Sparkler Bath Bomb (スパークラー)

Sparkler Bath Bomb (スパークラー)

"ノーザンライツ"と同じく、"手持ち花火"をイメージしたスティック型のバスボム。
イエロー一色のシンプルなルックスだけれども、ひとたび湯船に投入すると
噴き出す火花のような色彩とラメ、ハジケるパチパチキャンディの音で
"お風呂のなかは一大スペクタクル!なプライヴェート花火大会状態"になっちゃうのだそう。

香りのほうは、"ロウィーナ・バード"・"マカロンバブルバー ローズジャム"と同じ、大人気の"甘薔薇"な香り。
この香りシリーズのなかでは、やや弱めな、上品な香り立ちです。


溶けかたに仕掛けがあるバスボムなので、ネタバレOKなかただけスクロールしてくださいね。




バスタブのお湯にそっと投入すると、浮かんで、すぐにバスボムの形そのものの
"棒が1本"なフォーム状のイエローの泡がモコッと浮かびあがり、その泡が湯面にどんどん拡がっていきます。
"バブルバー入り・仕掛けありバスボム"のわりには勢いのある溶けかた。
あまり間を置かず、両端と側面からオレンジレッド(というか、ギラギラした輝きが赤銅を思わせる色味)の
色素とゴールドの大粒のラメがブクブク吹き出して、イエローの泡に混ざりあっていきます。
赤銅いろイエローの泡と混ざり合ったぶぶんがあかるいオレンジいろになって
その3色が大きめなマーブルもようを湯面に描いていきます。
その時点でパチパチキャンディのハジケる音が。
ただ、今年のイギリスの極寒・かつ湿度の高い気候のせいで湿気ってしまったせいか
(一晩置いたら、ちょっぴり膨らんでしまっていた。)、"パチパチ"というよりも"プチプチ"というかんじの
大人しめな音で、バスボムの溶ける音とあまり区別がつかなかったかも。

溶けきったあとかき混ぜると、さっぱりしたお湯あたりの、
大量のラメが輝く眩しいくらいに発光したネオンイエローの澄んだ湯船になりました。
このあざやかなお湯いろは色素というよりも、大量のラメの輝きが反映しているみたい。
入浴中ラメが沈んでくるとお湯いろの彩度と明度が下がって、
沈んだラメが舞い上がるようにお湯をあおいでみるとお湯いろの彩度と明度がアガる。
ラメは大粒で、光を反射して白銀ペールブルーペールグリーンにギラッギラに輝いてテンションもアガる。
面白がって何度もお湯をあおいだせいなのか、カラダに降り積もるほどの大量・かつ大粒のラメなのに
ラメが苦手な管理人でも特に刺激にならなかったのもウレシい。

香りのほうは、"ローズジャム"の"甘薔薇"な香りが基本なのだけれども、
溶ける最中ワインみたいな高揚感がある香りが際立ち、
溶けきると、"ローズジャム"の"甘薔薇"な香りにさらに"シュガーキャンディ"みたいな甘みが加わる。
"ノーザンライツ"も基本の"クリスマスイブ"の香りに甘み(といっても"シュガーキャンディ"とは異なる甘さ)が
加わった香りになったし、このカタチ"手持ち花火"だけじゃなくて"スティックキャンディ"も意識しているのかな?
入浴中その香りがやや弱めに香りました。


入浴中はやや弱めな香り立ちだったけれど、なぜかお風呂あがりは香りががっつり強く残り、
翌朝には淡くなって、おハダには翌日入浴するまで、髪には夕方まで残りました。

温浴効果も感じられ、入浴後しばらく温まり、おハダもしっとり。 効用面でも高得点。


同じカタチの"ノーザンライツ"は溶けるのに時間がかかり過ぎてイヤな妄想が浮かんでしまったのだけれども、
コチラのバスボムは溶けるのも色素とラメが噴き出して湯面に模様を描くのも早かったのでそれもナシ。
(早めに溶けるのは、たぶん含まれているバブルバーの量が少ないからだと予想。
このバスボムは入荷時の破損もなかったようだし、普通に扱っても大丈夫でした。)

お湯自体が発光するほどのハイテンションな湯船(でも刺激にならない。(ココたいせつ。))、
入浴後、底のほうからかき混ぜながら排水すれば
バスタブに残るラメも少なく、お掃除も意外と簡単だし。(ココもたいせつ。)、
甘薔薇+シュガーキャンディの素敵な香り、温浴効果・保湿効果もあり、の高得点のバスボムでした。


製品データ

2014年10月~2015年1月 '14年ハロウィン限定アイテムとして発売

価格 £3-50

重量 100g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、ローズ油、エジプト産ゼラニウム油、シシリアンレモン油、酒石酸K、
       パチパチキャンディ、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、香料、リモネン、クマリン、シトロネロール、
       ゲラニオール、色素47005、色素15510、色素14700、金色微光光沢剤

同じ香りのLUSH製品 ロウィーナ・バード ソープ、 マカロンバブルバー ローズジャム、 マダムバタフライ、
                          ロウィーナ・バード シャワージェル・ローズジャム シャワージェル、 ロウィーナ・バード、
                          パール マッサージバー、 ロウィーナ・バード シャンプーバー、
                          ローズジャム フレグランス

似た香りのLUSH製品 初恋ラバーズ、 春の散歩道、 ごめんねダーリン、 バラの宮殿、
                          チューチューアイラブユー、 IMOGEN ROSE パフューム

リンク
@cosmeでのクチコミページ


スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~!
日本はゴールデンウィークが終わりました~><
とはいえ専業主婦の私にはあまり関係ないんですが^^;

って、ぶくぶろさん、お寿司やさんですか?めっちゃ大変そう~><少しは慣れてきましたか?
なんか勝手なイメージでオフィスワークだと思ってました^^;
いや、私も基本オフィスワークしかしたことがなく、一度、ランチタイムだけインド料理屋さんでバイトしたことがあるんですが、飲食初めてだったから最初はすごい大変でした。でも慣れたら楽しかったですw 無理せずがんばってくださいね~☆

ていうかていうか!私用にげとしてくださったとか何ですか~!?もう感動してウルウルです>< ありがとうございます><
ちょうど連休に京都行ってたんですけど、そこでお香屋さんの香水をみつけて、白檀の香りにうっとーり♪ 神戸にはないセルジュルタンスものぞいてきてお香系の香りにうっと~り♪ なんで、なんかめっちゃタイムリーでびっくりです! ぜんっぜんお寺は拝観してきてないんですがw

メガストア、すごいですね・・・日本のラインナップはどうなるんだろー?
行ってみったいよぅ!! と思って飛行機調べたんですが、欧州系で2人で35万だった!oh!
働かなきゃー! といいつつフレデリックマルを個人輸入したりなんかしてしまったw

ではでは~♪

マップさん、ふたたび戻ってくるのが遅くなってごめんなさい。

マップさん、いつもコメントありがとうです。

ゴールデンウィークを満喫されたそうでなによりです♪
京都に行ってらしたんですね♪ 京都の休日、あこがれです。
バスボム、”The Experimenter"っていって、
一説によると"Dear John"と”サムウェア オーバー ザ レインボウ”の2つの香りを合わせたもの
だそうなのだけれど、私にとっては実家の近くのお不動様のお線香焚くところの香りにしか感じられない
っていうか、煙!っていう香り。 マップさんのお気に召すとイイのだけれど。
溶けかたはデモでみた限りでは歴代LUSHのマーブル系のバスボムの中で一番キレイだったので、
そっちのほうは期待していいかも。 実は私もまだ未使用なので使うのがたのしみ。

メガストアの限定製品、人気のあるものは全世界のLUSHで発売されるそうなので、
今から期待していいかも。

ではでは、いつも相変わらずお返事おそくなってしまい、ごめんなさいでした。

P.S.【質問】マップさん、お住まい、以前と変わってないですよね?

フルーヴさん、はじめまして♪

お返事おそくなってしまい、ごめんなさい。
ブログを楽しんでいただいていてなによりです♪

ご依頼の件なのだけれども、ごめんなさい。
じつは、今私自身も人生の転機というか、踏んだり蹴ったりな状態で。
100%な状態でフルーヴさんに回答できる余裕がナイ状態で、
今の私では役不足この上ないので、上のご依頼はお断りさせていただきたく。
ほんとうにごめんなさい。

コメントのなかにメルアドが入っていて、ちょっぴり心配なので、
上のコメントは一応削除させていただきますね。
ほんとうにごめんなさい。

LUSH製品に絡むコメントならば大歓迎ですので、お返事おそくなってしまうかもしれないけれど、
またあそびににいらしてくださいね♪
AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR