North Pole-White (北極探検隊)

North Pole-White (北極探検隊)

北極点の到達の印として立てられる縞々の柱"North Pole (北極柱)"のカタチの
せっけんのぶぶん。

ぶぶんと違って、押すとヘコむような弾力のあるテクスチュア。

香りのほうもぶぶんとは違って
"ウッディで甘くスッキリしたミント味のキャンディケーン"をイメージした香り。
冬の森林のような清清しさを伴った、
鼻通りのいいスーッとした甘さひかえめな"冴えたミント"の香りです。
清清しさとスッキリ感・甘さのバランスが良く、効きすぎない程度にヒネリの効いた、
個人的に今までのLUSHのミント系のせっけんで一番スキな香りかも。


濡らすとツルツルと溶け、ナイロンタオルに擦り付けると、目にわかるほど多めの量が移ります。
そのぶん泡立ちが良く、水分と空気をたっぷり含んだ気泡の大きめなふわふわのなめらかな泡で、
心地よく洗うことができます。
泡のヘタりも少なく、洗っている最中、せっけんを追加するのも少なく済みました。
(とはいえ、せっけんのやわらかさ・溶け易さのせいか
100gを11回で使い切ってしまいました。)

洗っている最中もミントの清涼感が感じられます。

びっくりしたのが香り。
泡立てると、予想外のシトラスキャンディみたいな爽やかな甘さがでてくる。
"マジックエッグ""スノードロップ""雪山の妖精"でも感じたことがある香りで、
ミント由来なのか、シトラス系の天然or人工香料によるものなのか不明なのだけれど、
この香りの甘やかさの変化具合、驚きと同時になごめました。


洗いあがりすぐはさっぱりツルツル。
でも潤いはちゃんと残っていて、落ち着いたあとのおハダはしっとり。

お風呂あがりは、ひんやり感とジワジワ血行が良くなる心地よい感覚が。

お風呂あがりの残り香は、洗っている最中のスーッとしたシトラスミントキャンディといった香りが、
翌日のお昼ごろまで残りました。


ぶぶんぶぶんと両方使用して、
ぶぶん>使用前・甘ミント>使用後・ぱりっとしたハーバルミント、
ぶぶん>使用前・スーッとしたウッディミント>使用後・シトラスミントキャンディと
両方とも使用前・使用後で、お菓子な甘さとハーバル・ウッディが入れ違いに香る意外性に気付いて
かなり感動してしまった管理人なのでした。


製品データ

2012年9月~2013年1月 '12年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £3-25

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ココナツ油、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Na、香料、ペパーミント油、
       シダーウッド油、サイプレス油、グリセリン、塩化ナトリウム、EDTA、エチドロン酸4Na、
       水酸化ナトリウム、シトロネロール、リモネン、リナロール、酸化チタン

同じ香りのLUSH製品 北極探検隊

似た香りのLUSH製品 マジックエッグ、 スノードロップ、 ワールドピース、 雪山の妖精、
                          ホットミンティ、 メロミント バブルバー、 クリスティングル、
                          桃色キック・ピンクミント フットローション、 パワーマスク

リンク
@cosmeでのクチコミページ
スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR