Quinquereme Of Nineveh (チグリス川の恵み)

Quinquereme Of Nineveh (チグリス川の恵み)

象牙いろのシンプルなルックスのせっけん。 
香りのほうもシンプルなココナッツの香り。ではあるのだけれど、
油っぽい重さがなく、ココナッツ系の香りとしては上品な香りたちです。

ネーミングはイギリスの詩人、John Masefieldの有名な同名の詩から。
古代アッシリア帝国のガレー船が航海している様子を想いはせた詩なのだけれど、
その船が運んでいるもののなかには香料も含まれていて、なるほど。というかんじ。


ナイロンタオルに摺りつけると、画材のクレパスのように溶けます。
泡立ち自体は薄めなのだけれど、きめ細かいクリーミーな泡が立ち、
最初は薄かった泡も使ううちにコクが出てきます。

泡立てるとさっぱりしたオレンジの香りと、かすかに甘い香り、
何の香りか形容できないのだけれどもわっとした香りが出てきて、複雑な香りに。
かすかに甘いクリーミーな香りは"アルカマー"を思わせるし、
もわっとした香りは"スノーケーキ"でも感じたことがあり、
両方のせっけんの香りのファンな私には香り要素を探す楽しみがありました。

初回使用時は最後のほうまで気が付かなかったのだけれど、
このせっけん、大量のココナッツの顆粒が練りこまれているようで、
2回目以降はせっけん表面がザラつくように。 
直接カラダに擦りつけるように洗うと、
細かいスクラブがまるでナイロンタオルと同じようなシャリシャリ感で気持ちいい。
ただ、カラダにココナッツの粉が残るのが難点で、
入浴後のバスルームの床もかなり汚れるので要注意です。
スクラブ材を含有しているせっけんの特徴に泡立ちのワルさがあるのだけれど、
このせっけんも例にもれず、使うごとにだんだん泡立ちがワルくなるように。
スクラブ材を多く含んでいるためか、作りたてのせっけんでは約9回・
乾燥して縮んだせっけんでは約8回使用で使い切ってしまいました。
スクラブ材を含有しているせっけんの長所も短所も持ち合わせているかんじで、
それでも個人的にはスクラブは要らないかなあ。という感想でした。

洗いあがりは、配合されている油分がおハダ表面を覆うのか、水をはじくような洗いあがり。 
乾燥するかと思ったのだけれど、乾かしたおハダは潤っている。というナゾの感触。

お風呂あがりの残り香は、すぐ消えてしまったけれど
クリームココナッツとさっぱりオレンジの香りが強く残りました。


ココナッツとオレンジ、エスニック系の手作りせっけんによくある組み合わせなのだけれど、
LUSH独特の重さがあり、なおかつ自然な香りが好きなせっけんでした。


製品データ

2008年4月~2010年12月 RETRO LUSHシリーズとして発売
2014年8月・2015年2月 LUSH KITCHENアイテムとして限定発売

価格 £3-00

重量 100g

成分 水、PG、菜種油、ヒマワリ油、ココナツ油、ココナツクリーム、ステアリン酸Na、ラウリル硫酸Na、
       水酸化ナトリウム、酸化チタン、香料、オレンジ油、ベンゾインエキス、ヴァニラアブソルート、
       塩化ナトリウム、リモネン

似た香りのLUSH製品 アルカマー、 スノーケーキ、 cocoroソープ、 ココ夏雪だるま、
                          マカロンバブルバー ユズ&ココ

リンク
@cosmeでのクチコミページ


スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR