Harvey (いたずらハービー・お月見ハービー)

Harvey (いたずらハービー・お月見ハービー)

LUSHのイースターのかつての人気モノ。
出っ歯でギョロ目、ハートの砂糖菓子のお鼻の個性的なウサギさんのカタチのバスボム。

ネーミングの”Harvey”はブライトン店のマネージャーさんの
ウサギのようにぴょんぴょん元気な息子さんの名前からと、
もうひとつ、50年代のモノクロ名作映画"ハーヴェイ"から。

ジェームズ・ステュアート演じる主人公エルウッドといつも一緒なのは、
彼以外には誰にも見えない2m近くある巨大なウサギの妖精”ハーヴェイ”。
誰にも見えないものが見えるエルウッドは、はたしてただの狂人なのか?
周りの人々が彼を正そうとして起こる騒動、
でも性善説主義者でイノセントなエルウッドのおかげで、ラストはみんななんとなくハッピー。

その映画のなかで、現れたり消えたりする”ハーヴェイ”のように、
2002年にイースターアイテムとして発売されてから、何年間もイースター時期に現れ消え、
日本では9月の十五夜にも再登場したくらいの大人気アイテム。
それが、今回RETROアイテムとして復活しました。

香りのほうは、キャロットシード、ベルガモット、スペアミント、パチュリー、ジャスミン、
スウィートオレンジのミックス。
ジャスミンと微量のパチュリーとキャロットシードのお香っぽい甘パウダリーフローラルな香りと
甘やかでみずみずしいベルガモットとスウィートオレンジの香りが主体なのだけれども、
スペアミントのスーッとしつつも軽やかな香りが加わるせいで、
お香っぽくても、重すぎず甘ったるすぎず香る。
LUSHのパウダリー、フローラル、フルーティー、ハーバル、オリエンタルの
すべての香り要素を併せ持った、管理人的"LUSHのお店の香り"に
いちばん近い単品アイテムだったりします。

また、ウサギの"ハーヴェイ"のために加えられた大好物の"キャロットシードオイル"は
おハダにとっても栄養たっぷりだったりします。


バスタブのお湯に投入すると、浮かんだり沈んだりしながら、黄色いキメ細かい泡と
これまたキメ細かい油分を出しながら溶けていきます。
半分ほど溶けたところで沈んで、おだやかに発泡しながら湯船を黄色く曇らせながら溶け、
溶けきるとキメ細かい油分が浮かんだ、黄色くくすんんだ湯船に。

キャロットシードオイルが溶け込んだお湯あたりは、つるつる。
バスタブの側面も油分でヌルッとヌメるほど。

香りのほうは、溶けていく最中、甘パウダリーフルーティーの甘みと
オレンジのみずみずしい甘みが際立ち、
溶けきると、そこからスペアミントのスーッとする香りが軽さだけを残して消え、
そのほかの香り要素が纏まった香りに。
その香りが入浴終了まで薄れることなくしっかり香りました。

お風呂あがりのおハダはオイル成分で保湿されてしっとりぺったり。
お風呂あがりの保湿が特にいらないほど。 その保湿具合が翌日入浴するまで持続しました。

香りのほうも、香料ミックスの特性もあるのとは思うのだけれども、
たぶんおハダに残った保湿成分が香りを留め易いこともあり、
おハダと髪に翌日入浴するまでしっかり残りました。

欠点といえば、バスタブに油膜が張ってお掃除が少々大変なこと。


それでも、個人的"LUSHのお店の香り"に近い単品アイテムNo.1な香り、
香りの強さと持続力、保湿具合と、総合的に高得点、
RETROだけといわず定番で再発売してほしいバスボムでした。


製品データ

2008年4月~2010年12月 RETRO LUSHシリーズとして発売
2015年3月 LUSH KITCHENアイテムとして発売

価格 £3-00

重量 150g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、キャロットシード油、ベルガモット油、スペアミント油、
       パチュリー油、ジャスミンアブソルート、オレンジ油、リナロール、リモネン、クチナシエキス、
       キャンディ製鼻

似た香りのLUSH製品 シークレットサンタ

リンク
@cosmeでのクチコミページ (いたずらハービー)
@cosmeでのクチコミページ (お月見ハービー)
i-VoCEのコスメデータベースのページ

スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR