Cranberry  (ベリークリスマス(2015))

Cranberry  (ベリークリスマス(2015))

欧米のクリスマスディナーの一般的なメインディッシュといえば"七面鳥の丸焼き"。
(きっとヴィーガン・ヴェジタリアン主義が多いLushieさんたちのテーブルには違うモノが
載っているハズではあるのだけれど。 というか、このVodafoneのCMが好きなぶくぶろ。)
クランベリーを砂糖で煮込んだジャムみたいな甘酸っぱいソースを添えていただきます。
そのせいもあって、クリスマスシーズンのベリーといえば、クランベリー。
そのクランベリーは、おハダの酸化を防ぐポリフェノールと
抗酸化作用を助けるビタミンCがたっぷり含まれる美容的スーパーフルーツでもあります。

パックにはたっぷり使われた新鮮なクランベリーをメインに
おハダの汚れを深部から取り除いて顔色をあかるくするカオリン、おハダに栄養補給する絹ごし豆腐、
クランベリー同様抗酸化作用に優れるフェンネルシードの抽出液、
潤いと油分と与えるグリセリンとアルガンオイル、
デトックス効果のあるフレッシュなフェンネルとチコリ―、
おハダを程よくマットに仕上げるローズクレイと
冬の空気に晒されて乾燥してこわばってしまったおハダを改善する原料が勢揃い。


クランベリーの色素を反映したグレイッシュレッドのなめらかなマスクには
細かく砕かれたクランベリーの皮・チコリ・フェンネルと
微量のクランベリーの長細いカタチの種が見え隠れ。

香りのほうは、パチュリー・レモングラス・サンダルウッドのEOが含まれているのだけれど、
実際の香りは、LUSHアイテムによくあるレモングラス要素の強い甘酸っぱいシトラスをメインに、
クランベリーの酸味の強いベリーの香り要素、清々しくもお香っぽいウッディなサンダルウッドと
パチュリーの深みががかすかに加わった、シトラス要素の強い香りです。


洗顔後、おハダがまだ濡れているうちに使用してみました。

フワフワした柔らかめの粘土状のなめらかなテクスチュアなので、手に取ったパックを
顔にすべらせるだけで、適量(おハダが隠れるくらい)を塗布することができます。
この塗布のしかたで、1ポットで7回使用出来、LUSHのパックの平均的使用量。

ひんやり感が心地イイし、クランベリーの果実やフェンネルやチコリも刺激にならない細かさで、
伸ばすときも程よいスクラブ感で、刺激になりません。

と、塗布してから、ひと呼吸置いて、ピリピリジワジワ痛みを感じる。
しばらくすると慣れてくるし、心なしか顔の血行が良くなっているような感覚になって
気にならなくなるから不思議。
初めてLUSHのパックを使用するかただったら怖くなってしまうかもしれないけれど、
"華麗なる饗宴"を愛用されているかたならばお馴染みの使用感かもしれません。
おハダのコンディションによって痛みを感じるときと感じないときがあるのも同じだし、
痛みは感じるものの、肌トラブルには全くならないところも同様。

10分間で9割くらいのパックが乾ききったので、まず水をバシャバシャかけてパックを湿らせて、
濡れた手でやさしくマッサージしながら残ったパックを落として、最後ゆすいでオフしました。


パック後のおハダは、油分に覆われてしっとり、おハダ表面がかすかにヌルーリ。
タオルドライしたあとは、油ぐすみが抜けたのか肌色がワントーンあかるくなり、
しっとりもっちりしながらも、マットな質感のおハダに落ち着いて、
謳われていた効用どおりの仕上がりに大満足。

LUSHのパックは使用後、おハダに色素が残ってしまうことが多いのだけれども、
このパックはパック後、トナーで拭き取って調べてみても、色素残りがなく、ポイント高し。

来年のクリスマスに発売されたらリピしたいなと思えました。


製品データ

2015年9月~2016年1月 '15年クリスマス限定アイテムとして発売

価格 £6-75

重量 75g

成分 カオリン、クランベリー、グリセリン、絹ごし豆腐、ウイキョウ種子抽出液、アルガン油、
       タルク、生ウイキョウ、生チコリ、ローズクレイ、ベントンジェル、パチュリー油、
       レモングラス油、サンダルウッド油、ベンジルアルコール、安息香酸ベンジル、シトラール、
       シトロネロール、クマリン、ゲラニオール、リモネン、リナロール、香料

リンク
@cosmeでのクチコミページ (ベリークリスマスフレッシュフェイスマスク)
@cosmeでのクチコミページ (ベリークリスマス)


スポンサーサイト

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR