Frothy The Snowman (ココ夏雪だるま)

Frothy The Snowman (ココ夏雪だるま)

ココナッツがまぶしてある雪だるまの顔の形のバブルバー。目と鼻はリコリス菓子でできています。
破損し易いようで、店頭でルックスがイイのを見つけるのが難しかったです。
プレゼントにはあまり向かないかも。


2個使ったのだけれど、このバブルバーは、個体によって香りに当たりはずれがありすぎなアイテムでした。

1個目は、失敗作というか、劣化していたのか、
(製造してから時間が経っていたのかかなり硬いテクスチュアだった)
香りがヒドくて、良く言って安いロウソクの香り。 悪く言えばまるで油ねんどのような香り。
胃が重くなるような油っぽい香りで入浴が苦痛だったほど。

2個目は、むわっと香り立つけれど、不快ではないココナッツの甘い香り。
崩す時だけだったけれど、商品説明のとおりオレンジの爽やかな香りと
すきっとしながら落ち着けるようなサンダルウッドの香りもちゃんと感じられました。
お湯に溶かして泡立てると、ココナッツ主体の香り+何か樹脂のような香り。
個人的にはあまり好きな香りではなかったけれど、
ココナッツの香りがお好きなかたならきっとOKなんだろうなあ。という香りでした。

両方とも1回の入浴に1/2個を崩し入れて泡立てました。 泡立ちは良く、ふわふわもこもこの泡。

泡の隙間に見える、半透明なお湯にココナッツフレークが舞い上がる様子が、まるでスノードームの中みたい。
スノードームコレクターの私はかなりときめきました。

が、しかし、この具のココナッツフレーク、お風呂に出るまえにしっかり体から落とさないと
フケみたいでテンションが落ちます。 やっぱり具はジャマかも。

言わずもがな、お掃除も大変なので、気になるかたはストッキングに入れて使用をオススメします。

顔の部品のリコリス菓子はお湯に溶け切らないので、
色が気になるかたは初めから取り外して入れるのをオススメ。
リコリス自体は、黒糖のような、香ばしさもある濃厚な甘い香りなので、
お湯に溶かしながら香りを楽しむのもアリかも。

お風呂あがりは、失敗作は油っぽい香り。 成功作のほうは甘いココナッツの香りがかすかに残りました。

このバブルバーで感じたのは、入浴後の肌ざわり。 他のバブルバーよりも、しっとりしたような気がします。 
オイル成分が多く入っているからかな?

入浴後の肌ざわりは良かったけれど、香りがあまり好みではない・具がジャマ・
個体によって当たりハズレがありすぎたので、たぶんリピートはしないだろうな。という感想でした。


製品データ

2008年10月~2009年1月 '08年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £2-75 

重量 100g

成分 炭酸水素Na、酒石酸K、ラウレス硫酸Na、リコリス粒、ココナツフレーク、ラウリルベタイン、香料、
    リコリスキャンディ、ヴァニラアブソルート、サンダルウッド油、オレンジ油、リモネン、リナロール、
    ヒドロキシシトロネラール

似た香りのLUSH製品 チグリス川の恵み、 cocoroソープ、 洗隊レンジャー きいろ、
                          マカロンバブルバー ユズ&ココ

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ
スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR