Sakura Bath Bomb (桜日記)

Sakura Bath Bomb (桜日記)

白いバスボムの中央にチェリーピンク水色の塩粒があしらわれているバスボム
チェリーピンクの塩は桜、水色の塩は桜の花の隙間に見える春の空をあらわしているそう。
白いバスボムにチェリーピンクの塩の色がにじんでピンク系のグラデーションになっているのが可愛い。

そのままの香りは、ジャスミンの香りメインに
おしろいっぽいフローラルの香りときゅんとするような酸味を足したかんじ。
日本の桜とは違うけれど、イギリスでポピュラーなボール状に咲く濃いピンクの八重桜の香りに近いかも。


お湯を溜めたバスタブに投入すると、すぐに沈んでぱらぱらと塩を出しながら溶けていきます。
発泡はやや控えめ。
ときおり染められた塩がお湯表面に浮かんではじける様子がキレイ。
(これはイギリスの硬水だから起きる現象かも。)

溶けきると、表面にオイルが浮かぶとろみのある湯船になりました。 
お湯色は無色だけれど、オイル成分のせいでくすんでいるかんじ。
(ちなみにUK Ver.には桜の塩漬けは入っていません。)

何回もリピートしているのだけれど、
製造日に近いバスボムはお湯に投入するまえと同じ"酸味のあるフローラルな香り"。
製造日からしばらく経ったバスボムは上記の香りにくわえて、海塩の潮っぽい香りが感じ取れました。
レビューで"塩漬けの桜の花の香り"がするというのがあったけれど、これがそうなのかも。
意外と控えめな香り立ちで、お風呂あがりもほんとうにかすかにしか香りが残りませんでした。


オイルが浮かぶお湯のわりには、湯上りのおハダはさっぱり。
塩入りのせいか、カラダの内側からしっかり温まった感覚がありました。


個人的には、香り・お湯色ともにいまひとつ印象に欠けるような気がしたのだけれど、
お湯表面にカラフルな塩がはじけるギミックと温浴効果は評価したいバスボムでした。


製品データ

2011年廃盤

価格 £2-85 

重量 200g

成分 炭酸水素Na、クエン酸、香料、細粒海塩、レモン油、ミモザアブソルート、オレンジ花アブソルート、
       ジャスミンアブソルート、クチナシエキス、シトラール、リモネン、色素18050、色素42045

同じ香りのLUSH製品 桜小道のポピンズ、 10周年アニバーサリーソープ、 咲くらフラワー、 リトル桜日記、
                          ソルティロック、 のりのりシーサイド、 Sakura Forum Fragrance、
                          さくら ソリッドパフューム

似た香りのLUSH製品 ボナール美人

リンク
@cosmeでのクチコミページ
@cosmeでのクチコミページ (旧タイプ)
i-VoCEのコスメデータベースのページ
スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR