Yuzu And Cocoa Fragrance (ユズ&ココ フレグランス)・ Yuzu And Cocoa Perfume (シトラスショコラ フレグランス)

Yuzu And Cocoa Forum Fragrance (ユズ&ココ フレグランス)・ Yuzu And Cocoa Fragrance  (シトラスショコラ フレグランス)

先に発売された"マカロンバブルバー ユズ&ココ"がFORUM限定フレグランスに。

サイトの説明によると、ベルガモットとグレープフルーツの
果樹園に実る柑橘の果実の、風通しのいいアウトドアな香りと、
トンカとカカオアブソルートのまったり落ち着けるアットホームな香り。

南国のココナッツの木陰に駆け出したくなる感覚と、
おうちでブランケットに包まってぬくぬくしたくなる感覚。

その相対する香りとイメージを同時に感じられるクレイジーな香調だそう。

この香りの多面性をより感じるには、ムエットで試すのではなく、
おハダに直接試して欲しいとのこと。
(って言ってもMO限定なのに何言ってるんだか。と個人的には思う。
有料でもいいからサンプルサイズを用意するか、店頭にテスターを置くべき。)


手首に1プッシュ→両手首に馴染ませる+ひざの後ろに各1プッシュづつで試してみました。

ちなみに平熱が35.2度の低体温な管理人が試しています。


着けた瞬間、グレープフルーツと夏みかんっぽい果皮と果実の甘苦い香りと
ビニールっぽい揮発性のある人工的なパイナップルの香りが際立つ。

その香りも、5分間のうちにシトラスの果皮の苦味の部分だけどんどん弱まって消え、
残ったシトラスの甘酸っぱい香り要素と
同じく残ったビニールっぽさのある人工的なパイナップルの香り要素がまとまったせいか、
オレンジガムみたいな香りに変わっていく。
と同時に、ココナッツの甘ったるいクリーミーな香りとなぜかアーモンドエッセンスっぽい香りが
オレンジガムの香りをやや凌ぐ、オリジナルVer.とほぼ同じ香りに落ち着きました。
オリジナルVer.と異なるぶぶんは人工的なパイナップルの香りと
アーモンドエッセンスの香り要素が感じられるくらい。
アーモンドエッセンスの香り要素は気に入ったももの、
人工的パイナップル香料のビニールっぽさは個人的に苦手で残念。

とはいえ、アーモンドエッセンスの香りは着けてから30分、
人工的なパイナップルのビニール要素は着けてから1時間で消えてしまいます。
(この1時間がツラかった…。)

着けてから1時間で、オリジナルVer.のオレンジとココナッツミルクのヨーグルスムージーみたいな
香りに落ち着き、その香りが広範囲に強く強く香ります。

その香りの強さは着けてから5時間くらいでガクッと弱まって、
着けた箇所に鼻を近づけないと感じられない程度にはなるものの、
体温が上がったりすると、フッと強く香り立ったりする。

だんだんオレンジの香り要素が弱まっていくものの、
着けてから約14時間香りの強さは変わりませんでした。

それ以降は、着けた箇所に鼻を近づけなければ感じられない程度の香りだけれども、
オレンジの香り要素が消えて、ココナッツミルクの香りだけが感じられる。

着けてから約16時間でココナッツの香りにバターみたいな濃厚さが加わり、
着けてから約20時間で香りが完全に消えました。
(ちなみに布地には香りが残り易いのか、2~3日香ります。)


上記の香りかたは、一般的な気候の時期に纏った場合。
イギリスで珍しい真夏日に試したら、アーモンドエッセンスの香りがより強く香り、
ビニールっぽい揮発性のある人工的なパイナップルの香りもより短時間で消えて、
オレンジココナッツミルクにマンゴーヨーグルトみたいな甘酸っぱさも感じられ、
香りの強さも、着けてから5時間で着けた箇所に鼻を近づけないと感じられない程度に弱まるのは
同じだけれど、体温が上がっても香り立つこともなく
(でも着けた箇所には、同じく着けてから20時間香りが残る。)、
香りかたも香りの強さもかなり違いました。
気温や体温によって、かなり変化のあるタイプのフレグランスかもしれません。

もうひとつ、管理人はグレープフルーツにアレルギーがあるせいか、
初回使用時にフレグランスを着けた箇所に焼け付くような刺激を感じました。
初回使用時だけだったし、特にトラブルにはならなかったけれど、
グレープフルーツ・夏みかん系にアレルギーをお持ちのかたは
ちょっぴり注意したほうがいいかもしれません。


香りの強さ、香りの持続力は文句ナシ。(が、違う部屋にいた家族から香りが強過ぎと苦情はアリ。)
オリジナルVer.よりも、より多種の香り要素があってトロピカルな香りなのも面白い。
ただ、コレは本当に個人的な好みなのだけれど、オリジナルVer.の香りが好きなだけあって、
短時間で消えてしまうとはいえ、ビニールっぽい揮発性のある人工的なパイナップルの香り要素は
やっぱりジャマ。
その他の香り要素は気に入ったのに、どうしてもそれだけで評価が低くなってしまったのでした。


製品データ

2011年11月 FORUM PARTYアイテムとして発売

価格 £23

重量 27g

成分 DRFアルコール、香料、ベルガモット油、カカオアブソルート、トンカアブソルート、
       グレープフルーツ油、ベンジルアルコール、シトラール、クマリン、リモネン、リナロール

同じ香りのLUSH製品 チューリップ娘 (2012)、
                          マカロンバブルバー ユズ&ココ (2011)、
                          マカロンバブルバー ユズ&ココ (2015)、
                          シトラスショコラ シャワークリーム、 シトラスショコラ ボディローション、
                          シトラスショコラ ソリッドフレグランス

似た香りのLUSH製品 ココにいるよ、 チグリス川の恵み、 パイナップルグラントソープ、
                          イエローサブマリン、 ロケットアドベンチャー、 ココ夏雪だるま、
                          ココ夏ホリデー、 メープルツリーに積もる雪



スポンサーサイト

テーマ : 香水
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR