、ネロリ油、レモン油、ブラジル産オレンジ油、
       ゲラニオール、リモネン、リナロール、色素19140、色素42090:2、色素47005、
       シナモンスティック

似た香りのLUSH製品 果実の誘い、 マムキン、 ソー ホワイト シャワージェル、 Inhale







テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Mange Too (とろけてハニー)

Mange Too (とろけてハニー)

ハチの巣穴と同じ六角形のヴォリュームのあるマッサージバー。
トップの模様も"ハニカム構造"というのかな?
ハチの巣穴の六角形がびっしり連なった模様がデザインされている。

カカオ・シア・マンゴーの3種のバターのベースに加えられたのは、ホワイトチョコとバナナ
(個体によっては薄茶いろのつぶつぶや繊維が混入しているけれども、それはバナナ由来のモノ。)、
そしてハチミツの、おハダにも、そして文字どおりお口にも美味しくって栄養たっぷりな素材。

というのも、なんとコチラのマッサージバー、
LUSH初、"食べることができるLUSHアイテム"として開発されたそう。
なんでも、親密なカンケイのパートナーのおハダに伸ばして舐めて味わうのが
LUSH推奨の使用法・試食法なのだとか。(引)

ネーミングの"Mange Too"も"これも食べられます。"という意味の、
フランス語と英語の造語だったりします。

香りのほうも、ペパーミント、ヴァニラ、スウィートオレンジのミックスと、
リップクリーム"みつめてハニー"と同じ、味わっても安心な美味しい香り。
実際の香りは、ホワイトチョコとコクのある甘みのハチミツの香りに、
かすかにスーッとするペパーミントが感じられる。


お風呂あがりにカラダが温まっているときに首から下、全身マッサージに使用してみました。

温まったおハダにマッサージバーの側面(厚みがあってしっかりしているので砕ける心配ナシ)を
滑らせるとサラッとしたオイル状に溶けます。
サラッとしたオイル状なのに、マッサージしながら伸ばすとねっちりコシのあるテクスチュアに。
おハダがよく温まっていないとねっちりした繊維状にマッサージバーがおハダに残るけれど、
よくマッサージすれば溶けきります。

マッサージ中、ほんとうにかすかにだけれどもペパーミントの清涼感が感じられる。

溶けた~マッサージ中の香りは、個体・使用回数によって違いがありました。
 ・基本の"カカオハニーミント"の香り+"ミントというよりも干し草っぽい香り"が際立った香り。
   (使い始めに感じる。)
 ・"熟れていない酸味の強いバナナ"の香りとシロップっぽい甘さが際立った香り。
   (半分以上使用した後~使い切るまでそうなった。)
 ・"甘ったるい熟れきったバナナ"の香り。 (バナナの繊維がたっぷり含まれていた個体で、
   テクスチュアも違う個体と較べて粘度があったので、バナナの含有量が多い個体だったのかも。
   その香りかたは初回使用時だけで、
   2回目使用以降は"カカオハニーミント"の香り+"ミントというよりも干し草っぽい香り"と、
   違う個体と同じ。)

溶けた~マッサージ中の香りはバリエーション豊富だけれども、
マッサージ後1時間くらい経った香りは、どの個体も同じく、
"ホワイトチョコに蜂蜜のコクのある甘みが加わった香り"がほのかに残ります。
甘い香りではあるものの、やさしい香りかたなので、香りの強さが気になるかたにおススメかも。
マッサージバーにしては弱めの香りたちです。

とはいえ、ほのかな香りではあるものの、翌日入浴するまでおハダに香りは残ります。

保湿効果なのだけれども、マッサージ後落ち着いたおハダはしっとり弾力のある仕上がり。
それが翌日の夕方ごろまで残ります。

首から下全身マッサージに使用して、1個100gで10回使用できてコスパも良し。

分厚くてしっかりしたシェイプなので、強めに押し当ててマッサージ出来るのも個人的には良し。で、
高評価なアイテムでした。


と、このマッサージバーの最大の特性であるらしい"味"をレヴューするのを忘れそうになってしまった。
(とはいえ、薬事法のユルいイギリスだから言えるのであって、
日本ではもちろん推奨されていない。)
っていうか、イギリスでも店舗販売はネイキッドだし、個人的には雑菌が心配。
でもでも、ブログのため!ネタのため!舐めてみました。マッサージバー。
結果――ほのかに甘い(同じ香りの"みつめてハニー"よりもかなり薄味。)
"蜂蜜を水で薄めたような味"だったと記しておきます。


製品データ

2011年廃盤
2014年9月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £5-50

重量 100g

成分 カカオ脂、シア脂、香料、マンゴー脂、ホワイトチョコレート、生バナナ果実、蜂蜜、
       ペパーミント油、ヴァニラアブソルート、スウィートオレンジ油、リモネン

同じ香りのLUSH製品 おやつタイムにいかが?、 ミツバチ、 みつめてハニー

似た香りのLUSH製品 スティッキーソープ、 働きばち、 バハマムーン、 ブンブン83、 なるほど

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ





テーマ : リンパエステ リンパマッサージ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR