Tiny Hands (ちっちゃな手)

Tiny Hands (ちっちゃな手)

名前のとおり、ちいさな手のカタチの固形のハンドバーム。

保湿成分がたっぷり配合されているのに、タルクの効用でベタつかないサラリとした仕上がりが特徴だそう。


なのだけれど、普通に何気なく塗ると(固形ゆえ、使い始めは多めに塗りがち)、
塗りたてのヌルつきが治まるのにだいたい30分・完全にサラリとするまでは1時間はかかり、
"看板に偽りアリ!!"な状態になってしまいます。


コレは塗り方にコツがあって、
塗る前に両手で包みこむようにして温めて表面を溶かす。
溶けた面を(塗り過ぎないように)力を入れないように手指に滑らせ、薄ーく塗る。
馴染むまで摺りこむように手指をマッサージ。
この方法だと5分くらいで馴染みました。

とはいえ、この方法だと、角質が厚くなっている手だと保湿成分が浸透する実感があまりないかも。
(その場合はサラリ効果無視で、たっぷり塗れば、普通に効果アリ。)
もとから角質ケアされている手だったら、ちゃんと効果は感じられると思います。

このバームの特徴は、油分・脂分で手がコーティングされるせいか、水をはじくこと。
頻繁に水仕事をしなければいけないシチュエーションにいる人にお勧めかも。


そういえばこのアイテム、香りのほうも、ちょっぴり"看板に偽りアリ"?
製品そのものの香り(製造したて)はレモンキャンディみたいな爽やかな香りなのだけれど、
塗ってからすぐ、香りがガラリと変わります。
カモミールの香りなのかな?干草に林檎っぽい甘みを加えたような香りに変化して、
その後、"お茶屋さんの店頭で緑茶を炒っている香り"・"茶香炉"?のような香ばしさのあるグリーンな香りに。
香り持ちもよく、その香りが約5時間残りました。
なんとも落ち着ける香りが個人的お気に入りポイント。


使い方にコツが要る・手のコンディションによって向き・不向きのあるアイテムではあるものの、
落ち着けるこうばしい緑茶のような香りが個人的に気に入りました。


製品データ

2011年2月発売

価格 £3-95

重量 60g

成分 カカオ脂、タルク、フェアトレードのシア脂、マリーゴールド花弁エキス入りアルガン油、
       サゴヤシ・ベニバナ花弁抽出液、香料、アロエベラエキス、ヴァニラエキス、カモミールブルー油、
       カモミール油、アフリカンマリーゴールド油、シトラール、クマリン、ゲラニオール、リナロール、リモネン

リンク
@cosmeでのクチコミページ
i-VoCEのコスメデータベースのページ
MAQUIA ONLINEでのクチコミページ
スポンサーサイト

テーマ : ボディケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

AD
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ぶくぶろ

Author:ぶくぶろ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
AD
リンク
QRコード
QR