Satsuma Bath Bomb (カンキツボム)

Satsuma Ballistic (カンキツボム)

LUSHのクリスマスの常連、"温州ミカン"の香りのバスボムが、今年はオレンジのカタチになって登場。

クリスマスの靴下の中にオレンジを入れるのはイギリスの伝統的な風習で、
特に温州ミカンはカナダでは"クリスマス・オレンジ"の名で呼ばれているほど
クリスマスには馴染みの深いフルーツ。

ネーミングの"Satsuma"も、まんま"温州ミカン"の英名だったりする。


溶けかたに仕掛けがあるバスボムなので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。





バスタブのお湯に投入すると、浮かんで、すぐにオレンジいろに、シールのぶぶんのレモンいろ
混じったマーブル模様の泡がうっすら浮かびあがってお湯に溶け込んで消え、
その後はオレンジいろのキメ細かい泡と、キラキラの粉状のラメを出しながら
シュワシュワと溶けていきます。
1/3溶けたくらいからレモンいろの泡が流れ出てきて、オレンジいろの泡に色を加えていきます。

バスボムのオレンジいろぶぶんが溶け切ると、微細なゴールドシルバーのラメがキラキラと輝く
澄んだオレンジいろのお湯に、中に入っていたレモンいろのパーツが溶け残って
ぷかぷか浮かぶ湯船になりました。
ラメの量は大量で、ゴールドシルバー、お湯の色を反射したのかオレンジいろ
色を変え輝きキレイ。
レモンいろのパーツは上面が五角形で下面が半球のカタチをしていて
(たぶん浮き易いようにこのカタチなんだろうな。)、バブルバー成分が多めなのか、
キメ細かい泡を出しながら、30分以上かけながら、ゆっくりジワジワ溶けていきます。

香りのほうは、投入してすぐに"レモンの果皮の香り"と
バスボムの基材の香りなのかな?石灰っぽい香りが際立ち、
溶けていく最中は"花の蜜みたいなコクのある甘み"と"シュガーキャンディみたいな甘さ"も
感じられる"温かみのあるミカン"の香りが香ります。
ただ、溶けきった後は、香りがほとんどとんでしまいます。
お湯に潜れば香りが感じられるのだけれども。

さっぱりしたお湯あたりで、入浴中温浴効果がしっかり感じられます。


お風呂あがりのおハダもさっぱり。 温浴効果も引き続きしっかり感じられました。
お風呂あがりの残り香も、"淡いレモンの香り"が、おハダと髪に翌日入浴するまでかすかに残り、
同じ香りの歴代バスボムと違った香りかたで、かすかな香りではあるものの長持ち。
ミカン果汁によるものなのか?歴代バスボムと香料の配合率が違うからなのか?ちょっぴりふしぎ。

凝った造形・バブルバー成分少なめのシュワシュワした溶けかた・
でも湯舟がヌメらない程度にちゃんと仕掛けもアリ・温浴効果もアリ。
で、お風呂あがりの残り香も長持ち。
入浴後、お湯を抜いたあと残るラメの量が多くて、お掃除がひと手間ではあるものの、
同じ香りの歴代バスボムの、いちばんのお気に入りを更新しました。


製品データ

2016年9月~2017年1月 '16年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-75

重量 190g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、ベルガモット油、シシリア産マンダリン油、オレンジ花アブソルート、
       生温州ミカン果汁、酒石酸K、酸化チタン、酸化スズ、ホウケイ酸(Ca/Na) 、ラウレス硫酸Na、
       ラウリルベタイン、ヒドロキシシトロネラール、リモネン、リナロール、タンジェリン光沢剤、
       煌めく金色光沢剤、スプリンググリーン光沢剤、色素47005

同じ香りのLUSH製品 サンタズ ポストボックス、 おとぎの国のサンタ、 ダッシング サンタ、
                          ミスターノエル (2012)

似た香りのLUSH製品 マンダリンティーパーティー、 踊りあかそう、 太陽の泉、
                          シェイズ オブ アールグレイ、 オレンジフラワー、
                          ハッピーハッピージョイジョイ、 ORANGE BLOSSOM パフューム



スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Yummy Yummy Yummy (いとしのベリー)

Yummy Yummy Yummy (いとしのベリー)

イギリスの夏の風物詩、"ウィンブルドンテニス選手権"をテーマに開発されたボディウォッシュ。
もともとは"ウィンブルドンテニス選手権"期間中にウィンブルドン店限定で発売予定だったそう。

ちなみにネーミングの"Yummy Yummy Yummy"も、"とっても美味しい"という
直接的なイミのほかに、ウィンブルドン店の顧客である30代の"イケてるママさんたち
(英スラングで"Yummy Mummies")"に因んで名付けられたそう。

ウィンブルドン名物といえば、苺に生クリームをかけただけ。のシンプルデザート、
"ストロベリー&クリーム"。

香りのほうも、"ストロベリー&クリーム"を意識した香りに、
オリバナム(皮膚細胞を再生する効用があるそう。)、
ベルガモット、ゼラニウムのEOが加えられた香料ミックス。
ボトルから直接試した香りは、あまーい苺クリームの香りではあるものの、
お香?お線香みたいなスモーキーな香りも感じられる、
LUSHらしいフルーティなだけではない深みのある香りです。

もちろん、ボディウォッシュ自体にも、
本物のフレッシュな苺(ミネラルと抗酸化物質たっぷり)の抽出液をベースに、
保湿力たっぷりのハニーウォーター、アーモンドとパッションフルーツシードオイルが
加えられていて、いままでのLUSHのリキッドボディウォッシュでは珍しい、
油分たっぷりのクリーミィな、ドロッとしつつもユルい、ミルクシェイクみたいなテクスチュア。
シャワージェルのカテゴリーにあるものの、ラベルには"シャワークリーム"と表記されている。

油分が分離し易いので、忘れずに使用前によく振るのを推奨です。


LUSHのリキッドボディウォッシュは、シャンプー、バブルバスにも使用可能だそうで、
それぞれの効用を試してみました。


ボディウォッシュとして使用
ボディウォッシュをナイロンタオルにしみ込ませて、少量の水を加えて泡立てると、
サラッとした水っぽい薄い泡が立ちました。
ちょっぴり心許ない泡立ちなのだけれども、保湿成分のせいか、
おハダ表面が軽い油分でコーティングされるような滑りがあるので、刺激なく洗うことができます。
ただ、泡はすぐヘタり易く、何回も追加しなければなりません。 
結局、大さじ1杯使用して全身洗いきることができました。
そのぶん、おハダを保湿成分に浸しながら洗っているようなものではあるので、
洗っている最中も感じられた軽い油分がおハダをコーティングしているような感触が
カラダをすすいだ後も持続していて、おハダのキメが整い、
ツヤ感すら感じられるつるっつるの洗いあがり。 
タオルドライの直後は、その油分がおハダにピッタリもっちり馴染み、
それから短時間でしっとりすべすべのハダ触りに。
すべすべ具合も、手を滑らせたら滑りが良すぎて、滑りきってしまうほど。
香りのほうは、泡立てると、基本の苺+お香の香りに、クリームっぽいコクと、
樹脂?ビニール?というか、ガムっぽい香りも感じられ、
"イチゴミルクのガム"といった香りが洗っている最中がっつり香ります。
洗いあがりは樹脂?ビニール?の管理人的不快な香り要素がとんで、
苺+お香+クリームといった香りがおハダにしっかり残り、
その後香りはやや弱まるものの、翌日の夜まで残りました。


シャンプーとして使用
手にとって泡立てても泡はほどんど立ちません。 
とはいえ、濡らした髪に塗布すると、髪がしっとりとやわらかくなり、指どおりも良いので、
量さえ多く使えば、不快感なく洗うことができます。
(毛量が多いロングヘアを洗いきるのに、大さじ1杯弱くらい。)
ゆすいだ直後は髪がたしかにキシんだのに、
タオルドライする頃には、しっとりとやわらかく、絡むこともなく、櫛どおりもとっても良し。
乾かしたあとも、しっとりやわらかな仕上がりで、コンディショナーも特に要らないほど。
香りのほうは、泡立てると、基本の苺+お香の香りのほかに、クリームっぽいコクと、
蝋やビニールといった不快ともいえる香り要素もちょっぴり感じられる。
でも洗いあがりはその不快な香り要素もとんで、苺+お香+クリームの香りががっつり残り、
翌日の朝までがっつり残り、お昼には香りが少し弱まるものの、なんと2日後まで残りました。
翌日の晩他のシャンプーを使って、その翌日そのシャンプーの香りが消えると、
苺+お香+クリームの香りが戻っているという・・・。 
特に香りの残り易いEO(パチュリー、ジャスミン等)入りというわけではないし、
かなりの量の人工香料が含まれているんだろうなぁ。 この香り持ちにはびっくりでした。


バブルバスとして使用
お湯を溜める蛇口の下に大さじ1杯ぶんを流し入れて、両手で大きくかき混ぜても、
泡立つそばから、次々泡はしぼんでしまいます。
なんとか残ったのは、コクの無い、気泡の小さめなホワホワの泡。
その泡が湯船を薄くふんわり覆います。
なんとか残った泡も、湯船にカラダを沈めたとたんにぜんぶ消えて、
油分でくすんだ、白濁というよりも、グレーの湯船になりました。
もちろん、お湯あたりは当たり前にしっとり。
お風呂あがりもボディウォッシュとして使用したときほどではないけれど、ちゃんとしっとりします。
香りのほうは、泡立てる最中に、甘酸っぱい苺の香りが際立ち、
泡が消えたあとの香りは、苺の香りをメインに+クリーム+お香+蝋・ビニールを思わせる香りに。
お風呂あがりの香りも、おハダにはその香りが、淡く翌日のお昼ごろまで残りました。
髪にも同じように翌日のお昼ごろまで残り、
その後は蝋・ビニールの香り要素が強まった香りが夕方まで残りました。
短所は温浴効果が感じられなかったことと、
泡立てたとき、湯気を吸いこんでしまったのだけれども、
そのせいか入浴中口のなかにビニールっぽい苦渋さを感じ、
翌日喉が痛みと腫れがあったので、バブルバスとしての使用はナイかなあ。という感想でした。
(管理人は100円ショップのプラスティックス製品売り場で、
呼吸困難になったりすることがあるので、それ系のアレルギーなのかも。)


洗いあがりのおハダの、しっかり保湿された実感と、滑りの良さは特出するものがあるのだけれど、
問題はコスパ、1回の使用量が多いので、1ボトル使い切るのがあっという間。
管理人はセコいので、日常使いには躊躇してしまう。
あと、泡立てたあとの蝋・ビニール系の香り要素がどうにも苦手なので、リピはないかな。
という感想でした。


製品データ

2008年5月発売~2010年廃盤
2014年6月・7月・9月・2015年7月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格/重量 £2-95/100g・£5-95/250g・£9-95/500g

成分 生イチゴ果実抽出液、アルキル硫酸Na、蜂蜜水、アーモンド油、ラウレス硫酸Na、香料、
       ステアリン酸グリセリル、コカミドMEA、PG、ステアリン酸グリコール、ラウリルベタイン、
       オリバナム油、ベルガモット油、ゼラニウム油、トケイソウ種子油、細粒海塩、水、
       バルサミコ酢、色素14700、リモネン、リナロール、メチルパラベン、プロピルパラベン

同じ香りのLUSH製品 木の子ちゃん、 ドラマーズ ドラミング、 ピーピング サンタ、
                          ハッピーマウス、 苺畑でつかまえて

似た香りのLUSH製品 恋の導火線、 スーパースター、 レディバード、
                          ヤミーマミー シャワージェル、 いちご同盟、 秘密のポシェット、
                          ディフラッフ、 ピンクボムシェル

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ






テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Cranberry  (ベリークリスマス(2015))

Cranberry  (ベリークリスマス(2015))

欧米のクリスマスディナーの一般的なメインディッシュといえば"七面鳥の丸焼き"。
(きっとヴィーガン・ヴェジタリアン主義が多いLushieさんたちのテーブルには違うモノが
載っているハズではあるのだけれど。 というか、このVodafoneのCMが好きなぶくぶろ。)
クランベリーを砂糖で煮込んだジャムみたいな甘酸っぱいソースを添えていただきます。
そのせいもあって、クリスマスシーズンのベリーといえば、クランベリー。
そのクランベリーは、おハダの酸化を防ぐポリフェノールと
抗酸化作用を助けるビタミンCがたっぷり含まれる美容的スーパーフルーツでもあります。

パックにはたっぷり使われた新鮮なクランベリーをメインに
おハダの汚れを深部から取り除いて顔色をあかるくするカオリン、おハダに栄養補給する絹ごし豆腐、
クランベリー同様抗酸化作用に優れるフェンネルシードの抽出液、
潤いと油分と与えるグリセリンとアルガンオイル、
デトックス効果のあるフレッシュなフェンネルとチコリ―、
おハダを程よくマットに仕上げるローズクレイと
冬の空気に晒されて乾燥してこわばってしまったおハダを改善する原料が勢揃い。


クランベリーの色素を反映したグレイッシュレッドのなめらかなマスクには
細かく砕かれたクランベリーの皮・チコリ・フェンネルと
微量のクランベリーの長細いカタチの種が見え隠れ。

香りのほうは、パチュリー・レモングラス・サンダルウッドのEOが含まれているのだけれど、
実際の香りは、LUSHアイテムによくあるレモングラス要素の強い甘酸っぱいシトラスをメインに、
クランベリーの酸味の強いベリーの香り要素、清々しくもお香っぽいウッディなサンダルウッドと
パチュリーの深みががかすかに加わった、シトラス要素の強い香りです。


洗顔後、おハダがまだ濡れているうちに使用してみました。

フワフワした柔らかめの粘土状のなめらかなテクスチュアなので、手に取ったパックを
顔にすべらせるだけで、適量(おハダが隠れるくらい)を塗布することができます。
この塗布のしかたで、1ポットで7回使用出来、LUSHのパックの平均的使用量。

ひんやり感が心地イイし、クランベリーの果実やフェンネルやチコリも刺激にならない細かさで、
伸ばすときも程よいスクラブ感で、刺激になりません。

と、塗布してから、ひと呼吸置いて、ピリピリジワジワ痛みを感じる。
しばらくすると慣れてくるし、心なしか顔の血行が良くなっているような感覚になって
気にならなくなるから不思議。
初めてLUSHのパックを使用するかただったら怖くなってしまうかもしれないけれど、
"華麗なる饗宴"を愛用されているかたならばお馴染みの使用感かもしれません。
おハダのコンディションによって痛みを感じるときと感じないときがあるのも同じだし、
痛みは感じるものの、肌トラブルには全くならないところも同様。

10分間で9割くらいのパックが乾ききったので、まず水をバシャバシャかけてパックを湿らせて、
濡れた手でやさしくマッサージしながら残ったパックを落として、最後ゆすいでオフしました。


パック後のおハダは、油分に覆われてしっとり、おハダ表面がかすかにヌルーリ。
タオルドライしたあとは、油ぐすみが抜けたのか肌色がワントーンあかるくなり、
しっとりもっちりしながらも、マットな質感のおハダに落ち着いて、
謳われていた効用どおりの仕上がりに大満足。

LUSHのパックは使用後、おハダに色素が残ってしまうことが多いのだけれども、
このパックはパック後、トナーで拭き取って調べてみても、色素残りがなく、ポイント高し。

来年のクリスマスに発売されたらリピしたいなと思えました。


製品データ

2015年9月~2016年1月 '15年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £6-75

重量 75g

成分 カオリン、クランベリー、グリセリン、絹ごし豆腐、ウイキョウ種子抽出液、アルガン油、
       タルク、生ウイキョウ、生チコリ、ローズクレイ、ベントンジェル、パチュリー油、
       レモングラス油、サンダルウッド油、ベンジルアルコール、安息香酸ベンジル、シトラール、
       シトロネロール、クマリン、ゲラニオール、リモネン、リナロール、香料

リンク
@cosmeでのクチコミページ (ベリークリスマスフレッシュフェイスマスク)
@cosmeでのクチコミページ (ベリークリスマス)


テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Peeping Santa (ピーピング サンタ)

Peeping Santa (ピーピング サンタ)

真っ赤なとんがり帽子のサンタさんのカタチのバブルバー。

マカロンバブルバーと同じタイプなのかな? フェアトレードでオーガニックのカカオバターと
シアバター(LUSHが支援しているガーナのオホバ女性協同組合のメンバーが手作業で精製したもの
だそう。)のミックスがサンドされている。
そこから覗くサンタさんのお目目はLUSHらしく乳製品が含まれていないヴィーガンチョコチップ
だそうで、"Peeping Santa(覗き見サンタ)"のネーミングのとおりのルックス。
そういえば、本来はハート型の食用デコレーションがデコられているはずなのに
管理人が入手した個体には省かれていました。
(UK LUSHってシレっとこういうことをよくする。なんだかなー。)

香りのほうは、LUSHでの苺の香りといえば。の、"いとしのベリー"と同じ、
お香っぽさをともなった苺の香りです。


ちょっぴりココロが痛むけれども、均等になるように縦はんぶんに切り、1/2量使用してみました。

お湯を溜める蛇口の下に1/2の量を崩しながら投入、両手で大きくかき混ぜると、
気泡の細かい、ねっとりクリーミィな赤みがかった泡が
バスタブからあふれるほどたっぷり立ちました。

泡も色づいているだけあって、泡をかき分けた隙間に見えるのは
いちごシロップみたいな美味しそうであざやかな赤

カカオバター・シアバターの効用か、しっとりしたお湯あたりです。

香りのほうも、カカオバターの香り要素なのか、泡立てると、
"お香っぽさをともなう苺の香り"に加えて、まったり甘いクリーミィな香り要素が強く感じられる。
その香りが入浴中がっつり香ります。


泡持ちが良く、入浴終了までに泡がしぼんでいってしまっても、半量以上の泡が残ります。

お風呂上がりのおハダはしっとり。

お風呂あがりの残り香は、クリーミィな香り要素が消えて、
泡立てるまえと同じ、"お香っぽさをともなう苺の香り"が
おハダと髪にしっかりめに、翌日入浴するまで残りました。


短所といえば、温浴効果があまり感じられなかったことと、
入浴後お湯を抜いたあとのバスタブにカカオ・シアバターの脂と色付きコーンスターチで
うっすら汚れてしまうこと。 念入りなお掃除は必須です。


それでも、泡立ち・泡持ち・香り持ち良しとその他の効用はしっかり感じられたし、
ルックスもキュート。

そういえば、"いとしのベリー"と同じ香料ミックスとされていても、
このバブルバーにはクリーミィな、+αの香り要素があったことが興味ぶかい。
前年度の"ドラマーズ ドラミング"もワインっぽい+αの香り要素があったし、
各アイテムごとに人工香料で香りの個性を出しているのかどうなのか、気になる管理人なのでした。


製品データ

2015年9月~2016年1月 '15年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-95

重量 125g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、フェアトレードの有機カカオ脂、ラウリルベタイン、
       コーンスターチ、香料、ラウレス4、ベルガモット油、オリバナム油、ゼラニウム油、
       フェアトレードのシア脂、酸化チタン、ベンジルアルコール、桂皮酸ヘキシル、
       リモネン、リナロール、色素14700、色素45380:3、
       食用赤色ハート型デコレーション、乳製品を使用しないチョコレートチップス

同じ香りのLUSH製品 木の子ちゃん、 ドラマーズ ドラミング、 いとしのベリー、 ハッピーマウス、
                          苺畑でつかまえて

似た香りのLUSH製品 恋の導火線、 スーパースター、 レディバード、
                          ヤミーマミー シャワージェル、 いちご同盟、 秘密のポシェット、
                          ディフラッフ、 ピンクボムシェル

リンク
@cosmeでのクチコミページ




テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR